夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

年金3年払って4分の1もらう

2014-12-30 14:53:15 | 日記・エッセイ・コラム

知り合いから聞いた国民年金の話です。その人、若い頃3年足らず会社勤めをし、その後数年間未納を経て、20年以上も自営で低収入ということにして免除されてきたそうです。

年金はもらうつもりもなかったけれど、なんぼかもらえるやろ、と知人に言われ、年金事務所へ出向いたそうな。そしたら、ずーっと免除になってるデータが出てきて、多少出ますよと言われて帰ってきた。

しばらくして振込されるようになり、額を見たら、月額にして18000円程もあって自分でも驚いたそう。これだけあったら酒代にはなるわな、と喜んでる。

私もこれ聞いて驚きました。だって国民年金はいま、40年ずっと払ってきた人でも月額65000円ほどと聞きます。18000円はその4分の1以上ですよ。払い込んだのが3年としても、40年の13分の1しか払ってないわけで、それなら月額65000円の13分の1、つまり5000円でしかるべきじゃないですか?? それが、4分の1もらえるなんて、まともに払い込むほうが損。

これでは先細りになるのも当たり前・・・・・なんて思ってるところに、↓の動画を見てしまいました。もう考えるのもオソロシイ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

【向研会】人口減少の衝撃 ~少子高齢化の現状と将来課題~

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ベルリン・フィルで聴いたコンサートをストリーミングと比べると

2014-12-27 16:20:02 | 日記・エッセイ・コラム

せっかく7日間の無料期間があるのだからと、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールを毎日聴いてます。演目はつれあいの好みでラフマニノフやチャイコフスキー、それとコンサート形式の「魔笛」(これがとても良かった)。

ウチが生で聴いた13年1月のモーツァルトのコンサートがないかとアーカイブを検索したらありました。日にちは実際にウチが行った日ではなく、数日後のもので、後半のカンタータだけです。

自分のブログに書いているとおり、ウチが座っていた席ではほとんど歌手の声が聞こえなかった それが録画ではちゃんとオーケストラとのバランス良く聞こえる。エコーもない。当然ですね。ミキシングされているわけだから。

はっきり言って、サウンド的には生で聴いたのよりはるかにいい カメラのクロースアップもあるから、歌手や演奏者の顔もよく見える。

こうなると考えてしまう。。。パソコンの小さな画面とスピーカーセットでなら、やっぱり実際に行って聴くほうがいいと思うけれど、55インチの画面でサラウンド・スピーカーセットで観て聴くことができるとなると、このほうがいいかも   わざわざ出かけても画面で見るほど出演者の顔が見えるわけではないし、席によっては音響がよくなかったりするわけだし。。。。。

スマートTVでのオペラのストリーミングが一般的になってくると、それで十分というより、そのほうがいいと思う人が増えてくるんじゃないでしょうか。そうなると、声より顔のスター歌手がますます幅を利かせることになるのが困りもの

ストリーミングのサブスクリプション代は、例えばウィーン国立歌劇場の1回14ユーロに対して、ベルリン・フィルは14.90ユーロで1カ月(連続)、19.90ユーロで1カ月のみ。これでライヴもアーカイブもすべて見ることができるんです。これは安いよなぁ、とつれあい。コンサートの機会などない日本の地方都市、冬の間だけでもサブスクリプションしよう、とすでに乗り気になってるようです。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマートTVでバイエルン歌劇場につなぐ

2014-12-24 18:58:42 | 日記・エッセイ・コラム

テレビを買った出費で今週行こうかと思っていた京都旅行は延期 でもベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールが思っていた以上に充実しているので毎日楽しんでるところです

さて、リュドミラさんにバイエルン歌劇場はリアルタイムでなくてもみることができると教えていただいたので、ウチのソニーのスマートTVでつないでみることにしました。

バイエルンは特定のアプリを必要としないし、どこのメーカーのスマートTVでもいいようです。単にスマートTV上でStaatsoperTVのURLを検索するようにと書いてある。。。。でもそれどこ??

スマートTVのネット・アプリを立ち上げてみると、wwwというアプリがある。これか。クリックすると検索ページが出る。ここでげんなり リモコンを使って入力しなければならない。つまり、いちいち、上下左右と決定のボタンを押して探さなくてはならない

まずは五十音をアルファベットに変更。それからガラケーで英語を入力するのと同じように、アルファベットを1つずつ打ち込む。もーたいへん しばらくかかってやっと入力し終えると、そのキーワードを登録できるようになっていて、一安心。こんなもの毎回やってられないですからね。

検索するとちゃんとつながりました すぐにトレーラーの動画がたくさんアップされます。試しにいくつか見てみる。パトリシア・プティボンのジルダや「ウィリアム・テル」序曲など、画像もサウンドもとてもいい。どれも10数分以内のトレーラーだけど、これだけでも結構楽しめる。

これで次回から、日本時間で19時に、その日の午前2時頃現地で行われたストリーミングをみることができるというわけですね?次回は1月なので試してみます。

歌劇場によって、特定のアプリを必要とするところと、単にスマートTVで検索するだけでいいところがあることがわかりました。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソニーのスマートTVでベルリン・フィル

