夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

交錯するロシアビザ情報

2017-04-29 11:54:39 | 2017年夏ポルトガル&ロシア長期旅行&準備

いったい何が正しいのか??? 前々回二人で45500円なら許容範囲と書きました。ところが、「歩き方」を買って読んでみると、「バウチャーなしに観光ビザを取得することは不可能」とのこと。

でも先日ウチが問い合わせたロシアビザセンターによると、オンライン申請書だけでOKとなってます。エアーもホテルも事前購入不要。あまりに話が違いすぎる。もう一度電話して確認したけど、やっぱりそれでOKというんです。

他のビザ代行会社に問い合わせてみると、同じようにオンライン申請書だけでOKなんだそうです。ただし、そこは日本人のみで外国人は扱ってない(ウチはつれあいが米国人)。

つれあいも英語情報を検索しました。72時間以内や24時間以内はビザなしでトランジットできると米国人が2013年に書いてるのを発見。それならトランジットしてサンクトを見るのもいいな。

ところがロシア大使館によるとモスクワ・シェレメチェボ空港で同じターミナルで乗り換えの場合のみビザ不要(利用する航空会社に要確認)、それ以外はトランジットビザが必要とのこと。航空会社に確認ったって、これまでの経験から、ビザについてはお答えできませんと言われるんですよ。

ビザセンターも、トランジットは空港から外に出なくても、72時間以内でもトランジットビザが必要といいます。トランジットビザ(5400円)を取る手間をかけるなら、観光ビザを取るのもさして変わりません。

となるとまた、バウチャーがなければ不可能なのか、あるいは関係ないのか、という点に戻ってくる。あれこれ検索していると、バウチャーが必要という説明はウソだと経験者が書いてます(ココ)。他にも同じ方法で旅行したというブログが複数あるじゃないですか。実際にはビザセンターでビザを取り、航空券やホテルはインターネットで予約すればいいと書いてます。

そうこうするうち、サンクトのマリインスキーII(新館)が新シーズンを出してるのを発見。観たいオペラが3つほどある。

またまたビザセンターに電話して、「本当にバウチャーはいらないんですね?」としつこく尋ねてみました。「当社は毎月700人のビザを扱ってるんです。信用してください」 「米国人のつれあいはちょうどパスポート更新なのでまっさら(まだ来てない)ですが、古いのも一緒に送る必要ありますか?」 「ありません」

もうビザセンターで観光ビザを取ることに決め、エアーが値上がりしないうちに帰りをサンクト発で買うことにしました。それにしてもビザ取得の二重基準はやめてほしいもんです。

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毛細血管の運動は網膜に効いてるみたい

2017-04-26 17:17:58 | 目の病気

2年ぶりの視野検査に行ってきました。私は強度近視が原因で黄斑前膜の手術を両眼やってます。強度近視にありがちと言われる網膜萎縮もすすんでいて、ゆがみがあるし、見えないところもあります。

広い意味での緑内障とのことで、2年間に初めて視野検査をしました。その後、緑内障の目薬で視神経を保護する効果があるとされるアイファガンをずっと続けています。

2年たって、見え方のゆがみが少しひどくなってるので、視野検査も悪化してるはず・・・・・行くの嫌だなぁ。。。悪化していても、どうせ今の目薬以外に治療法はないわけだし、視野検査に何の意味があるわけ? 落ち込むだけじゃないの? 視野検査の意義は、記録を残しておくと、今後新しい治療法が出てきたときの参考資料になるからとのこと。

結果は意外にも2年前より改善してました。見えていなかった部分が小さくなってる。

「先生、私、毛細血管を増やす運動(ココ)を始めたんです。網膜は毛細血管だから影響するとテレビで見たんですよ」 「へえ、それはいいことです。でもそれだけでこんなに改善されるというのも考えにくいので、アイファガンと相性がいいんでしょうね」

私としてはとにかく、2年前より悪化してないというだけでうれしい。

もうひとつ、網膜再生手術について尋ねてみました。検索して読んでみると、加齢黄斑変性の湿潤型のみ対象と書いてあるんです。緑内障は視神経が傷んでいるので別らしい。では私のような網膜が萎縮しているケースは対象になるんでしょうか? 「なります」とのこと。

すでに視神経細胞再生の研究も行われているそうです。ただ、一般の患者に普及するようになるにはまだまだ時間がかかるんじゃないかと言われました。

それまで毛細血管を増やす運動をしながら待ってるしかないですねー。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ロシアビザ、38000円!

