夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

アスコルビン酸をお風呂に使ってみると

2017-05-18 17:23:10 | 日記・エッセイ・コラム

日本の水道水の塩素除去として、お風呂にアスコルビン酸(ビタミンC)を入れるようになってひと月経ちました。理由は私の肌のため(ココ)。

買ったのは一番小さな300gの粉末(700円)で、計量スプーンが付いてきます。1回約2gの使用量なので、まだまだ残ってます。

経過はどうか? あごの下の「はたけ」はほとんどなくなりました。ざらつきが少し残ってるだけ。ヨーロッパや中国滞在中の時のように完治までいかないのは、週1回の水泳のせいではないかと思います。プールの水は水道水以上に塩素濃度が高いですし、毎週1時間20分は浸かってますからねー。でもはたけのために水泳をやめるわけにはいきません。

もう一つ考えられるのは、日本の水道水から塩素を除去しても、地下水を使っている国の水道水に含まれるミネラル分がないからかも。

行きつけの美容師さんにこの話をしたら、アスコルビン酸のことはよく知ってました。アトピーの子供のために山の湧水(つまりミネラルウォーター)をポリタンクにたくさん汲んできて、その水を張ったお風呂に入れるとものすごく改善するというお客さんの話もしてくれました。やはり塩素を使った水道水が肌に悪いという人もいるということです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライムの花が咲いた | トップ | 老けて見える肩から首の線 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Chee)
2017-05-19 12:18:48
おおお!やっぱり関係ありそうですね。
今行っているThe Yのプールは塩素じゃない方のシステムですが、家のシャワーでなんとなくダメージ感はあるんですよ。シャワーヘッドに入れられる式もあるみたいなので、今のがダメになったらそういうのにしてみたいです。
Unknown (cachaca)
2017-05-19 14:47:08
Cheeさん
>The Yのプールは塩素じゃない方のシステム
これはどうやってるんでしょう?
南仏のホテルの屋外プールでは海水のようにしょっぱかったです。昨夏のバリ島のやこの冬の中国のホテルのはしょっぱくもなく、塩素もなかったので、どうやってるんだろうと不思議だったんですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。