カフェ☆小悪魔

コメント&TB&リンク大歓迎(p≧∀≦q)〃
最近コメントのお返事が遅れがちでごめんなさい(ρ_;)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DEATH NOTE デスノート the Last name

2006年10月29日 | ラブ☆シネマ

2冊のデスノート。衝撃は増殖する。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


涙は流れませんが、パーラー状態のLの部屋を見ていると
危うくヨダレが流れそうになります。


          パーラーLへようこそ

今回は和菓子もたっくさん出てきます。

ガムシロ飲みます
みずあめ、そのままいっちゃいます
おひょいさんの顔、笑えます。

「何個ついとんねん!」

と突っ込みたくなる串団子を、これまた

「一輪挿しか!?」ヾ(-д-;)

と確認したくなるような容器に
なみなみと入ったタレに漬けます。


スタンディング 串団子


見間違いでなければ
カマボコもお召し上がりになっていたようだが
よくよく考えるとあれはういろうに違いない。
どうでもいいよ・・・笑






残りの寿命を半分差し出してまで手に入れた死神の目。
ミサミサはLの本名を見抜けるのか?

顔と本名を知られ、デスノートに名前を書かれることで
死に至る事を知るLのとった防止策―

それは・・・ひょっとこのお面
ここで場内大爆笑


女性陣も大活躍?


 


片瀬・上原・戸田のおみ足がバンバン露出されとります。
ストーリーに関係あらへんやん


そんなに見せる必要あんのか?
何か新手のサービス?


      

そう言えば、ミサミサの監禁シーンがあるんだけど・・・


彼女、監禁される前と監禁中の衣装が違うのね。
警察が準備した衣装がアレなら変態ですよ


尋問ではなく、何かのプレイなのかと思いましたわ(´-ω-`;)ゞ





前編の時から思ってたんだけど、Lってさ・・・


似てない!?笑


板尾創路がワイドショーコメンテイター役で出演してたんだけど
この人、あっけなく死んじゃうのね。

『着信アリ FINAL』でも死んでたよね?


死に専でも目指してるんだろうか?


楽しみにしてる方が多いと思いますので
ネタバレなし(?)で頑張りました☆


さぁ
最後に名前を書かれるのはだぁ~れだ!?

持参で前編のリュークに会いに行く!?

          (10月19日 梅田ピカデリーにで完成披露試写会)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のランチ | トップ | Trick or Treat »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わはは (ゆうぞう)
2006-10-30 17:33:47
私も、あれカマボコかと思った。

ウイローだったのかしら?



ミサミサの監禁シーンはかなりのサービスショットでしたね。

あんなズタズタに裂けた服、果たして拷問でもしたのやら?



ひょっとこは爆笑起こってましたね。



板尾はなんかの番組で映画に出演したのにギャラが入らんと思ったら

友情出演になってたとか愚痴ってたの、これだったのかしら?

エンドロールで友情出演になってた??
見た!?見た!? (お嬢)
2006-10-30 22:00:22
やっぱりカマボコに見えるよねぇ?

ただ、和菓子というコンセプトからするとういろうとしか思えず・・・

ま、映画の内容とは無関係なんですけど―



監禁シーン、ずたずた前であってもあの衣装

変態チックやんね?

ミサミサがストーカーに監禁されてると勘違いするのもわかる気がする・・・



残念ながら板尾のエンドロール記載の記憶ないの

誰に対する友情出演なのかも気になるところですね
TBありがとうございました (ミチ)
2006-11-04 23:08:05
お嬢さん、こんばんは♪
女性たちのおみ足の露出度多かったですよね~。
監禁シーンも長かった!
これは監督の好みじゃないかしら?
原作のファンですが、結構満足のいくまとめ方でした。
これもひとえに松山君がLを頑張ってくれたからかな。
ミチさま (お嬢)
2006-11-05 15:40:26
コメントどうもありがとうございます☆
いつも楽しく読ませて頂いてます

