夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

クレムリンでみたケチな日本人オヤジ@モスクワ

2017-09-24 04:48:12 | 2017年夏ギリシャ&ロシア長期旅行&準備

クレムリンにはものすごい数の外国人観光客が来ています。サンクトのエルミタージュ美術館よりはるかに多い。赤い壁の中に入れば大統領官邸・大統領府がすぐそばにあり、観光客を隔てる壁や柵はありません。

この日、プーチン大統領はいたようで、ロシア国旗がはためいてる。警備兵が立っているけれど、ずらっと並んでるわけではなく、ポツンポツンといるだけ。こんなに手薄な警備で大丈夫?と心配してあげたいくらい、大統領は身近です。

 

観光客が内部見学できるのは聖堂や宮殿など5か所。別途料金を払えば武器庫とダイアモンド庫にも入れるけど、私は興味なし。聖堂も1つ見ればあとはどれも似たようなもんです。

ウスペンスキー大聖堂の内部

こんな曼陀羅のようなイコンもある。

いろんな国の団体客がガイドと一緒に回ってます。アジア人団体客も多く、ほぼ全員が中国人。そんななか、ロシア人ガイドが日本語で説明するのが聞こえました。あまりに珍しかったのでそばに寄ってみると、8人ほどの日本人シニア団体。へぇー日本人ツアーも来てるんだと、しばしそこで聞くともなく聞いてたんです、ほんの2,3分ですよ。

ふと気が付くと、70歳くらいの男性が私を見て、手で追い払うような仕草をしてる。目線が合ってもその仕草をやめない。どうやら私が日本人だとわかって、ガイド料払ってないくせにただ聞きするなということらしい。

こういうのを、ケツの穴の小さいヤツっていうんです。

これまでいろんな国の観光地でガイドツアーに出くわしましたが、こんなヤツ初めて。例えば英語ツアーはどの国でも必ずあるので、聞こうとしなくても聞こえてきます。英語ガイドも参加者もそんなことは百も承知で、時々誰かが聞き耳立てていても、追い払おうとする人なんていませんよ。ガイドツアーにずっとついて回るわけじゃなし、たった数分間立ち聞きされたからといって追い払おうとするケチな同胞がいるなんて、こっちが恥ずかしくなりました。

クレムリンにはこんなものも展示されてます。鐘の皇帝・・・世界最大の鐘。1735年、鋳造中に火災があり、消火しようと水を掛けたらこんなふうに欠けちゃったそう。

大砲の皇帝・・・1586年鋳造されたものの一度も使われてないそう。ここで写真を撮ってるのはベトナム人女性たち。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ  

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖愚者のワシリイ寺院とオペ... | トップ | 「海賊」マリインスキー新館... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しろちゃん)
2017-09-24 14:46:32
びっくりしました。私も40年前、ローマで同じ目に遭ったからです。家内とコロッセアムの中を歩いていた時、日本語が聞こえるので近寄っていくと、日本人のツアーの一行でした。日本人ガイドが説明しているのを二人で聞いていたら、ガイドがこちらを指さすではないか。「え、なに」と思ったが、次の瞬間、ただ聞きはダメ、あっちに行きなさいと言っているのがわかった。腹をたてるというよりも、日本人の料簡の狭さに呆れました。
Unknown (cachaca)
2017-09-24 19:24:54
しろちゃんさん
なんと40年前でもそうでしたか。しかもガイド本人がそういうとは!
>腹をたてるというよりも、日本人の料簡の狭さに呆れました
本当にそうですよね。
Unknown (monk)
2017-09-25 22:45:32
あらまぁ!それはなんともケチくさいですね。

でも、ヴェネチアのドゥカーレ宮殿のシークレットツアーという、宮殿の裏側を見せるツアーの値段を検索していて、ビックリしたのですが、英語・イタリア語・フランス語のツアーは20ユーロ~23ユーロなのですが、日本語のツアーは75ユーロ~90ユーロと、すごいボッタクリです。(裏側は、ガイド同伴でないと見ることができません)

他の条件が違って、何か特別なオプションがあるのかと思ったけど、特になさそう。日本語であるというだけ。もちろん、貸し切りツアーでもない。
だから、行く前に勉強して大体の内容を把握してから英語のツアーに申し込もうと思います。

Unknown (cachaca)
2017-09-26 00:05:14
monkさん
そんなに差があるんですか。日本人はそれくらい払うだろうと踏んでるんだと思います。シークレットツアーはカサノヴァが入ってた牢獄とかですよね。ウチは行きませんでしたが、前もって予約入れておくほうがいいでしょうね。ヴェネチアは春先もイースターでものすごい人出でしょうから。
溜息橋は見ました (cachaca)
2017-09-26 18:19:05
monkさん
ドゥカーレ宮殿ではウチは牢獄は見たし、溜息橋も渡ったんですよ。ここにカサノヴァが入っていたという牢屋は見てないです。2014年のことです。
シークレットツアーでしか見られない部分は具体的にどこなんでしょうね?
Unknown (monk)
2017-09-26 23:03:31
説明を抜粋すると
「シークレットツアーはガイドが1階の鍵のかかった扉を開け、そこからスタートします。・・・通称「井戸」と呼ばれる小牢獄。・・・総督の書記官と十人委員会の密文書副書記官の部屋・・・秘密文書大臣の部屋・・・拷問部屋・・・「鉛牢獄」(カサノヴァはここに入れられた?)・・・武器、弓矢などの展示室・・・ティントレットの絵画で埋め尽くされた「尋問官の部屋」・・・「3司法官の部屋」→10人委員会の間にしつらえた秘密の扉」という順路で回るようです。その後は、一般の宮殿見学を自由にすることができるようです。

晩には、この牢獄(のホール。写真で見た感じでは、秘密文書大臣の部屋っぽい)でのコンサートというのもあるらいいです。
Unknown (cachaca)
2017-09-27 04:17:05
monkさん
カサノヴァの牢屋とかではなく、もっと秘密の部屋なんですね。それは面白そう!
コンサートもよさそうじゃないですか。室内楽ならmonkさんの分野だし、きっと楽しめるでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2017年夏ギリシャ&ロシア長期旅行&準備」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。