夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

電線がない勝山保存地区

2015-12-30 14:21:23 | 国内旅行

湯原はいつも温泉まででしたが今回は奥のダム湖公園へ行ってみました。遠くまで行かなくとも素晴らしい景色はあるもんです。

帰路の途中の旧出雲街道・勝山保存地区はのれんの街としてアピール中

郵便局ものれん。そしてここは空を遮る電線がない 古い街でもその気になれば排除できるってことの証明です。他の景観地区も見習って欲しいなぁ。

カトリック教会もあり、ここもユリの花ののれん

かつて旭川を輸送に利用し、栄えた町

落ち着いた街並みでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

八景@湯原温泉

2015-12-28 14:37:46 | 国内旅行

八景は湯原温泉に行くたびに下から見上げて、高そうな旅館だなぁと敬遠してました。それが今回、「記念日プラン」という、一人二食18000円ほどで泊まれるプランを見つけたんです。砂湯が眺望できる10畳和室、広縁付き、ユニットバスも温泉の湯。露天風呂付きの部屋もあるけど、砂湯が目的なので部屋の露天風呂は不要。他のプランもよく見ると、想像していたほど高くないので今後はここにするつもり。

ロビーにはクリスマスの飾り。足下のは日本では珍しいバターナット・スクワォッシュみたい。

焼き芋とお茶のサービスがうれしい。窓の外は露天風呂のある川

着いた日はしとしと雨でしたが、雨にけむる山も風情あります。

旅館内の露天風呂は屋上「空の湯」(写真)と下の「川の湯」の2箇所。着いてすぐ入った「空」のほうは雨のせいか誰もおらず、ゆっくりできました。「川」のほうはお風呂の中に川を眺めながら寝転べる寝椅子があります。

食事もおいしかったし、つれあいはケーキをもらってご機嫌。旅館の女将さんと給仕さん(部屋食ではない)がハッピーバースデーの歌いながら持ってきてくれ、周りのテーブルのお客さんたちも歌に合わせてくれました。そうそう、女将さんは夕食時に挨拶に来られる気さくな方でしたよ。

このあとタイミングよく雨が上がり、前記事の砂湯でのんびりでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

湯原温泉砂湯は西の横綱

2015-12-26 15:35:55 | 国内旅行

湯原温泉までつれあいの誕生祝いを兼ねて行ってきました。高速を使わずにのんびり川沿いを走っても2時間で着く手頃な温泉。このブログでも何度か取り上げてます。

ここの名物は川の中にある露天風呂。露天風呂番付では西の横綱に選ばれいて、混浴です。今回は砂湯を眺望できる旅館(旅館は次の記事で)に泊まったので部屋の窓からよく見える。ぬるめ、中くらい、熱めと3つの湯に仕切ってあります。 

いい眺めかどうかは見方によりますね!とお茶目に笑う仲居さん 女性は湯浴み着も可だけど、水着は不可。

夕方になると脱衣所に明かりがともります。

人目が気になるなら、午後7時過ぎくらいから8時くらいがオススメ。夕食時なのでほとんど人がいないんです。ウチが入った時も男性が1人だけ中くらいの湯に入ってた。そこでウチはカメラを持ってぬるめの湯へ。私は温泉にはやっぱり素肌でつかりたいのでスッポンポン 後ろの明かりは泊まった旅館です。

お湯は硫黄でなく、無色無臭、透明感抜群。柔らかく吸いつくようなお湯が気持ちいい。川底から自然にわいていて、所々下から熱い湯が吹き上げてくるのがわかる。砂湯というけど、底は石や岩で、熱い吹き出しにある口の大きな岩にもたれて座ると腰がぽかぽかと岩盤浴のよう。あ〜極楽極楽

湯原に来ながら、ここに入らない女性が多いようですが、もったいない。ぜひお試しください。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

無宗派葬儀

2015-12-22 19:04:27 | いけばな

今月初めにおつれあいを亡くした友達のところへ行ってきました。弔問はすべて辞退するとのことだったので、葬儀社に勤めるもう一人の友達の案で御仏前にそなえるプリザーブドフラワー(今は水換えが不要なこんなのもあるんです)を持っていきました。心配していたより明るい様子でしたが、もっとしてあげられることがあったのではないかという後悔もあると言ってました。

彼女の家は近所のお寺の檀家ではないので、義父母の出身地(車で30分ほど)が檀家となっているお寺の住職さんを家族葬にお願いしたそうです。四十九日も家にその住職さんを呼んで行うとのこと。

奇しくも同じ日に葬儀となった彼女の甥の義父の場合は無宗派葬儀を選んだそうです。葬儀社に勤める私たちの友達が両方の葬儀を担当したので話を聞くことができました。

無宗派葬儀を選んだ理由として、亡くなられた方がここ晴れの国からは遠い東北県の出身であり、すでにご親族もそこにはおられず、檀家となっているお寺もないからとのこと。こういうケースはどんどん増えているそうです。

無宗派なので家族葬には住職など一切来ていないわけです。したがって初七日も四十九日もしない。ウチもこういうのが希望です。葬儀もしないで、遺体を火葬するだけというのもありだと葬儀社に勤める友達は言います。

無宗派葬儀や火葬のみの場合、遺骨をどうするかなんですよね。友達の甥のご一家の場合はまだ決めていないそうですが、おそらく永代供養になるだろうとのこと。具体的にどういうものかと訊くと、近年はお寺が檀家かどうかや宗派に関係なく、永代供養として墓地を提供しているそうで、それを購入してお墓を作るのだそう。

どうしてもお墓が必要という人はそれもいいでしょうね。ウチの場合、お墓も不要なので、やっぱり遺骨をダイヤモンドにする案がいいなとつれあいと話したところです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

水中回し蹴りウォーキング

2015-12-19 15:39:04 | 日記・エッセイ・コラム

水泳に行くと泳ぐ合間に水中ウォーキングもしています。ウチは自分のペースでやってるんですが、同じ時間帯にウォーキングのクラスがあり、インストラクターが「さぁ今度は水中回し蹴り~!」と言うのが聞こえました。

見ると、脚を一歩一歩横に蹴るように回して進んでる。お、これは使えるかもとやってみたら、結構きつい。水の抵抗と浮力でコケそうになる。前に進むより、後ろ向きに進む方が少し楽。股関節の運動になるそうだけど、それ以上に腰に力がかかる。こりゃあ明日痛いかもと思って25mを一往復でやめときました。でも今日起きてみてなんともなかったので一安心。今度から毎回取り入れることにしました。

昨日は蹴ってる時にやなヤツを蹴ってるつもりでやりました 実は一昨日、私がやめたコーラス(ココ)の元ドイツ文学教授から電話がかかってきたんです。コーラスの時間に自分が講釈をするようになったいきさつからグダグダ話し、要は私がやめると格好がつかないと言いたげ。そんなの私の知ったことかと言い返したいのをグッと我慢して聞いてたら、腕の肥厚性瘢痕がチクチク痛痒くなってきました。ストレス反応に違いない。せっかく良くなってたのに、コノヤロー

肥厚性瘢痕の内服薬トラニラストはアトピーやじん麻疹などアレルギー治療薬として開発された薬なんです。この電話の一件で肥厚性瘢痕もじん麻疹と同じ反応をするのがわかりました。

水中回し蹴りでストレス発散

さてウチでは大きなクリスマスツリーを飾らなくなって久しいのですが、つれあいがコーヒーの木をちょっとだけ飾り付けしました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加