露出&監禁シーンは明らかに男性向けサービスですね
あ、お嬢も楽しかったですけど

原作は読んだ事がないので
原作と映画の結末の違いがわからないのですが
Lのファンなので、カレの露出が多ければそれで満足です
ミサミサ (たいむ)
2006-11-05 19:47:52
TBどうもです。
>尋問ではなく、何かのプレイなのかと
なかなかアヤシイ感じでしたね。美脚も出まくっていたし、趣味入ってる?って思っちゃいました(笑)
でも見応えのある作品でした!
あれがういろうか! (あむろ)
2006-11-05 20:22:17
お嬢サマ、こんばんは♪
TBありがとうございます。

監禁シーン、生唾ゴックンものでしたねぇw
ローアングルから舐めるように撮って…何を観に行ったんだか(笑)

あのピンクのヤツがういろうでしたか。
じゃあ、ガッツポーズしてた時にかぶりついていたのは…羊羹?w
こんばんは (お嬢)
2006-11-05 21:07:11
>たいむさま
コメントありがとうございます
あの趣味はやはり監督のものなんでしょうか・・・笑
少し尺が長いような気もしましたが、後編を心待ちにしていたので
最後までスクリーンにしっかり食いついて鑑賞出来ました


>あむろさま
こんばんは☆コメントありがとうございます
美脚&監禁シーン、お嬢もしかと見届けました

「ガッツポーズしてた時にかぶりついていた」
そんなシーンありました?
いや~ん、羊羹見逃したのか!?
映画館に確認に行くべきなんだろうか・・・(´~`;)ンン…
ひと安心 (にら)
2006-11-06 10:47:03
こちらさまもLの奇行に目を奪われて、とりあえずライトがダイコンだとはまだバレてない様子なので、ホッとしています(笑)。

てなわけで、TB&コメントありがとうございました。
にら画伯 (お嬢)
2006-11-06 20:56:11
こんばんは☆
毎回毎回、脱力(全力?)系の絵画を楽しみにしております。

視線はLに集中ですが、聴力ではライトのダイコンぶり
しっかり気付いております(笑)
あれじゃまるでひとり芝居ですね・・・
ひとりだけ力入りすぎちゃって不自然すぎ―

これからも立派な絵画を楽しみにしております
こんばんは~ (うさぎ)
2006-11-07 21:31:44
板尾創路はオトシモノでも死んでましたね。
やっぱ、死に専 目指してますね
うさぎさん (お嬢)
2006-11-07 23:58:59
こんばんは~
お嬢、「おとしもの」は見てないんだけど
板尾さん、お亡くなりになってましたか(笑)

最近、バラエティでとんとお見かけしないと思ったら
死に専の修行中のようですね。

TVドラマの死体役で活躍する日も近いかも知れません
ホントだぁ~! (なぎさ)
2006-11-11 21:12:40
お嬢さん こんばんは~☆
お嬢さんの言うように、まさに「スタンディング串団子」いってましたねぇLは!
私も『呪怨』の男の子に似てるって思ってました~。

板尾さんは「死に専」を目指しているんでしょうかねぇ。
この人のお笑いのセンス、けっこう好きなんです。
 
Unknown (なぎさ)
2006-11-12 10:09:37
お嬢さん すみません。
昨日からこちらの記事にTBを送信するのですが、なぜか弾かれてしまいます。
コメントだけでになってしまい、ごめんなさい。
なぎささま (お嬢)
2006-11-12 18:30:28
みたらし、えらい事になってたでしょ!?
あのタレ、もったいないよね(笑)

この拙いブログを読んでくれてる友人は、『呪怨』の画像まで来て爆笑したらしいです。
Lがパンイチで捜査してたらそれはそれで面白い映像だと思う。
いや、その前に鹿賀さんに捕まるか

板尾さんは独特のお笑いセンスもってますよね-
最近は死体役でしかお目にかかりませんが
おはようございます♪ (とんちゃん)
2006-11-17 07:59:44
TBいただきます♪
私も、Lって呪怨の男の子に似てる~と思いました^^
o(*^▽^*)oあはっ♪
こうして写真見るとやっぱ似てる~~。

