渓とか樹とか、葉の香りとか

flyfishing、山、サッカー(京都サンガ)他世間へのぼやきなど?

京都北山を北方へ(シリーズ2)・・・その④

2017年05月14日 | 山歩き(全般)
<2017年5月6日 曇り時々雨>

ツェルトから這い出して、朝食を食べ、登り返し。


                     石楠花の尾根って・・・しんどい

一時間くらいかかるかな?と思っていた岩谷峠へは、約40分の登り返しですんだ。


                          岩谷峠着


                      石楠花の季節になってきました

この先も、いわゆる高島トレイル。
昨日誰にも出会わなかったが、今日は朝から数組と出会う。
で、昨日の尾根と違い、道標等の整備がばっちり。


                            ポイントポイントに、ちゃんと道標

P818(カベヨシって昭文社の地図には書いてある)を過ぎ、方向をより西向きに変えて、地蔵峠へ。


                         林道の地蔵峠


                         地蔵峠

ここでしばらく休憩。

ここから三国峠へ、尾根道もあるようだが、懐かしさでは、枕谷が勝るし、また、ここまで、基本、ずっと尾根だったので、もう飽きてきたこともあって、休憩後、枕谷の基点まで。


                         枕谷基点 道標


                      標高はないが、ここにも残雪

さて、ここで雨が降り出した。
しばらく小降りだったが、枕谷を遡っていくうちに、本降りに。
加えて、ガスも立ち込めてきた。
めがね男子(笑)としては、見えにくいことこの上ない状況。

「この谷やな」と思って、谷の別れを東進するが、谷中の峠のようなところに来てしまった。


「どこや?ここは?・・・」

ガスでとなりのピークすらよく見えず迷ったが、とりあえず、目の前のピークに上がってしまおう。

雨でずるずる滑る急斜面を、何とか乗り越えて、尾根のピークと思われるをころへ。

「へっ? P767??」


                           P767


野田畑の方向へ行ってるやん!
そんなに進んでるとは思わず、枕谷をそのまま進んで、最後のところだけ東進したわけね。

とりあえず現在地が判明したし、もう大丈夫やろ・・・。
ってことで、再度尾根を東進するが、また、迷ってしまう。

今度は三角点も通ってないのに、「クチクボ峠⇒」って書いてある尾根に出てしまった。
「う~ん??」反対方向やん。

で、反対方向に歩くと、今度も三角点も通っていないのに、尾根を下って「地蔵峠⇒」ってところに出てしまう。

ってことは、山頂周りをうろうろしただけで、三角点ピークを踏んでない。

いい加減疲れてあきらめようかとも思ったが、一応の最低目標だった三国峠の三角点だけは、なんとか踏んでおかないと気が治まらんので、再び登り返して、三角点へ。


                        三国峠山頂


                           三国峠


                 三国峠 三等三角点 点名「三国峠」776.06m


                           長池

さて、このまま、クチクボ峠方向に尾根は進まず、一旦生杉に下りて、今夜は小入谷を進めるだけ進んで、適当に泊まろうか。

・・・というわけで、生杉方面へ下りることにした。


                       ブナの新緑が美しい


                       舗装林道へ下りてきた


                       三国峠のブナ原生林


                          東屋「とちのき」

東屋があったので、濡れた合羽を脱いで、明日一日なので、下着その他着替えてほっこり。

しばらく東屋にとどまって、昼食などとっていると、だんだんと「あと、百里だけやし・・・」って気分になってきた。

時間を見ると、13:00過ぎ。
昼の生杉からのバスはもう出たが、17:00くらいのがまだある。

ここから生杉のバス停まで、たぶん一時間少々。

ほな、ここで2時間ほどゆっくりして、パッキングしなおして、帰ろかな。

で、東屋で、店開きして、明日の食料もコンロ調理してある程度食べて、居眠りして、生杉のバス停へ向かって、生杉から、バス乗り継いで、安曇川からJRで帰宅した。


                      舗装林道の、除雪の爪あと


                         生杉の集落


                         生杉バス停

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都北山を北方へ(シリーズ2... | トップ |   
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (魚屋)
2017-05-15 18:38:11
ええーーー!
そこまで来て百里行かんかったん??
ゴール200m手前でリタイアみたいな・・・
Unknown (cd)
2017-05-15 20:10:52
魚屋氏>
きわめてまじめな社会人としては、日数ぎりぎりまで使ったら、回復せんで、月曜からの仕事に影響するかと・・・(笑)

まあ、目と鼻の先まできてたし、距離的にも十分行けるのわかったし。

まだ片足歩きの回復途上の病人ということも、忘れてもらったら困る(苦笑)

Unknown (いまお)
2017-05-18 19:21:08
病人とは思えませんがな。
Unknown (cd)
2017-05-20 01:44:47
いまおさん>
ま、いうても、淡々と歩くだけでっさかいに。
技術いりませんし。せいぜい読図力。
そういうことまでしか出来んところが、回復途上の病人ですわ。
Unknown (tanichan)
2017-06-19 21:24:25
ここ❕ 東家・生杉バス停 
昨日歩きました🚶
Unknown (tanichan)
2017-06-19 21:27:16
東屋……字間違いm(__)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL