夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

「運命の力」マリインスキー本館@サンクトペテルブルグ

2017-10-03 14:02:08 | オペラ

マリインスキー本館(1860年)の正面広場は今、地下鉄工事中なので、撮影はこちら側だけ。

外壁と内装の色は淡い青緑で、プラハのスタヴォフスケー(モーツァルトが「ドン・ジョヴァンニ」初演)と同じ。規模はこっちが大きいけど、椅子の背もたれにクッションがない。それと夜はすでに気温10度以下(9月24日)なのに暖房が入ってない。換気用の空調なのか、時折冷気が流れてきて、フロア席最前列は寒いくらいでした。

「運命の力」は何年も前にNHKで放映されたマリインスキー劇場のをビデオ録画してたんです。演出も今回と同じ(1998年プレミアとのこと)で、観ていて懐かしくなりました。20年近くレパートリーとして上演してるんですねー。このオペラはマリインスキー(当時の皇室劇場)がヴェルディに依頼して書かれたもので、3人全員死ぬ初演版。左からカルロ、アルヴァーロ、指揮者、レオノーラ、プレツィオジッラ、グァルディアーノ神父、コミカルなメリトーネ

カルロ役は2日前に「リゴレット」を歌ったヴラジスラフ・スリムスキー。本当に素晴らしい声だし、役作りがうまいですねー。アルヴァーロは絞ったような声で私は好きじゃない。ウチがビデオで観ていたグリゴリアンとは雲泥の差。

そして、レオノーラ役は余裕だなぁと思ったら、マリア・グレギーナ。ビデオではガリーナ・ゴルチャコーワが歌っていて、可憐さのうえに芯の強さが出ていたように思います。でもグレギーナは大喝采浴びてましたよ。この人、顔も派手ですよねぇ~。

こうして歌劇場に足を運んでも、歌手陣全員が素晴らしいというのはなかなか出会えないですが、それでも、生で観る臨場感はテレビ画面とは違うなぁと改めて思ったことです。

Donna Leonora: Maria Guleghina
Don Carlo: Vladislav Sulimsky
Don Alvaro: Avgust Amonov
Preziosilla: Natalia Yevstafieva
Padre Guardiano: Mikhail Kit
Fra Melitone: Andrei Spekhov

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「リゴレット」マリインスキ... | トップ | 「ラ・シルフィード」マリイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

オペラ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。