ドタバタカキコですみません。
こんばんは~ (お嬢)
2006-11-18 20:46:17
とんちゃん様 ご無沙汰してま~す

>私も、Lって呪怨の男の子に似てる~と思いました^^
でしょ!?でしょっ!?
ただ、Lは大人だから【としお】のように全身白塗り
パンイチの生活は許されないでしょうね

キラより先に捕まっちゃう

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
DEATH NOTE デスノート the Last name (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
楽しみにしておりました。 他の映画も見たくなくなるほどに。 誰も知らない結末・・・・・。 いやぁー、面白かった!!
『DEATH NOTE デスノート the Last name』 (**Sweet*Days)
CAST:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香 他 STORY:死神リュークのデスノートを手にし、密かに犯罪者などを死に追いやっていた夜神月(藤原竜也)。世間ではそれが「キラ」がやった事として騒然となっていた。そんなある日、アイドルあまねミサ( ...
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 (わかりやすさとストーリー)
●Lの成長と、父子の愛と、究極の愛・自己犠牲の物語●コンソメ味のポテトチップには意味が2つある。重要なのは2つめの意味。ヒントは甘~いお菓子にアリ。変化したLの目的とは? 原作はいいのだろう。だが監督は単に「萌え」なシーンが撮りたかっただけと思わ ...
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「DEATH NOTE デスノート the Last name」 大人気コミックの映画化第2作。 第一作のラストから続くような始まり方、そしてデスノートにまつわる決まり事を“How to use it”として説明してくれるのでとても親切な導入部分だった。 人物紹介、ノートの ...
DEATH NOTE デスノート the Last name (ネタバレ映画館)
 最後に書かれた名前は?!寿限無・・・だったら大変だ。
デスノート the Last name (5125年映画の旅)
名前を書かれた人間の命を奪う死神のノート。それを使って犯罪者を次々に裁き、理想の新世界を築き上げようとする青年・夜神月。そして、彼を捕らえるべく送り込まれた謎の名探偵・L。二人の天才の直接対決が始まったとき、2冊目の死神のノートが舞い降りる。 ...
デスノート the Last name/DEATH NOTE the Last name (我想一個人映画美的女人blog)
もともとのストーリーが面白いからね~{/hearts_red/} 「誰も知らない結末」とは何なのか?? 一体、どう原作と変えているのか?? というのがやっぱり気になって、、、、。 「名前を書かれた人は死ぬ」ノートを巡ってLと月(ライト)、正義はどちらなのか。 コミッ ...
「 デスノート/ the Last name(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 金子修介 出演 : 藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さく
DEATH NOTE デスノート the Last name (映画鑑賞★日記・・・)
『DEATH NOTE デスノート the Last name』公開:2006/11/03(11/03鑑賞)監督:金子修介   原作:大場つぐみ『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)    小畑健 (作画)出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、鹿賀丈 ...
DEATH NOTE デスノート後編 the Last name (k.onoderaの日記)
久しぶり、試写会に行ってきました。 会場には特別ゲストとして金子修介監督、エル役の松山ケンイチくん、そして松田なんとか刑事役の他1名も来場
「デスノートthe Last name」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「デスノートDEATH NOTE the Last name」 監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、片瀬那奈、マギー、上原さくら、 青山草太、藤村俊二、鹿賀丈史、五大路子、津川雅彦 声の出演:中村獅童、池畑慎之介 このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。 デ ...
【DEATH NOTE デスノート the Last name】 (NAO-C☆シネマ日記)
先日のTV{/tv/}放映で興味を持ち、原作{/book/}を一気読みして益々公開が楽しみになっていた『デスノートthe Last name』行って来ました。 いやぁ~140分と長い作品、短くは感じなかったけど{/face_tehe/} 飽きる事無く観れました{/face_en/}{/choki/} ただ ...
