夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

虹に乗る10代のキリスト像@テッサロニキ、ギリシャ

2017-09-13 17:24:22 | 2017年夏ギリシャ&ロシア長期旅行&準備

テッサロニキでもっとも興味深かったのは Osios David という教会。テッサロニキの旧市街の中にひっそり建ってます。旧市街は高台にあり、城壁が一部残ってます。

城壁から海側を見下ろせる。オレンジ色の屋根がまとまってるあたりが旧市街で、ここはごみもなくきれいでした。

Osios David はとても小さな教会で、たまたま入っただけ。若いガイド(修道士ではない)がいて、英語で説明してくれました(訪問者はウチ二人だけ)。テッサロニキで初めて建てられたキリスト教会(紀元4世紀)。建てたのは皇帝ガレリウスの娘と言い伝えられているそう。反キリスト教の父皇帝に内緒で洗礼を受けたため、岩をくりぬいた洞窟のような小さな教会になってる。

ガイドによると、特筆すべきはキリスト像。たいてい髭がある青年として描かれているのに、ここのは髭がなく、10代の少年のような面立ち。しかも虹に乗ってる。そして全体が目の形になっていてキリストが瞳。神が見守っているという意味だそう。珍しいですよねー。

もう一つ有意義な修道院と教会があります。聖書に、使徒パウロが布教と洗礼をしたと記載されている場所。これが教会。修道院は立ち入り禁止。

中には使徒パウロのイコンが掲げられてる。

こういう場所があるのにどうして観光に活用しないんでしょうね? ガイドブックには海際のホワイトタワーが真っ先に乗ってるけど、ああいうのはよそでも見れるのに。

ちなみに、城壁へ行くのに乗ったタクシーの運転手はとてもシニカルでした。「テッサロニキで行くべきところは空港さ。荷造りしたらさっさと飛び立つのが一番だよ。ギリシャはお先真っ暗だから。 え?エーゲ海の島々? あそこはこのへんとは別のギリシャさ。 どこに移住したいかって? アメリカも日本もごめんだよ。 まぁニュージーランドかカナダだなぁ、カネがあればね」

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューエイジB&Bとビザンチン... | トップ | 陽光のギリシャから冷たい雨... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (chee)
2017-09-14 22:26:06
珍しいですね~。これは観てみたい観光客も多いでしょう。
目の形のデザインも面白いです。後光がちょうど瞳の模様になっていますね。でもタクシーの運転手さんが一番面白いかも。
Unknown (cachaca)
2017-09-15 01:17:10
Cheeさん
このキリスト像は本当に珍しいでしょう? 観光にもっと活用すればいいのにねー。
タクシーの運転手さん、アメリカのことも言ってましたよ、「あんなカツラ大統領で気の毒だなぁ。。。でもヒラリーだったらとっくに戦争おっぱじめてるだろうから、マシと思うしかないな」 (爆)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2017年夏ギリシャ&ロシア長期旅行&準備」カテゴリの最新記事