2017-04-24 18:16:43 | 2017年夏ポルトガル&ロシア長期旅行&準備

前回、この夏の長期旅行について、細かい点であれこれ問題が見えてきたと書きましたが、さらに問題が・・・・・ビザ代も高~~~い なんと38000円 アメリカ人での場合ですが。。。ちなみにウチは地方在住で大使館も領事館も遠いので、自分で行くのも不利なんです。

エアーの手配をお願いする予定の旅行社によると、1週間以上のビザは日本人26000円、アメリカ人34000円。しかもアメリカ人用の申請書は日本人と異なり、10ページほどにもなるというんです。例えば過去10年間に訪問した国すべてについて、入国・出国日まで記入しないといけない。

中国のビザだって、国による区別はなく、日本人もアメリカ人も同じ申請書だったのに。アメリカ人のほうが10年間マルチビザ1種類で24000円と、日本人よりお得だったのに。

これを知って、つれあいはもうロシア行きはやめだと言い出しました。費用が高いだけでなく、過去10年間の日付を拾って記入するなど面倒くさいことができるかと。

そこでいろいろ検索していると、あるロシアビザ専門の会社を見つけました。費用はここのほうが高くて、38000円 でも、申請書は、オンラインでたった1枚だけ。過去の旅行歴の記入欄などない

本当にこれでいいのかなぁと思って電話してみました。すると、アメリカ人の場合も日本人と同じ申請書(オンライン)でよいのだけれど、以下を追加する必要があるとのこと。

米国籍の方の必要追加情報
◆パスポートを発行した機関名
◆結婚の有無
有の場合配偶者の情報
・姓名
・生年月日
・出生地

◆卒業大学の情報(大学いってない場合不要)
・学校名
・学校住所&電話番号
・専攻
・入学年月
・卒業年月

◆父母の情報
・父親の姓名
・母親の姓名

この程度の情報提供でいいのなら、38000円でも仕方ないかと、つれあいも納得しかけています。

この会社では、日本人の場合は7500円でいいんです。二人で45500円なので、まぁ許容範囲かな。

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Devil's in the details

2017-04-21 15:02:36 | 日記・エッセイ・コラム

8月中旬から主にポルトガルとロシアへ行こうと調べ始めまてるんですが、のっけからあれこれ問題が・・・・・

日本からポルトガル直行はないからマドリードへ飛ぶので、せっかくだからサンティアゴ・デ・コンポステラへ行ってポルトガルへ列車で入ろうと考えています。列車はあるもののものすごく時間が悪い。以下の2便のみ

サンティアゴ午前7時半発、2度乗り換え、ポルト午前10時18分着

サンティアゴ午後4時27分発、1度乗り換え(2時間3分待ち)、ポルト午後9時18分着

仕方ないので長距離バスを探すと

サンティアゴ午後12時発、ポルト午後3時15分

これなら3時間15分だからバスが苦手な私でもなんとかなるかもと思ったら、乗車時間は4時間15分と書いてある。スペインとポルトガルは1時間の時差があるんだって。

それに、サンクトのマリインスキー劇場とモスクワのボリショイ劇場のオペラ(ロシア行きの目的)の新シーズン発表は7月になるとのこと 演目もわからないのにエアーの手配をするのもなぁ・・・

つれあいが「Devil's in the details...」こういう実際の細部になるといろいろ問題が出てくることです・・・どーしようかなぁ・・・

ひさびさのつれあいの生け花です。

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レジが中途半端に自動化

2017-04-18 16:12:31 | 日記・エッセイ・コラム

6週間旅行で留守していた間に近所のスーパーの1店が改装し、レジが自動化されてました。もう1店、去年8月閉店で留守中に新しい店が入ったところも自動化されてるそうです。

昨日初めて使ったんですが(ウチは他の2店を主に使う)、あれって本当に便利なんでしょうか?

レジ係が買い物をレジに通すのは今まで通り。その後、3番の支払機へ行ってくださいと指示される。支払機は6台くらいある。私は小銭から先に入れないとだめという先入観があった。2348円に5千円札を先に入れると、自動的におつり2652円が出てくると思ったわけ。で、財布の小銭を数えていると、「お金を入れてください」と支払機がしゃべる、結構大きな声で。あせって数えてると(財布に小銭が多く入ってることあるじゃないですか)、また「お金を入れてください」。みっともないので余計あせる またもや「お金を入れてください」

この時点でレジ係がやってきました。「小銭が先だと思って・・・」「どっちが先でも関係ありません」 もういいやと5千円札を入れたら支払機が「これでよろしいですか」みたいなことをしゃべった。それでいいことにしたら、ジャラジャラとおつりが出てきた。

支払機でまごついてるのは私だけでなく、ほかにもいて、列ができている支払機もある。レジが早く済んでも支払機で待つのなら、お客には便利になってないわけ。

カードは使えないのかとレジ係にきくと、使えないとのこと。自動化するんであれば、カードも使えるようにしないと不便です。

ウチがよくいく店ではその店専用のプリペイドカードとクレジットカードの両方が使えます。この店ではまだレジ係が支払いも担当しており、現金でもカードでも払えるんです。

中途半端に自動化して、店のコスト削減(レジ係を減らす)だけ目指してるんですかね。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加