DEATH NOTE -デスノート- the Last name (Akira's VOICE)
俳優陣の演技と,仕掛けられた巧みなトリックが, 時間の長さを打ち消し,映画として満足の完成度。
DEATH NOTE デスノート the Last name (2006) (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
こっちゃんポイント ★★★★★ 鑑賞環境  ワーナーマイカル小樽  上映時間 140分 製作国 日本 公開情報 劇場公開 (ワーナー) 初公開年月 2006/11/03 ジャンル サスペンス/ホラー/犯罪 ...
DEATH NOTE デスノート the Last name (2006) 140分 (極私的映画論+α)
 映画ではどういった終わり方がするかが、メチャ興味があったんだけど・・・って、この原作の読者はみんなそうだよね(笑)
デスノート 舞台挨拶に行って来ました@池袋CS (ぴよ吉の日々)
11/3から公開のデスノート the Last nameの舞台挨拶を見てきました。(急遽、券を差し入れて貰ったのです。感謝!)登場したのは藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、金子修介監督の4名。私は舞台挨拶って初めて見たのですけど、劇場が思いの他小さかったせいか ...
「DEATH NOTE(後編)-the Last name」みた。 (たいむのひとりごと)
腰が痛くなるほどの大作にして、なんとか辻褄を合わせてくれました!(長かった~)原作を知らずに観た前編。「なんだこれは!」と衝撃を受けた。そのおかげで後編を待ちきれずに速攻で原作を読破してしまった私。原作を読んだ後で再び観た先日の前編。知識
DEATH NOTE デスノート the Last name (Kinetic Vision)
月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)。犯罪のない世界を望むという点では一致しているはずなのに、犯罪者と探偵という立場で対決することになる。もちろん、決定的に異なるのは、犯罪を抑止する手段としてデスノートを使うこと
『DEATH NOTE  The Last Name』 (なんでもreview)
デスノートってページ数無制限だっけ。
DEATH NOTE デスノート the Last name (Diarydiary!)
《DEATH NOTE デスノート the Last name》 2006年 
映画「DEATH NOTE the Last name」  (FREE TIME)
注目の映画「DEATH NOTE the Last name」を公開初日の3日に早速観に行ってきましたよ♪ やはり注目の映画だけあって多くのお客さんが詰め掛けていました(笑)
「デスノート the Last name」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
丸の内ピカデリー1で先日公開になった 「デスノート the Last name」を観てきました。 「週刊少年ジャンプ」で連載されショッキングなストーリーで 話題となった大人気コミックの映画化の続編。 前編に続き今度の続編は書き込んだ名前の人間に死をもたらすことが ...
「デスノートtheLastname」 (読書とジャンプ)
さっそく見てきました。デスノートの後編「デスノートtheLastname」を!チケット買うのに列ができててビックリ。20分前についたんですけど、始まる時間にちゃんと席につけてるのかどうか、そんな心配をしてしまう行列の長さ。こんなに人気があったとは!行列は、見 ...
DEATH NOTE the Last name(06・日) (no movie no life)
原作の漫画ともラストが違うと言うことで「11.3 誰も知らない結末へ」。 混雑がいやなので公開初日にはめったに行かない私です。 しかしこの映画、「観たい」という欲には勝てず・・・キャッチコピーの言われるがままに11月3日に行ってきました「デスノート後 ...
【劇場映画】 デスノート the Last name (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあげようと決意する。人々の間でささやか ...
デスノート the Last name (Lovely Cinema)
2006/日本 監督:金子修介    藤原竜也(夜神 月)    松山ケンイチ(L/竜崎)    戸田恵梨香(弥海砂)    藤村俊二(ワタリ)    加賀丈史(夜神総一郎)    etc・・・ 久しぶりにチケット売り場は長蛇の列でしたよー! カウンター ...
デスノート the Last name (勝弘ブログ)
映画 デスノート 後編前回の感想はこちら見てきました。さすがに金曜ロードショー効果ってところでしょうか?17:40の回を見たのですがそれなりの人の入りでした。高校生がいっぱいなのが印象的。前編より人が多かったよ
