夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

聴き比べ

2011-05-31 14:43:11 | オペラ

「テンダのベアトリーチェ」の最後のアリアでも下げて歌っているヴァージョンがありました。では聴き比べ。

まず、エディタ・グルベローヴァ。やっぱり最高 何度聴いても、出だしから目がウルウルしてしまいます。私にはなぜかとても訴えてくるものがあるんですよね。この澄みきった美しい高音、そして後半の力強さ。こんなにメリハリの利いたヴァージョンは他にありません。

</object>

YouTube: EDITA GRUBEROVA, Beatrice di Tenda, "Ah! Se un' urna...Ah! La morte a cui m' appresso"

ジョーン・サザーランドは「私に墓を建てることが許されるなら」の最後を下げて歌っています。

</object>
YouTube: Deh, se un'urna /Beatrice di Tenda / Joan Sutherland

ジューン・アンダーソンはグルベローヴァと同じく、最後を上げて歌っていて、声の質も私は好きですが、後半が普通というか、流して歌ってるような感じ。まぁ、最後にこんな難しいのを歌うのって大変でしょうね。

</object>
YouTube: June Anderson - Beatrice di Tenda - Final aria

このオペラはyoutubeで探してもあまり見つかりませんでした。去年12月にベッリーニ劇場でマリエラ・デヴィーアがスケジュールされていたんです。1月だったら絶対に行ったのになぁ。。。デセイかチョーフィもいいでしょうねぇ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1オクターブ下げる?

2011-05-29 21:49:47 | 日記・エッセイ・コラム

週末に録画した「テンダのベアトリーチェ」を観ました。ベアトリーチェはディミトラ・テオドシュウ。この歌手は何年も前に「トスカ」を歌ってるのを聴きましたが、ちょっと軋んだ質の声。以前に比べて、体重をかなり落としてますね。声のコントロールも良かったと思います。ただ、私はグルベローヴァのを観ているので、やっぱり劣るなぁ。

気づいたんですが、アリアの一番最後でグルベローヴァが上げて歌っている音を、テオドシュウは1オクターブ下げて歌ってるときがありました。私は音楽はまったくの素人なので、元の楽譜がどうなっているのか知りません。でも、こういう最後の音を1オクターブ下げて歌っているのを他の歌手でも聴いたことがあります。例えば、「ルチア」の狂乱の場のアリアで、グルベローヴァとマリエラ・デヴィーアは上げて歌っている音を、ネトレプコは1オクターブ下げて歌ってます。まぁ、ネトレプコはコロラトゥーラでもないのにやってるわけだから高音が出ないのは当たり前ですけどね  他にも今年のお正月、国営放送恒例のオペラ歌手番組で「椿姫」のアリアの最後で上げるところを下げて歌ってるソプラノ歌手がいました。これなど、あまりに有名なアリアなので、「え?」と思った方も多いんじゃないでしょうか。

それと、音楽的にどういうテクニックなのか知らないんですが、ベッリーニのアリアではスケールをビブラート(?)で歌うのがよくあります。ベッリーニといえばこれ、というほどよく使っているテクニック。ここでもテオドシュウはときどきビブラートをせずにストレートに歌っていました。

このような部分は楽譜はどうなっているんでしょう?解釈の違いとか、歌手の自由が利く幅が大きいんでしょうか。素人には最後を上げて歌ったり、スケールをビブラートで歌うほうが難しいように思えるので、そうしない歌手は単にそれができないってことかな?

最後のアリア「私に墓を建てることが許されるなら」は本当に美しい ベッリーニもモーツァルトとほぼ同じ34歳で亡くなってるとは・・・・。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新PCの個人設定

2011-05-28 15:34:11 | 日記・エッセイ・コラム

新しいノートPCを買いました。なんと10年ぶりくらい!そうです、いまだにXPを使ってたんです。ロングステイにも持ち運びしやすいように12インチのノートにしました。1.4kg。つれあいのマックブックより400gほど軽い。

それで個人設定に手間どってたんです。皆さんは、買ったらそのまま使ってますか?色とかフォントの大きさとかのことです。以前、白地の画面を見続けるのは眼が余計に疲れるということを聞き、私は画面の色を薄緑や黄土色などに変えて使ってます。つれあいや息子に、「なんだ、そのおぞましい色は」などと言われてますが
 私専用のPCなので私の勝手。

XPでは「Appearance」の「Advanced」というところで変えることができたんですが、ウィンドウズ7ではどこにあるのか分かりませんでした。「個人設定」という中であれこれ試しているうちに、やっと「Advanced」と同じ詳細が出てくるところを発見。「デスクトップ」や「アイコン」、「メニュー」、「アクイティブ・タイトルバー」など20項目くらい1つ1つ、私の好みの色や、ボールドのフォントなどに変えていきました。これを終えないことには、真っ白なワードファイルとか目がチカチカして使えませんね。ただ、このブログ作成ページとか、オンライン上の提供側が設定しているページは色が変えられないみたいです。

皆さんも眼には気をつけてくださいね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サボテンの花冠

2011-05-23 18:45:27 | 日記・エッセイ・コラム

サボテンの花が一度に13本 あまり見かけないんじゃないでしょうか。まるで頭に花の冠をかぶっているみたいで、豪華なこと。このサボ、毎年花を咲かせてますが、今までは多くても一度に3本程度でした。サボテンの花は夜9時ごろに咲き始め、翌日午後には萎れてしまう、はかない命。香りも全然ありません。増えるのも子どもをぶくぶく出して増えていくので花は不要なのに、何のために花を咲かせるんでしょう?

P1050751

花といえば近所にある八朔かなにか柑橘系の花が満開で、とてもいい香りが漂ってきて、セビリアを思い出します。セビリアの街はいたるところにオレンジの木があり、2月にはオレンジが石畳にたくさん落ちていました。オレンジの花が満開の頃には、あの甘い香りで街中がむせ返るほどなんだろうなぁ。。。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

知らぬが仏?

2011-05-21 14:44:49 | 日記・エッセイ・コラム

Fairwinds のサイトを見ると、最新は5月13日付の動画。どの程度信頼が置ける団体なのか分かりませんが、ガンダーセン氏は「核燃料棒の破片が見つかっている」というのは「NRC(米国原子力規制委員会)の報告書にある」と話しています。この破片についてはニューヨーク・タイムズも4月7日付で記事にしています、ブルドーザー使って土かぶせたって、ホンマかいな  これって今日のヤフーニュースの「3号機付近で高線量のがれき」と関係あるんでしょうか??

それよりもこの13日の動画では、東電が発表した核燃料プールの写真は自身がこれまで話しているPrompt Moderated Criticality (即発減速臨界)をさらに裏付けるものと話しています。60日後の今も高濃度ヨウ素131が3号機の燃料プールにあるということも裏づけとのこと。

さらに4号機が傾いているって。広島平和研究所のロバート・ジェイコブ准教授も4号機が傾いていると話しています。5月11日付けですが、この夜の日本政府による「4号機の補強工事が前日始まった」という発表は、傾いているということの裏づけではないかとのこと。情報コントロールのことも話しています。

まぁ、詳しくは動画をご覧くださいですが、もー、こーなると、知らぬが仏。 関連記事を追うのはやーめた。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加