夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

もうこれで米国に行かずに済む

2017-01-30 14:52:22 | 日記・エッセイ・コラム

米国入国拒否のニュースを見ましたが、ひどい。グリーンカード(永住権)保持者でさえ強制送還されてるんです。20年も米国に住んでいるイラン国籍の男性はフランスから搭乗できたのに米国に到着後、強制送還されたとのこと。こんな措置が違法じゃないなんて。

つれあいが読んだニュース記事では、米国在住のすべてのグリーンカード保持者は米国を離れる際には自国領事館に再入国できるか確認したほうがいいと書いてあったそうです。トランプは90~120間の措置だと言ってるけど、その間にこの措置に反発してなんらかのテロが起きたら(やらせで起こしたりして)、今以上に強化するのは間違いありません。

各国の空港の米国向け出国は大混雑しているとのこと。米国向けだけ別の列を設置しているかもしれない。実はウチは経験してるんです。05年バンクーバーからロサンゼルスへ飛んだ時、米国向けはあっちと言われ、長蛇の列に並ばされました。バンクーバーの空港で米国入国審査をやっていたんです。そんなのありか?と思ったもんです。ここで入国審査すんだんだからロスではなしと思いきや、ロスでも再審査。

あれは一時的なものだったのかもしれないけれど、今後は米国入国審査を出発地の空港でやり始めるんじゃないか? そこまでして行きたくないと、つれあいも言い出しました。

やったぁ。これでもう米国には行かなくて済む~~。私、もうほんっとに行きたくないんです。行く理由は義母だけ。100才になる2月は大雪の可能性などで免れたけど、この夏は行かざるを得ないかなぁと夏の予定を切り出すのが嫌だったんですよね。

私が義理立てするのは、好きでもない義母にではなく、つれあいなんです。つれあいも母親とそれほどいい関係じゃないものの、2~3年おきに会いに行っており、その際、私に一緒に行ってほしいと思ってるわけ。

そのつれあいが、トランプ以降の母国に嫌気がしており、その上、空港でも面倒が増している状況で、そこまでして行かないと言い出したのは、私にはラッキー。

空港だけではなく、電子入国認証のESTAには自分のSNS情報を開示するオプションが始まってます。検索してみると、進んで開示することでホワイトリスト入り、開示しない人は何か隠すべきことがあるからだとブラックリスト入りと振り分けするんじゃないかとか憶測が飛んでます。

それにしても大統領令だけで議会の承認もなしにここまで権力を持てるなんて、独裁国家への素地が整っている政治システムと言っても過言じゃないでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

米国でさえ老後資金は2千万円

2017-01-27 16:31:06 | 日記・エッセイ・コラム

すでに退職している夫婦の金融資産の中央値が$177,000とのことで、1ドル110円として1974万円、約2千万円。これ、米国の非営利団体による直近(15年12月)の調査結果です。

50代の現役の夫婦が老後資金として貯めている金融資産の中央値は$225,000とのことですから、2475万円。こっちのほうが高いのは退職後に取り崩すからでしょうか。

それにしても米国で2千万円とは意外と低い。というのも、よく100万ドル(1億1千万円!)が目標で、安心できる理想額は200万ドルと書いてあるんですよ。つれあいは、それはアッパーミドルクラスのことで、庶民がそんなに貯めてるはずない、と言ってたんだけど、やっぱりそうなのかなぁ。

ただ、この目標額には金融資産だけでなく、持ち家が入ってます。日本と違って米国では金融資産より持ち家の資産価値のほうが高いことが多いですからね(家の資産価値は築年数で下がらない)。でも退職した夫婦の金融資産が2千万円で、総資産が1億円あるとしたら、資産価値8千万円の持ち家に住んでるってこと? ちょっとそれは考えにくい。

米国国税調査によると66才以上の家の持ち分(家の資産価値から住宅ローンの残高を引いた額)中央値は$130,000(1430万円)・・・これも意外と低い。退職夫婦の21%が家のローンを払い終えてないとのことなので、そんなもんかも?

だから老後の全純資産はまぁ3500万円(1974万円+1430万円)。1億円とかいうのはやっぱり庶民の話ではなさそう。

米国で「さえ」と書いたのは、日本に比べ、必要経費(健康保険と固定資産税)がはるかに高いからです。国保がないので、つれあいの従兄夫婦(73才)は健康保険に年間80万円ほど払ってます。それに家の資産価値が高いってことは固定資産税も高いってことです。家の自分の持ち分に関係なく資産価値にかかるので、5千万円の家なら1〜2%として50〜100万円の固定資産税ですよ。

そして日本人には信じられないほど高いのが老人ホーム。月額80万円はかかります。自分の資産が30万円ほどになってしまったら、その先は国が面倒見てくれるけれど、それまでは払い続けるんです。入所せずに済むかどうかは分からないので、米国の老後最大の心配事です。さらに、29%がカードローンも抱えてるとのこと。

こんなふうに日本よりずっとお金がかかるのに、老後の金融資金が2千万円だなんてほんと意外です。家の持ち分が1430万円あったって、実際意味ないですよ。だって売ってそのお金を手に入れても、その後の賃貸料に消えてしまいますからね。