デスノート the Last name (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年11月3日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:金子修介 出演:藤原竜也,松山ケンイチ,戸田恵梨香 鑑賞日:2006年11月3日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 死神が地上に落とした“デス ...
【デスノート the Last Name 】 (空の「一期一会」)
*ネタバレ・・・してます。* ★まず、よくあそこまで、まとめることが出来たなと
★★★★「DEATHNOTEデスノートtheLastname」藤原竜也、松山ケン... (こぶたのベイブウ映画日記)
こ、これは面白い!最近の日本映画の中で1番燃えました!(笑)Lのキャラがパワーアップして心をくすぐるし、松山ケンイチさんの一挙一動から目が離せない!藤原竜也さんも、物語が進むほど燃えていたし、他の登場人物も後編の方がずっといい感じ!前作になかった ...
〈映画〉DEATH NOTE(後編)the Last name (Crescent Moon)
 The last name is… 最後に名前を書かれるのは誰だ? そして、L甘味処(?/笑)の行く末は――!? ■あらすじ 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。 刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、 ...
デス・ノート The Last Name (映画とはずがたり)
すでに完結した原作コミックとは異なる、 衝撃の結末が用意された映画版の続編。 “死のノート”を操る天才殺人者・キラこと夜神月と、 圧倒的な推理力で彼を追いつめるL。 ついに対面した2人の天才の頭脳戦が始まる! STORY:死神が地上に落とした“デス ...
デスノート the Last name(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】金子修介 【出演】藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さくら/中村獅童/池畑慎之介/藤村俊二/鹿賀丈史/他 【公開日】2006/11.3 【製作】日本 【ストーリー】 『そのノートに名前を書か
DEATH NOTE デスノート the Last name (ちわわぱらだいす)
行ってきました~初日朝一番~ 瑠璃姫と一緒に見てきました。 この映画館では初めて見る満席の張り紙。。。すごい列が出来てました。 予約してて良かったわ~ いや~よかったよ~。 原作も知らないけど、最後まで誰が生き残るのか・・・ 帰ってからま ...
デスノート the Last name (まぁず、なにやってんだか)
映画公開から3日間で観客動員数約97万5000人を突破したという「デスノート the Last name」を観てきました。 ライト(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の天才対決を充分堪能しました。 サクサク話は進むし、予想もできない展開で、素晴らしいストーリー ...
書 ~「デスノート the Last name」~ (サナダ虫 ~解体中~)
金子修介監督作品、藤原竜也主演の、 映画 「デスノート the Last name」を観た。 名前を書くとその者は死ぬ、という死神のノートを巡る話、遂に完結! (「映画前編」「原作漫画(1~11巻)」「原作漫画(12巻・完結)」批評はこちら) 感想。 ①何が一 ...
映画「デスノート 後編」感想 (すたじおG)
「DEATH NOTE デスノート the Last name」☆×4 監督:金子修介 “最後に名前を書かれるのは、誰だ。” 【死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。刑事局長を
【MOVIE 】デスノート the Last name (思いつくままに)
■感想など ネタバレは極力したくないけど、書きたい内容がネタバレばっかり...。 ※この先はネタバレしてます。未見の人はご注意! 誰も知らない結末へ、という言葉に非常に期待していました。 映画のラストでは、原作にはまったくない意外な展開がありました ...
DEATH NOTE デスノート the Last name (Cinemermaid)
週末は久々の温泉旅行のためにDVD鑑賞をしなかったので、今日は映画館まで足を運んだ まんまと【日テレ】の策略にハマってこの作品を選んだ (邦画を映画館で観ることは滅多にない私なのに) 前編を観てまだ日が浅いので最初からテンションは上がってた( ̄m ̄ ...
映画「デスノート the Last Name 」鑑賞1回目&2回目 (とみのひとりごと)
 L、エル、える~!
映画vol.93 『デスノート 後編』*試写会 (Cold in Summer)
『デスノート 後編』(2006年公開)*試写会 監督: 出演:藤原竜也 松山ケンイチ 映画「デスノート」公式HP 漫画デスノート公式HP 残念ながら、原作未読~。読みたい~。 でも先に『のだめ』を読み始めたので我慢・・・。 ...
