夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

タリンを囲む城壁と日の丸

2014-07-31 21:34:59 | 2014年夏欧州ロングステイ

 この地図からもわかる通り、いまだにぐるりと残ってる。

P1070179

西側のきれいに並んだ塔

P1070134

その塔の内側は平たくなってるんですねー、実用的!

P1070138

西門

P1070137

城壁内は住居になってる ?

P1070124

北端の太っちょのマルガリータ 。壁の厚さなんと4.7m!

P1070145

P1070050

南側

P1070109

奥の四角い塔は中世に娼婦の監獄だったそうで、その名も「乙女の塔」

P1070107

東側は城壁の上を歩けるようになっている。

P1070151

城壁の上から

P1070241

城壁の塔の窓から

P1070247

おや、南側城壁のすぐそばの新しいビルに日の丸が・・・へぇーこんなところに日本大使館(ウチのアパートからも歩いて3分 ^^)

P1070274

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カウンターテナー・コンサート@ニグリステ教会

2014-07-30 18:32:26 | 2014年夏欧州ロングステイ

タリンに来て1週間、スイミングに行かなくちゃ。探してみるとアパートから歩いて10分のところにウォーターパークがある。1時間泳いでから昼寝。

午後7時からカウンターテナーのコンサート。場所は先日のオルガンコンサートと同じニグリステ教会。ここは歩いて2分という近さ。

名前が カ・ボ・チャン !なので、日本人がちゃん付けを使っているのかと思ったら(^^;)、中国系の方でした。そして伴奏はハープ

P1070229  

Ka Bo Chan (kontratenor) & Eda Peäske (harf)
Charpentier, Händel, Caccini, Schubert, Mendelssohn-Bartholdy, Debussy, Pärt jt.

プログラムが売り切れだったので全部の曲目はわからないけれど、とてもうまいカウンターテナーでした。温かみのある声でコントロールがよく利いている。

「アヴェ・マリア」に始まって、「オンブラ・マイ・フ」では聴いていて鳥肌が立った。教会内のあの「死の舞踏」がある小さなチャペル側なので、音響効果が素晴らしく、歌う声に体全体が包まれている感覚。

地元では知られている歌手らしく、最後はスタンディングオヴェイションでした。

P1070232

P1070231

世界的に有名かどうかに関係なく、優れた才能は各地にいるんだなぁと再確認。

久々に聴いたシューベルトのセレナーデで、田村正和と古谷一行のドラマを思い出した。アメリカに住んでいた頃で友達の友達が日本から送ってもらったビデオを借りてみたんですよねー。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピリタとリキシャ

2014-07-29 16:48:12 | 2014年夏欧州ロングステイ

今日はタリン旧市街から海岸沿いにバスに10分ほど乗ってピリタ修道院跡(聖ブリギッタ)へ行ってきた。15世紀に建てられたものの、16世紀後半のリヴォニア戦争で破壊され、今は外壁だけ残っている。

P1070180

ここが変わっているのは、教会をはさんで修道士と修道女が住んでいた!という点。お互い言葉を交わすことは禁じられ、必要な情報を伝えるための小部屋(お互いは見えない)があったそうだ。

P1070199

8月中旬にはここでブリギッタ・オペラ音楽祭がある(アメリカに行かなくていいなら観るのに~)

 P1070196

ピリタにはビーチがあり、地元の人で賑わっている。

P1070206

そうそう、タリン旧市街では多くのリキシャが走ってるんですよ。ひゃー大変そう

P1070215

アフリカンキッチン、オススメです。ピーナツとゴマのラム風味団子をチョコでコーティングしたデザート(料理が来るとカメラを忘れてしまう^^;;)

P1070219

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

死の舞踏とオルガンコンサート

2014-07-28 16:55:07 | 2014年夏欧州ロングステイ

連日さわやかな晴天。観光客もそれほど多くない。日本の酷暑を逃れてのんびりするにはちょうどいい。

さて「死の舞踏」といえばフィギュアスケートでもよく取り上げられる曲ですね。その絵画で現存するのは、ここタリンのニグリステ(聖ニコラス)教会だけらしい。

P1060929

リューベック(タリン生まれ)の画家ベルント・ノトケによる15世紀の作品。元はもっと長かったそうで残っているのは7.5mだけ

P1070161

教皇にも皇帝にも貧乏人にも死は分け隔てなく訪れるってことですね。

P1070164

他にも聖クリストファー(全世界の罪を背負うイエスを運ぶ)の像。私は初めて見た。

P1070154

内部はこんな感じで、上にパイプオルガン

P1070157

ここでは毎週土日午後4時から30分のオルガンコンサートがあり、この日もほぼ満席。

P1070177

曲目は全然わからなかった(^^; 中には1分ほどの短いものがあったけれど、何か組曲の1部?いろんな音色が出せるんだなぁ。。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トームペア

2014-07-27 17:29:24 | 2014年夏欧州ロングステイ

タリンではここが一番の観光名所。ウチが借りているアパートからは城壁沿いに歩いて5分。中世の城壁が壊されないまま、いまだに街を囲っているのは珍しい。後日、他の場所からも撮ってアップします。

P1060994

昔から権力者が住んでいた地域とのことで、トームペア城は今も政府と国会が入っていて見学不可。ロシアのエカテリーナ女帝がこのように改装したそうで、ウィーンはシェーンブルンのマリアテレジア・イエローに対して、エカテリーナ・ピンク、なーんて。

P1070110

城の真正面には帝政ロシア支配時代のアレクサンドル・ネフスキー聖堂。他国支配の歴史を感じさせますね。ロシア正教の中は初めてたけど、カトリックとそう変わらないように見える。

P1060999

ここの広場の観光郵便局の外に立ててある甲冑

P1070003

トームペアは高台になっていて、旧市街を見下ろす展望台がある。旧市街の向こうにはバルト海。帆船クルーズがあるので後日乗ってみるつもり。レンガの丸い尖塔は城壁の見張り塔

P1070009

トームペア内のコフト通りに建つゴシックな邸宅。個人宅ですよ~~~

P1070120

裏側 の通りから

P1070123

1219年建設のエストニア最古の大聖堂。7月29日から始まる国際パイプオルガン音楽祭の会場の1つ

P1070118

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  人気ブログランキングへ  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加