夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

擦り傷がこんなに長引くなんて

2015-09-28 17:56:29 | 日記・エッセイ・コラム

事故で怪我した左上腕内側の擦り傷がまだ治らない。もう丸6週間です。肋骨のヒビは一カ月で完治したというのに。

一応事故後2週間経った9月初めにはかさぶたが取れ、治ったと思ったんです。ところが傷跡がだんだんと赤いミミズ腫れになり、チクチクと痛がゆい。歩くたびに袖が触れて痛い。皮膚科に行ったら、ヒルドイド・ローションを処方されたんだけど、2週間使っても全然よくならない

なんとかならないかと近所の薬局で薬剤師に相談すると、クロマイP軟膏というステロイドと抗菌剤が入ったのを勧められた。それを使ったら、よけいにヒリヒリ痛むようになった

一体なんなのよ とネット検索すると、どうやら肥厚性瘢痕・・・ムズカシイので読み方を書くとヒコウセイハンコン・・・らしい。おそろしい~~~~~

こんなのが広がったらたまりません。さっそく市内でこの治療をやってる皮膚科を探すと、私が行った皮膚科ではないけれど、近くにあるじゃないですか。

今朝行って来ました。「このトシですから、擦り傷などこれまで何度もありましたが、こんなになったの初めてです」というと、「治るのに時間がかかるとこうなりやすいんです。事故のあと皮膚科にすぐ行って処置したらよかったのに」

でも擦り傷なんて診てもらうほどのことじゃないと普通思いません? 治るのに時間がかかるというのも、もしかしてトシのせい?

「こうなったら数日で治るようなものではないですよ」と言われ、ドレニゾンというステロイドのテープとトラニストという飲み薬を1週間分処方してもらいました。ヒルドイドは効かないとのこと。

で、このテープが大変なんです。傷跡だけを覆うようにハサミで切って貼るんです。強い薬なので健康な皮膚にはできるだけ貼らないようにとのこと。ちなみに私の場合、幅は8ミリほど、長さはが4センチくらいから2センチくらいのを7枚切って貼ってくれた。場所は腕内側の肘上から腕の付け根くらいまでなので、自分で貼れるわけがない。これから毎晩、お風呂上がりにつれあいにやってもらわなくちゃ。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

今どきの車の修理はディーラーで

2015-09-25 19:00:19 | 日記・エッセイ・コラム

車がまだ戻ってこない。。。。。レッカーで持って行かれたのは8月17日なので、ほぼ6週間経つ。昨日やっと配送予定日が分かり、それは10月5日とのこと。事故から丸7週間

今回の修理で、車をディーラーに持って行くことの重要さを思い知らされた。事故直後は気が動転していて、保険会社にどこか希望する修理屋があるかと聞かれても、まったく知らない土地だし、お任せしますと答えた。その結果、T自動車修理工場に持って行かれたわけです。

事故の記事に書いた通り、とてもいい方々でした。ところが部品入手に時間がかかったうえに、最後はマツダのディーラーに持っていかざるを得なかった。修理はすべて終わったものの、コンピュータの再プログラミングはマツダでないとできないとの理由。今どきの自動車はもうコンピューター機器なんですね。

そのときマツダがT自動車の修理見落としを発見したんです。助手席サイドのエアバッグとシートベルトは連動するそうで、その配線がなされてなかったとのこと。このままではエアバッグは作動しない。

やり直しには新たにカプラーという部品を注文し、それが届いてからまたダッシュボードのパネルを開いて配線し直す必要があるとのこと。T自動車が最初からそのことが分かっていれば部品注文の時一緒に頼んだはずで、この見落としで修理期間が1週間長引いた

それにしても、車のコンピュータはメーカー独自になってるんですかね。一般の修理店では手に負えないとなると、最初からディーラーに持っていったほうが二度手間が省けて早く済みます。事故の時、最寄りのディーラーを指定することはできるのかと保険会社に尋ねたところ、できますとの返事。今後もし事故になったら絶対にディーラーを指定します。

数日前、アップル社がEVを2019年に発売予定とのニュースを読んだけれど、サービスをどうするんでしょうねぇ。アップルのコンピュータはすべて自社で囲みこんでるでしょう? EVもそれでいくなら、故障や事故の時もアップルでないと無理ってこと? 24/7の電話テクニカルサポートがありますなんて言われても、事故の時、iPhoneで指示をもらって自分であちこち修理するわけ? まさかね

