夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

シニアに葬祭費が出るとは

2015-01-29 14:42:42 | 日記・エッセイ・コラム

月末に来る市報をめくっていたら、後期高齢者医療制度に加入している人(75歳以上)が亡くなると5万円の葬祭費が喪主に支給されると書いてある。私は初めて知りました。

後期高齢者医療制度が2008年から始まったというのは聞いたことがあります。でも葬祭費支給が含まれているとは初耳。いったいなんで???

検索してみても、そのいきさつは見つかりませんでした。自己負担が1割で済むようになるし、自己負担の上限もあるし、収入によって保険料の軽減もある。この制度は医療費削減が目的で、高齢者にも負担を増やしてもらおうとの意図だそうだけれど、これで本当にそれまで以上の負担になっているんですかね?

これだけ優遇されているにの、その上まだ葬祭費まで支給するなんて。

葬祭費は地域によって8000円から8万円まで差があるという。しかし、収入に関係なく全員に支給される。全員というか、その親族ですね、喪主に支給されるわけだから。

税収が減る一方だ、社会保障額が増える一方だというのに、葬祭費を支給する必要がどこにあるんでしょう?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おごとと孝明天皇を祀った平安神宮

2015-01-26 19:31:53 | 国内旅行

宇治のあとはおごと温泉の露天風呂付き客室でゆっくり。琵琶湖を臨んで熱燗

フロントにこんな案内がありました。

翌日は京都へ。これまで比較的新しくて敬遠していた平安神宮を見ることにしました。1895年、桓武天皇の平安京遷都当時の実物の3分の2で復元したそうです。

大内裏の奥にある神宮苑が見応えありました。京都の街の真ん中にあるとは思えない静けさ。そして数10種類の草木に、「万葉集」「源氏物語」「伊勢物語」などに詠まれている和歌が添えられてるのにちょっと感動。8~9世紀頃から草木を詠んだ詩があるというのは他の文化でもあるんでしょうか。

平安神宮には平安京最後の天皇である孝明天皇も祀ってあります。それで思い出したんですが、去年いくつか歴史番組を見ていて、孝明天皇の崩御は明治維新からするとものすごくいい(?)タイミングなんです。30代半ばという年齢だし、もしや??? 番組では何も言ってませんでしたよ。

検索してみると、やっぱり崩御当時から疑惑があったんだそうです(ココ)。攘夷であり公武合体という相反する立場を取っていたのが批判を招いたためではないかとのこと。細菌テロという説にはびっくりですが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

溺れるのも納得の急流@宇治

2015-01-23 15:58:59 | 国内旅行

宇治といえば源氏物語の「宇治十帖」。浮舟が宇治川で溺れてはかなくなってしまいそうになります。

実際、かなりの急流でびっくりしました。狭い川幅ではないのに、こんなに流れが激しいのは山からの傾斜がきついから? 写真では速さがよく見えませんが、これではとても泳いで渡るのは無理そう。

宇治橋のたもとには紫式部の像(かわいらしすぎ)

平等院は元は藤原道長の別邸だったのを息子の頼通が寺院に改めたものだそうです。道長は紫式部のスポンサー(パトロンとの見方も)だったので、宇治にも来たことがあったのかも。

平等院は鳳凰が羽を広げた形になっていて、屋根には鳳凰と龍頭

 

平等院創建は末法思想によるんだそうな。創建の1052年は釈迦がなくなって2000年に当たる年で、仏教が廃れ世の中が暗黒の時代に入ると信じられたとのこと(へぇー、末法思想ってそういう意味だったの)。 だから人々を浄土に導いてくれるという阿弥陀如来がご本尊。

このへんから武士の力が台頭し、貴族の時代が終わるんですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見てドギマギの原画展

2015-01-20 19:40:41 | コミック

ついに行ってきたぞー 「青池保子 華麗なる原画の世界」@京都マンガミュージアム

  

初めて見る原画は本当に美しく、思っていた以上に質感と立体感がある。私的には「アルカサル」の原画が多かったのが特にうれしかった。ドン・ペドロがアラブ風の衣装に身を包んでいる原画は、衣服の光沢や刺繍、ビロードの手触りが伝わってくるよう。

そして眼に力があり、生き生きとした眼でこちらを見据えている視線に、思わずドギマギ なにしろ原画は単行本の6倍くらい大きいので、かなりのインパクトなんです。

一口にマンガといっても様々な絵のスタイルがありますが、青池氏のはものすごく緻密。カラー口絵1枚仕上げるのに何日もかかっているとコメントが添えてあったのも納得です。 1978年頃の古いものも色あせすることなく、今も美しい状態。

カラー口絵とともに、コマ割りした生原稿も展示してある。驚いたのはその吹き出しのセリフ。なんとタイプ打ちされた紙を一つ一つ吹き出しに入るように切って、手作業で貼ってるんです 今の時代もそうなんでしょうか。 

ミュージアムは敷地を入ってすぐがカフェになっていて、そこにこんなポスターが。 「心理実験プロジェクトS」からですねー。 「少佐の揚げたイモ」、おいしかった

カフェ内の壁に額入りの複製画があったので撮ってきました(ミュージアム内は撮影不可)

 

ドン・ペドロに加えてファルコもいましたよー

カフェのカウンターのみの方の壁は多くの作家による直筆イラストがびっしり。ドアからすぐの下の方にボーナム君。サイン会の日に描かれたんですね。

そうそう、このミュージアムのチケットは出入り自由。その日の5時まで何度でも戻ってくることができるんです。それと建物は落ち着いた木造で、あちこちに読書コーナーが設けてあり、ソファなど居心地よい空間なってます。

こんな素晴らしい原画展を見ると、もうひとり大好きな作家、大和和紀氏のも見たくなってしまいました。和紀様の原画は透明感にうっとりだろうなぁ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

JRもDB並みの割引がほしい

2015-01-17 15:42:21 | 国内旅行

週末のお天気がまずまず良さそうなので京都へ行くことにしました。目的はもちろん「青池保子 華麗なる原画の世界」展  つれあいも気分転換に出かけたいというので、平等院を見ておごと温泉に1泊の予定。

JRにとくとく切符という割引があり、「のぞみ&き京都観光フリーきっぷ」が往復で16370円。普通に買うと京都まで指定席往復は15700円、自由席往復は14020円。

これでどこが「とくとく」なわけ? 京都市内の交通が乗り放題といっても、そのパスは新幹線チケットと同時にもらえるのではなく、京都へ着いてから、地下鉄などの窓口へ行ってパスに引き換える必要がある。

何より不便なのは基本的に指定した新幹線以外には乗れないということ。行きは指定より早いのも遅いのも乗れない。帰りは指定より遅い場合のみ、自由席は乗れる。指定以外に乗るなら、別途、新幹線特急券を買わなければならないんです。

16370円もするのに、これはひどいぼったくり。15700円の指定席を買えば、それに乗れない場合でも、別途、新幹線特急券を買わなくても自由席に乗れるわけだから。 この差はたったの670円ですよ。京都フリーパスは2000円なので、JRの割引は1割ほど。半額なら仕方ないと思うけれど1割程度の割引ではねぇ。

ドイツ鉄道DBは早めに買って二人割引、シニア割引などすれば6割引で買えたりします。こんなに安くなるなら指定以外は乗れないといわれても納得。さらにRail&Flyという超お得なサービスまである。対象となるのは世界のほとんどの航空会社です。

それと、JRのオンライン購入はJRのクレジットカードしか使えないんですね。今どき信じられない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加