それにもかかわらず、90%以上が退職後の暮らしはおおむねハッピーと答えてる。

日本人は平均3千万円残して死ぬとの統計なので、もっともっと楽天的になったらいいんじゃないでしょうか。 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ソロ発表会に向けて

2017-01-25 14:09:46 | 音楽

公民館のジャズヴォーカルのクラスの中でソロで発表会をしたいというメンバーが11月から練習をしています。10月の公民館発表会では数人のグループで1曲ずつ歌ったのでソロでやってみたいってことですね。

月1回、10人弱が集まって、3月の発表会を目指してます。私は旅行に出るので発表会は欠席なんだけれど、練習だけ入れてもらってるんです。一人で歌ってみると、選曲の向き不向きがあるのが分かりますねぇ。

私は最初「Killing Me Softly」を選んだんですよ。でもどうやら私にはもっとリズム感があるのが合ってるらしい。例えば「L-O-V-E」 昨日の練習でやってみました。そしたら先生が「いいじゃない、そのままで発表会いけるよ、直すとこない」 「え〜、そーですかぁ?」

NAT KING COLE L-O-V-E

他にもクラスで取り上げた「On the Sunny Side of the Street」とかもよさそうと言われました。ほんとかなぁ?? だってああいうのはいわゆるビッグバンドの歌で、私、あまり好きじゃないんですよね。ところが歌ってみると、案外気持ちいい 毛嫌いせずにやってみるか。

一人、とても声がよく通るソプラノの人がいて、「Summertime」を歌ったんです。そしたら先生が「う〜ん、そんなに明るく前に出さないで、もっと声を抑えて」

あとでその人に聞いたら、子供の頃から児童合唱団に入ってて、ずっと合唱やってきたので、そういう声の出し方が身についてるんだそう。ジャズ風の歌いかたにしたいんだけど、なかなか変わらないって。それと、明るい声なので私と同じ曲になりました。

ボザノヴァが上手な人もいたり、皆さん個性豊かなソロ発表会になりそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

造花のほうが喜ばれる・・・

2017-01-23 15:13:54 | 日記・エッセイ・コラム

2月につれあいの母が100才になります。でもウチは行かないことにしてます。なにしろアメリカ東海岸の北のほうなので、吹雪で飛行機欠航もよくあるし、75才のつれあいがレンタカーしてまで行くことないと、電話で済ますことに決めました。義母と同居の弟夫婦から何かするという連絡もないですし

そこで、私としてはお花か何か送ろうと某オンラインショップで探してるところ。つれあいは何か送るなど考えていなかったそう 鉢植えの胡蝶蘭とかシンビジュームとか、あまり手をかけなくてもしばらくは咲いているものがいいかな。。。

ところが検索かけると、ニアリー・ナチュラルとか本物っぽく見える造花がほとんど。オンシジュームなど本物そっくりの造花をガラスの鉢に植えてあるんです。ご丁寧に株と根まで作ってあって、人工の水に浸してある。見栄えはしますよ。

それで思い出したんだけど、1988年にアメリカへ引っ越したとき、街の花屋さんにある花の半分くらいがシルクフラワーという造花だったんです・・・・・驚きましたねー。アメリカではシルクフラワーを花瓶に入れたり、玄関に置いたりする人が多いんですよ。玄関の外のポーチに置いてある鉢植えの花も造花だったりする。これならいつも咲いてますから

実際、これまで義母や親戚の家に何度も行ってるけれど、生の花を飾ってあるのは見たことないんです。花があっても造花。そりゃあ簡単ですからね、水替えもいらないし、枯れることもないし。。。以前義母がハタキかけてたの見たことあります。

つれあいに鉢植えがなかなかみつからないから切り花にしようかと言ってみました。切り花はとても種類が豊富。100才なんだから100本のバラかカーネーション?

「やめとけ」とつれあい。「届いてから迷惑がるぞ」 発送内容を読むと、つぼみの状態で箱入りで届くので、届いたらすぐつぼみをくるんである包みを取り、水切りし、同梱の花瓶に入れると書いてある。ま、切り花ですから当然です。

「そんな面倒なこと誰もやりたがらないよ。鉢植えの蘭だって水やりしないといけないだろ? バスケット入り(これも数が少ない)にしたって水やりが必要だろ? そんなのプレゼントしても喜ばないって。送るなら、そのニアリー・ナチュラルとかいう、派手な見栄えのオンシジュームなんかが一番喜ぶよ」

はいはい、相手が喜ぶものをあげるのがプレゼント・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アクセントひとつで

2017-01-21 15:55:08 | いけばな

つれあいは生け花が好き。自分で生けるのが好きなんです。35年も前に私(これでも草月流師範)が手ほどきして以来、ずっとやってます。私よりずっと頻繁に生けてるくらい。

花材は家のまわりのもので、同じ花材を使いまわして生けてます。ちょっとその例をご紹介。

上は、左下の水仙の花が枯れた後の葉と、右下のナンテンの実をリサイクルした作品。

     

そのままでもいいけど、どうせならナンテンで使ってたゴールドのテープ(ケーキの箱の包み紐)をアクセントに加えたら?と私がアドバイス。。。グラスの柄にもゴールドのリングがあることだし。

これで華やかさとリズム感が加わりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加