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハマナスって野ばらのこと

2015-09-22 17:59:14 | 2015年夏日本半縦断旅行&準備

知床をあとにし、旅行を切り上げて女満別空港へ行く前に、小清水原生花園に寄りました。まだハマナスを見てなかったんです。歌で名前は知ってるものの、どんな花なのか全然知りません。

ピンクの野ばらはたくさん咲いてるけどハマナスは??? と、一人の女性が野ばらに顔を近づけて香りを嗅いでいる。いい香りですよねとなにげに声をかけると、ハマナスは香りがいいわねとその女性。えっ これがハマナスなんですか 

なぁーんだ、ハマナスって野ばらのことかぁ。ほら、ローズヒップもできてる。こんなにたくさん自生してるならローズウォーターや香水だって作れそうなのに、製品化しないんですかねぇ。

  

原生花園はオホーツク海に面していて、海辺まで下りていけます。

  

こんな可憐な花も。シカの毛皮も売ってます。

  

それにしても北海道の広大な風景はやはり本州とは違いますねー。

女満別から千歳はプロペラ機。翼の車輪がこんな近くに見えた。

  

事故しないで予定通りだったなら、知床のあとはマウレ山荘天人閣2泊、ノイシュロス小樽、フェリー泊、最後のピットストップの舞鶴アマービレだったのに残念。またの機会があれば行ってみたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クマもキツネもシカも見た@知床

2015-09-20 17:55:38 | 2015年夏日本半縦断旅行&準備

ウトロ2日目も雨で始まり、知床五湖もこんなふうでした。

 でもだんだん晴れてきた。一湖の周りだけはクマよけの遊歩道があります。

夏場はカムイワッカの滝はマイカー規制なので、フレペの滝(クマ出現で観光禁止)からシャトルバスに乗ったところ、キタキツネ(意外と小さい)が見れてラッキーでした。

運転手さん、いちいち停車してくれるんです。シカは標津町でも何頭か見た(繁殖しすぎらしい)けれど、車なのでシャッターチャンスなし。バスの説明によると、シカの斑点は子鹿だけでなく、夏はこの通りみんな斑点毛皮なんだそう。知らなかった。

 

クマはバス降りてからカムイワッカの滝への行きと帰り両方で谷を挟んで見ました。写真は帰りに見た一頭

カムイワッカの滝は温泉の滝。岩は硫黄で覆われているので濡れている所は滑らないそうな。ホントかな?と小心者の私はみんなが登っていくのをしばらく見てるだけ。ウェットシューズなど準備万端の人もいましたねー。

ついに裸足になって登ってみたら、本当に滑りません。一番上まで行くと温泉だぁと水泳パンツで全身浸かっている人もいたけど、気温が低いので上がると寒そうでした。

上から下を見るとこんなふう

ここはただ眺めるだけでなく、実際に登ったりできるので楽しめますよ!

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の羅臼

2015-09-18 18:00:28 | 2015年夏日本半縦断旅行&準備

トドワラから海岸沿いを知床半島の太平洋側、羅臼へ向かいました。海岸沿いといっても道路から海は見えないし、雨なので景色が楽しめるわけでもない。一応、羅臼から国後島を一望できるという、望郷展望台(こだわった名前)へ上がってみた。資料館があるけれど誰もいない。BGMに知床旅情がかかってる。

 

雨でなければここから北の果てまでドライブしてもよかったけど、ウトロ方面へ山越えすることにしました。途中ものすごい水蒸気が

川のそばに露天風呂があり、タオル片手に上がってくる人を見かけました。知床峠に差し掛かっても雨なので羅臼岳も何も見えない。そのままドライブすると30分ほどでウトロ到着。ついでに斜里方面に10分ほどのところにあるオシンコシンの滝へ行きました。崖を流れる帯状の滝なんですね。

知床で2泊したのは知床第一ホテルの西館特別室1013。露天風呂付きではないけど105平米の広さ(息子合流なので)と180度のパノラマにつられて予約しました。ここは丘の上だし、10階の部屋なら、港のそばの知床の最高級ホテルより景色がよさそうと思ったんですよね。でもこの通り

 

港のそばのホテルだとクレーン車などが見えるので、それよりはマシ? これでどちらのホテルも雄大なオホーツク海の眺望をウリにしてるんです。私にはこの美的感覚がわかりません。このあたりには港やビルが見えない海岸や高台があるのに、どうしてそういう場所にホテルを建てないのか? でもまぁ部屋が広々してくつろげたので良しとします。手にしてるカクテルははるばる家から持ってきたズブロッカ・マティーニ。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ 人気ブログランキングへ 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加