夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

みんなFBに行ったけど・・・

2012-09-30 13:33:52 | 日記・エッセイ・コラム

数年前からリアル世界の友達からFBの招待が届くようになったけれど、私はずっと遠慮してます。1年ほど前にアカウントを開いたものの、数日後に閉めてしまいました。

なんかぎょっとしたんですよね。実名でアカウント開いた瞬間、聞いたこともないような名前がバァーっと出て、みんなあなたの友達かもなんて、キモチ悪~い  でもやってる友達に言わせると、そうやって友達の輪が広がってくのが楽しいんじゃないのってことになる。嫌ならアクセスを顔見知りや家族に制限すればいいってことだけど、私はHNで広く公開できるほうがいいな。

リンクしているブログの中にもFBへ移ってしまった方々がいます。FBはリアルな世界に制限し、FBにブログをリンクして使い分けることもできるわけでしょうが、ブログからFBへ移った方々はブログは放棄状態のようです。両立させようとするとかなりの時間を取られるんじゃないかと思う。

今は日本でもFB大人気だけど、ほんの数年前はMixi全盛でしたよね。Mixiは出会い系だと非難されて自主規制したため使い勝手が悪くなり、ユーザーにそっぽ向かれ始めたところにFBの日本進出で衰退の一途だとか。

セカンドライフとか音楽系のマイスペースなんてのもあった。今はどーなってるんでしょ。プロフェッショナル系のリンクトインもある。

もちろんツイッターもあるし、こういうのに全部参加してたら、それこそ時間がいくらあっても足りない。アメリカではFB疲れが見え始めてるという記事も読みました。みなさん、どういうふうに使い分けてるんでしょうね・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴーグルは人種別

2012-09-28 20:14:23 | 日記・エッセイ・コラム

来週のブール・デビューに備えてゴーグルを購入。つれあいは8月下旬から通ってるけれど、私は6月末に黄斑前膜手術をしたので、プールの水は感染症の恐れがあるとのことで3カ月は禁止でした。解禁になっても再発性角膜びらんにすぐなるので、ゴーグルがあったほうがいい。P1060062_2_2

最近のゴーグルは目の周りにピタッとフィットし、まるで吸盤のよう。これなら水が入りにくいだろうなぁと感心していると、試させてくれとつれあい。

つけてみると、目頭側が浮いて合わないって。鼻ベルトがS,M,Lと付属でついてるから変えてみれば?とやってみたけど、それでもフィットしない。

「これって人種によって違うんじゃないか、目のくぼみとか違うから」とのたまう。そんな大げさな~~~ 

と笑ったものの、実際そうらしいんです。ちょっと調べてみると、アジアンフィットとヨーロピアンフィットという違いがある。しかもゴーグルだけでなく、アイウェア全体に違いがある商品が出てるんですねー。知らなかった。

おそらく進化した水泳用ゴーグルはフィット性を追求するあまり、よけいに顔の骨格の差が顕著になるんでしょう。

でもどうせあんたはゴーグル使わないからいいじゃない

P1060064_2

つれあいの自作像にかけてみた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャングルを開拓

2012-09-26 13:52:03 | 日記・エッセイ・コラム

はぁ~ なんとかハーブの植え替え完了。長い道のりでした。

ジャングル化していた家の前の谷ののり面を開拓し、鉢植えから露地植えにするという計画。ツルや雑草だらけだった幅1.5mくらいののり面。手前は5月頃やった部分。ローズマリー、シソ、ミントと、以前からある山椒と柿の木、それになぜか自生してるニラ。

Cimg3864

まず、除草剤で地面が見えるまでにし、ちょこっとだけ 耕して腐葉土を混ぜて1週間ほどねかせました。石ころが多い荒地だから、ハーブなら育つと思う。

今朝植え替えたのは上の写真の奥。

Cimg3862

真ん中の3つがタイム、セイジ、オレガノ。タイムの前にコリアンダーの芽が出てるけど、見えるかな。こうしておけばロングステイ中に水遣りしなくて済むぞー

のり面の奥はすぐまたジャングルなので、ハーブがいつまで持ちこたえるやら  

それにしても作物を育てるというのは、思いつきではできないもんですねー。さあて今夜はローズマリーとタイムのチキン

追記:クリーピングタイム(奥)とコリアンダー(シラントロ)の鉢植えと発芽(右下)