2014-12-22 18:15:51 | 日記・エッセイ・コラム

スマテというのは一般的ではないようなのでスマートTVと書きますね。ウチのソニーのスマートTVのアプリは30種類ほど入っていて、よく見るとベルリン・フィルがあるじゃないですか。

ウチも行ったことがあり、オーケストラの音響が素晴らしかった。ただ、歌手が入るとステージ後方の席はやめたほうがいいです。斜め右後方に座ったんですが、発声は前方向に出るせいか、オケに消されてほとんど聞こえません。

それはともかく、アプリをどういうふうに設定するのか知りたくて、ベルリン・フィルのデジタル・コンサートホールにつないでみることにしました。スマートTVのこのアプリを開くと指示が出るのでその通りにするだけ。

まず他のPCでベルリン・フィルの登録サイトに行き、TV上に出るPIN番号を入力。その後は自分のメルアドなど入力して終わり。すぐさまTV上で登録が確認できます。ソニーの場合、7日間の無料体験期間があり、メールに届いたリンクをクリックすると、これもすぐにTV上に反映されます。

ちなみに画質は標準とHDの選択ができるようになっており、HDは高速ネット環境が必要と注意書きされてます。ウチはフレッツ隼で先日ルーターも新しくしたばかりのおかげか、画像もサウンドもまったくストレスなくスムーズ。

最新のコンテンツからアーカイブ(作曲者などいろんなカテゴリーで検索可能)までどれでも見ることができます。ウチはオペラは好きだけれど、オケだけのはモーツァルトくらいなので、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲と、ヘンデルのオラトリオ「キリストの復活」(メゾはソニア・プリナ)を聴いてみました。

HD画像を55インチのスクリーンとサラウンド・サウンドシステムで聴くと、やっぱり立体感があります。もちろんミキシングされているので、歌手同士、またオケのバランスもいい。テノールのトピ・レティプーでさえソニアに負けてない

バランスだけなら現場で実際に聴くよりいいんじゃないかと思う。が、しかし、その場にいる臨場感は味わえないですね。

せっかくだから無料期間はできるだけ聴いてみるつもりですが、ベルリン・フィルは払ってまでとは思いません。

ウチのDVDプレーヤーはパナソニックで、これもネット接続可能。これに入ってるアプリをみると、ベルリン・フィルもどこの歌劇場もなしです。ウィーン国立歌劇場はサムスンということで、買うメーカーによって入ってるアプリが違うわけですね。

ストリーミングを早くからやってるMETを調べてみると、どうやらiPadのアプリ(有料)でApple TVを通すようになってるみたい。

私がよくわからないのは、スマートTVに新たにアプリを入れるにはどうしたらいいのかという点。例えば、ベルリン・フィルのアプリをソニー以外のスマートTVに入れたい人や、ウィーン国立歌劇場のアプリをサムスン以外に入れたい人はどうしたらいいんでしょう?

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマテとオペラのストリーミング

2014-12-20 16:02:04 | 日記・エッセイ・コラム

3日前に新しいテレビとDVDプレーヤーが届きました。地デジとBS放映をリアルタイムで見るのと、録画・再生の仕方は割と簡単に習うことができました。説明書はもう冊子ではなく、電子説明書になってるんですねー。

WiFiにつなぐのもテレビとDVDプレーヤー両方とも可能になってます。テレビだけWiFiにつなぎ、早速YouTubeでHDのオペラ動画を試してみる。

うわあ、サウンドがものすごくいい  ウチは以前からサラウンド・スピーカーセットを設置してるんだけれど、今までこんなにきれいなサウンドで聴いたことがない。これまではアナログ録画(古いVHS再生できるプレーヤー)したオペラを再生していたので、せっかくのサラウンド・サウンドがまったく生かされてなかったってことですねー

YouTubeのHDでこれだけサウンドがいいなら、近年あちこちの歌劇場が配信しているストリーミングをこの55インチのテレビで見るとかなりいいかも。まず無料配信しているバイエルン歌劇場のサイトへ行ってみると、使用するメディア別に説明してある。

その1つがスマートTV。へー、ネット接続できるテレビのことをこう呼ぶのか。略してスマテ 私は日本語でスマテというのを聞いたことも目にしたこともないですが、スマテで通るんでしょうか???

バイエルン歌劇場は行ったことがあり、気に入ってはいるんだけれど、残念ながら配信は現地時間のみ。これでは日本の深夜2時頃

ウィーン国立歌劇場のサイトを見ると、有料だけれど視聴する時間をずらすことができると書いてある。ただ、ウィーンは3カ月ロングステイしたとき、ほとんどが期待はずれだったんですよねー まぁ1回14ユーロならいいか。

問題はスマートTVで見るにはどうしたらいいか? サイトにはサムスンのスマートTVのアプリケーションしか説明がないんです。ウチのはソニー。どなたか見ておられる方いませんか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加