アンファミーユの日記

成田の子ども英会話アンファミーユの公式ブログです。英会話から地元の成田のことなど、幅広くご紹介いたします♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

非言語(non-verbal)コミュニケーションの要素を大切にする

2009-09-02 20:26:14 | Weblog
コミュニケーションのおよそ65%は言語外の要素によるものであると言われます。昔から「目は口ほどに物を言う」などと言いますが、目はもちろんのこと、手を使ったジェスチャー、顔の表情、全身の使い方、声の大きさ、調子(トーン、メロディー)などが人間の感情を伝えます。

アンファミーユのレッスンではこのような点を重視し、「英会話たいそう」でボディーランゲージの要素を練習したり、他の教材を使ったりしているときにも、表情豊かに話す、声の調子を内容と合わせて話す、人前に立ったら笑顔を忘れない、などの指導をしていきます。また、指導するインストラクターも、レッスン中に多くのゼスチャーを交えることで、生徒さんにとって「理解可能な英語」となるよう特に注意を払っているんですよ。

なるべく人と直接関わらないようにしている日本人のコミュニケーションの現状を考えるときに、「人とコミュニケーションをする」ということの重要性はいくら強調しても強調しきれないものです。もし、英語を学ぶことによって、「積極的にコミュニケーションをする」「細かい部分も含め態度を改める」「相手を尊重し、不快にさせないマナーを身につける」ということができるのであれば、より充実した英語学習になるものと考えます。

こども英会話専門校アンファミーユのHPは http://www.cafe-english.jp
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 単語でなくチャンク(固まり... | トップ | フォニックスルール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。