夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

聖人戦士のイコンとビザンチン教会@世界遺産メテオラ、ギリシャ

2017-09-07 03:45:43 | 2017年夏ギリシャ&ロシア長期旅行&準備

3日目のメテオラでは尼僧院アギオス・スタファノスへ行きました。ここの教会には戦士のイコンが描かれてるんです。驚いたんで撮影禁止なのにこっそり撮ってしまいました。

8人もいて、どれも聖人です。他では見たことないし、どうしてなのかなぁ?としばらく不思議でした。

数日後、テッサロニキの、これまた興味深い教会(後日アップします)で、理由を教えてもらことができました。これらの聖人はローマ時代に戦士であったのが、キリスト教徒となったのち、殉死した人たちだそうです。ギリシャ正教で最も有名なのは聖ディミトリアスとのこと。

アギオス・ステファノスはバスを降りるとすぐ前にあり、階段なしなので大勢来てます。

イコンの素晴らしさ(私的に)からいうなら、カランバカからアギア・トリアダへのトレッキング入り口近くにある、ビザンチン教会。11世紀にたてられた教会なので15~6世紀のメテオラのものより素朴な建物。

でも中のイコンは圧倒的です。一歩足を踏み入れると、壁から天井から柱からびっしりと描かれてる。アギオス・ニコラスを描いたテオファネスの息子のほうとのことですが、息子のほうがはるかに素晴らしい。

初日に参加した半日ツアーのガイドによると、イコンの顔の口が小さいのは食べ物ではなく精神の糧で満たされるべきであり、また口数は少なくすべきだから。そして神の声をよく聞くために耳は大きく描いてるんだそう。

ところでメテオラへはレンタカーはやめたほうがいい。駐車場が狭いので道路両側にツアーバスや車がこんなに停まってるんです。

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僧侶用ロープウェイがあるア... | トップ | べからずばかりのB&B@世界遺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2017年夏ギリシャ&ロシア長期旅行&準備」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。