【劇場鑑賞124】DEATH NOTE デスノート the Last name (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
The human whose name is written in this note shall die. このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。 誰が死に、誰が生き残るのか。 月(ライト)は〔新世紀〕を照らすことができたのか?
映画館「デスノート the Last name」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
いやぁ~、おもろかったです!! 前作の時は、実はチョット、、、と思っていた部分もあったのですが、今作品は私的には面白かったです♪ 罠を仕掛けたり、仕掛けられたり、展開も速くて観ていて本当に飽きることなく2時間20分という長さも全く感じられませ ...
【ネタバレ反転式】映画・デスノート後編 (。*。:゜☆キュートに生きちゃおうっ☆゜:。*。)
ネタバレは反転式です。安心してお読みになって♡
TEPPY的映画感想「DEATH NOTE the Last name」 (エンタメ狂の詩っ!!)
前作で捜査本部に潜入することに成功した月。 いよいよLとの直接対決が始まる…。 前作に関してはいろいろと苦言を呈したのですが 今回はやられました。めちゃめちゃおもしろかったです{/abanzai/} やはり前作と同じく月、Lの行動に対する理由付けが不十分な箇 ...
「デスノート the Last name 」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  本日見てまいりました。   「デスノート the Last name 」     ――誰も知らない結末へ。――   原作ファン向けの宣伝文句でしたが、 コアなファンの方々にはどう映ったのでしょうね?   私は高いレベルで満足できました。   「前編の感 ...
『デスノート the Last name』 (ラムの大通り)
----おおっ。ようやく映画紹介だね。 でも、もう始まって3日目。 だれよりも早い紹介を心がけていた えいにしては、ちょっとね。 「まあ、文句言わない。 まずはこのあたりから。 どれから始めようかと思った時、 この映画がパッと頭に浮かんでね。 『デスノート  ...
原作に囚われ過ぎていなかった後編。『DEATH NOTE デスノート the Last name』 (水曜日のシネマ日記)
今年の6月に劇場公開された『DEATH NOTE デスノート』の後編です。
デスノート(後編) (いろいろと)
誰が死に、誰が生き残るのか。 週間少年ジャンプに連載されていたのを映画化 コミッ
DEATH NOTE the Last name(日本) (映画でココロの筋トレ)
続きが気になってた「DEATH NOTE the Last name」を観たよ! ( → 公式HP  ) 出演:藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、中村獅童 、池畑慎之介 上映時間:140分 殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺 ...
DEATH NOTE デスノート the Last name (お萌えば遠くに来たもんだ!)
大画面で観てきました。 <丸の内ピカデリー1> 監督:金子修介 原作:大場つぐみ 小畑健 (作画) 脚本:大石哲也 音楽:川井憲次 主題歌:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ このノートに名前を書かれた人間は、死ぬ。 映画デスノート完結編。 ...
DEATH NOTE デスノート the Last name(映画館) (ひるめし。)
2冊のデスノート。衝撃は増殖する。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:金子修介 出演者:藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー 時 間:140分 [感想] ミサミサの監禁はSMプレイっぽくてエロかったと思ったのはワタシだけ? メガネかけ ...
『映画版 DEATH NOTE -デスノート- 後編』 (Day After Day)
今回のこの作品は、絶妙なテクニックで原作を切り張りしてあります。 実は、僕は今作品の予告編を観た頃から、ある程度のストーリーは予想していました。 四菱の話をアレンジして短くし、ニア編はなかった事にして物語の終わり方のみ原作をアレンジした形で取り込 ...
デスノート the Last name (カリスマ映画論)
 【映画的カリスマ指数】★★★★☆   正義が裁く正偽・・・その審判の行方  
★「DEATH NOTE デスノート the Last name」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.11.3の公開初日のナイトショウ(0:30~)で鑑賞。 今週は金曜が祭日なので、この日が初日が多いね。 そして、祭日にはオールナイトをやってくれるTOHOシネマズ川崎で鑑賞。
