夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

漫画家と電子化

2018-01-12 13:11:02 | コミック

私は今も漫画家の大和和紀と青池保子が大好きで、新作は単行本が出るのを待って買っています。大和和紀は「イシュタルの娘」が11月発売で最終回となったばかり。

青池保子の「ケルン市警オド」はまだ連載中で第3巻が楽しみなんですが、意外なお知らせを目にしました。掲載している隔月刊誌が4月号をもって紙版が終了となり、その後は電子書籍専売となるため、それ以降はまだ紙版発行が続く別の月刊誌に移籍掲載するとのこと。

コミック誌が電子書籍となるというのは、漫画家が最初から紙ではなく、PC上に描くのが条件ということ? すでにそういう若手漫画家が多くいるのは聞いたことがあります。60代後半のベテラン漫画家もそうすればいいだけのこと・・・でしょうか?

電子化コミック誌で連想するのは、かつてよくあった人気漫画のテレビ連載や映画化です。例えば「あしたのジョー」はテレビ連載でもものすごい人気でしたよね。あれは、紙版原作とテレビ化された絵があまり違わなかったからだろうと思うんです。

ところが、「ベルばら」や大和和紀の「はいからさんが通る」のテレビ連載はひどいもんでした。一番の原因は、絵が全然違うからです。紙版原作の繊細なペンのタッチがテレビではまったくのベタ。 登場人物が原作とは似ても似つかない顔になってる。あれでは原作を読んでいるファンは見る気もしない。いろんなペンを使い分けている漫画家、繊細で勢いのあるペンを得意とする漫画家の絵ほど、テレビ化されるとがっかりするんです。この点、男性漫画家の絵のほうがテレビ化しやすかったんでしょう。

今年、「はいからさんが通る」の劇場映画が公開されるけれど、予告編を見ても、やっぱり絵が原作と全然違う。ペンのタッチどころか、作画自体が原作とかけ離れてる。原作の絵があんなベタで、単にかわいいだけだったら、私は最初から読んでない。

テレビ連載からもう40年近くたって、電子化されているのに、まだこの程度の技術でしか原作を表現できないのかってことです。

それを思うと、自分の絵が確立しているベテラン漫画家がPC上で描く気になれないのは当然でしょう。漫画はストーリーだけではなく、個々の漫画家の絵が魅力的だからこそ、読まれるんです。青池先生、紙版の別誌移籍後も応援してますよ~~

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜホリデーシーズンに家を... | トップ | 備中神楽@吉備津神社 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Chee)
2018-01-13 09:44:33
私ははいからさんをアニメの方から知った世代です。ベルばらも自分から買うほどでは無かったですが、誰かのお姉ちゃんが持っているのを部分的に読んでいたので、あの時代のペンタッチ、アニメ化との違い、何となくわかります。脳内ではキレイな絵になっているのですが、実際にマンガ見てみると、いい感じの雑さがあって、あれがいいです。^^

私は仕事でペンタブレットを使う人ですが、あれでは普通のペンは再現できません。自分でも色んなタッチに挑戦してみたんですよ。設定色々変えて。そのURL貼っておきます。
個人的にはデジタルを使うのはインクを使うと同じと割り切ってはいますが、ソフトやコンピューターの能力に縛られないように、相当工夫しないといけません。
私は両親がパースとエアブラシの名人なんですが、CGで物理計算的には完璧なはずなのに、あのアートが再現できないのと似ています。

アナログの技術がある人たちにはできるだけ作品を残して欲しいです。つれ合いさんにお伝えください。^^
Unknown (cachaca)
2018-01-13 16:11:32
Cheeさん
実際に使ってる方から見ても、やはりデジタルとアナログでは同じものは描けないわけですね。
漫画家はカラーで使うインクや絵の具も印刷での発色の違いが大きいので、好みの色が出るものを探して使っているそうです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コミック」カテゴリの最新記事