P1060059

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スターバト・マーテル

2012-09-24 19:28:01 | 2013年冬ロングステイ準備

プラハのオペラチケットの手配をほぼ終えたところです。1つスケジュールが変更になったとのことで、3月22日にスタヴォフスケー劇場で予定されていたオペラ「鍛冶屋」が復活祭コンサートになってる。

その演目はロッシーニの「スターバト・マーテル」。タイトルは耳にしたことあるけど、いったいなんじゃないな?? 調べてみると、ラテン語で「悲しみの聖母は立ちぬ」の意味だそうで、磔刑になったキリストのそばに佇み悲しみに暮れる聖母マリアのこと。だから復活祭に歌われるんですね。

これまでに600人以上の作曲家が曲をつけているんだそうな。一度聞いてみるのもいいかなぁと思っていたら、3月19日には他の会場でハイドンの「スターバト・マーテル」もある。

こっちはプラハ交響楽団の室内楽団によるコンサートで、会場は旧市街内の教会。なんといっても、スヴァトプルク・セムが歌う~~~~

音楽的にはどっちがいいなかぁ。。。。

まずロッシーニのほう(テノールはパヴァロッティ)

</object>


YouTube: Luciano Pavarotti Stabat Mater Cujus Animam Rossini

そしてハイドンのはバロック。私はこっちのほうが好きかも。

</object>


YouTube: Haydn's Stabat Mater "Sancta Mater istud agas"

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペトリスタのためのオペラ

2012-09-22 16:18:55 | 2013年冬ロングステイ準備

13年冬のプラハ・ロングステイ中にパリに行く用事ができそうになりました。それならと、パリのオペラ・スケジュールを探してみると、2月にドニゼッティの「ラ・ファヴォリータ」なる作品が。

つれあいはタイトルは聞いたことがあるそうだけど私はまったく初めてなので、ちょっと検索してみると、なんとドン・ペドロの父アルフォンソXI世とレオノーラ・デ・グスマンのストーリー。タイトルの意味はこの場合、愛妾ですね。

青池保子著「アルカサル」のファンとしては興味津々。レオノーラは国王の愛妾としてかなりのやり手で、国王の死後も正当な王位継承者であるドン・ペドロを亡きものにしようと画策したあげく、死罪になるんです。

早速、あらすじを読んだところ、おやまぁ 悲劇のヒロインではありませんか。しかもドン・ペドロの母である王妃は聖ジャコモ僧院長の娘となってる。ウッソー  王妃マリアはポルトガル国王の王女なのに。

まぁ、オペラのストーリーに史実を期待しても無駄ではあります。他にも「マリア・ステュアルダ」(スコットランド女王メアリ・ステュアート)など、史実を無視したのが結構ある。だからといって、英国王室や英国人が「けしからん!訂正せよ」と言ってますか?日本人の中に「蝶々夫人」の日本語や背景・所作などがへんだとか国辱的だと文句言う人がいるけど、それは狭量というもの。

オペラは音楽が良ければいいんです。そこで動画を探して聴いてみました。なかなか私好み 今回パリの演出ではアルフォンソXI世をリュドビク・テジエ(バリトン)が歌う予定だし、チャンスがあれば是非観たい。

</object>


YouTube: LA FAVORITE ( LA FAVORITA ) - GAETANO DONIZETTI - 2002 FULL ( COMPLETE ) OPERA

ドン・ペドロ自身が登場するオペラもあるんですよ。いつぞや、青池保子さんがエッセイで書いておられた「マリア・パディーリャ」。これをBGMにして「アルカサル」を描いていて、とってもノリがよくペンが進んだと書いておられたように記憶しています。

「マリア・パディーリャ」もドニゼッティ作曲。この作品のあらすじは検索しても見つかりませんでした。ドン・ペドロはバリトン。「アルカサル」のドン・ペドロのイメージからしても、やっぱりバリトンかなぁ。

このオペラ2作品、ペトリスタとしてはいつかは観たいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加