正義 vs 正義!?  【DEATH NOTE the Last name】 (犬も歩けばBohにあたる!)
待ちに待った後編「DEATH NOTE デスノート the Last Name」
DEATHNOTE 後編 (とんとん亭)
「DEATHNOTE/デスノート the last name」 2006年 日 ★★★★ 前編がかなりヒットしたらしく、映画館もうちの田舎にしては長く上映して いたにもかかわらず、私はあまり観たいと思ってませんでした。 余り好きな雰囲気ではなかったので ...
デスノート the last name (とにかく、映画好きなもので。)
 死神がこの世に落としたデスノートをめぐる攻防戦は前後編に分けられて公開された。そのラストまでのパートを描いた作品である。  殺人鬼キラとして、凶悪犯を殺害してきた夜神月(藤原竜也)は恋人が死んだ事をきっかけとして捜査本部に入り ...
「DEATH NOTE デスノート the Last name」☆☆☆☆☆ (Thanksgiving Day)
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を観に行ってきました!! いや~予想通り、かなり面白かったですよ! 前編は映画館で観ていなかたので、最初はあんまり興味なかったんですけど、この前テレビで前編を観て見事にハマッテしまったというパターンで ...
デスノート完結編 (minaの官能世界)
☆映画館の状況 久しぶりに映画館に行った。 公開直後の3連休の最終日ということもあって、映画館はとても混雑していた。 しかも、そのほとんどはデスノートを観に来た人たちだ。 やはり、完結編公開直前に、前編を地上波放映したのが効奏したのだろう。地方都市 ...
映画「デスノート the Last name」 (Not Diary But Blog !!)
映画「デスノート the Last name」見てきました。 前編は散々な出来だったのですが、この後編は邦画最高となる公開直後の動員を記録したそうです。 その数およそ100万人。 後編の上映前にテレビで前編を公開したのが成功したのでしょうか? ...
DEATH NOTE the Last name (pure's movie review)
2006年度 日本作品 140分 ワーナー・ブラザース配給 STAFF 監督:金子修介 原作:大場つぐみ、小畑健 『DEATH NOTE』 脚本:大石哲也 CAST 藤原竜也、松山ケンイチ、藤村俊二、鹿賀丈史、戸田恵梨香、片瀬那奈 ■STORY 死神リュークが落とした“デスノー ...
DEATHNOTE ~theLastname~<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
前編をこないだ TVで観たばっかりなんで頭に入ってるし直ぐに続きが観れてラッキーなワタクシです前編は大まかなストーリーを知っていたのだが 後編は全くの未知で原作コミックは読んでないし ホンマにドキドキの展開でどうなるんやろ どうなるんやろ って ...
☆ 『DEATH NOTE デスノート the Last name』 ☆ 今年85本目 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
待ちに待ってた『デスノートthe Last name』、公開から1週間遅れで観てきました~\(^O^)/ 松山ケンイチ演じるL(エル)は、今回も素晴らしかった!! 月(ライト)との頭脳戦を前回同様、飄々と繰り広げつつ、キュートさも更にアップで魅せてくれた(^-^) 特 ...
DEAT NOTE the Last name 06年228本目 (猫姫じゃ)
DEAT NOTE デスノート the Last name 2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童 、池畑慎之介 日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、 ...
死亡筆記 ~DEATH NOTE~ (じゃんす的北京好日子)
死亡筆記とは「DEATH NOTE(デスノート)」の中国語名です。映画の前編を見ました。L役の松山ケンイチは初めて聞く名前でしたが、原作のLのイメージに合っていてなかなかハマリ役だと思いました。ミルクティーに角砂糖入れてチュッパチャプスでかき混ぜるしぐさや ...
「デスノート the Last name」 大きな力は人を狂わす (はらやんの映画徒然草)
客入りがいいのか、ずっと混んでいたため敬遠していたのですが、やっと観てきました。
[ DEATH NOTE デスノート the Last name 後編 ]観応えのある140分 (アロハ坊主の日がな一日)
[ デスノート the Last name 後編 ]@新宿で鑑賞 ようやく観ることができた[ デスノート the Last name 後編 ]。 日本テレビはどうしても「デスノート」シリーズは当てたか ったのだろう。フジばかりには負けてられないという意気 込みがひしひしと伝わって ...
DEATH NOTE the Last name (20XX年問題)
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます