夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

レクダンスと大理古城のシニア健康ダンス

2016-10-13 13:11:45 | 日記・エッセイ・コラム

ジャズヴォーカル発表会は公民館文化祭の一環で、他にもいろいろやってました。その中でレクダンスというのがあり、一体なんだろ?と見学したところ、レクリエーション・ダンスの略なんだって。

歌謡曲に合わせて手足を動かしてます。先生が言うには歌は何でもよく、振り付けも自由にやればいいんだそう。要はシニアが体を動かすこと。それってどこかで見たような・・・そうそう、今年中国雲南省の大理古城でみたシニア健康ダンスと一緒じゃないの。こういうみんなでそろってやるの、欧米では見ないですが、健康にはいいことですよね。

それと混声合唱も見学しました。

ここも大半は女性です。ただ、他のコーラスに比べて年齢層がそれほど高くない。他のはもう70代以降ばかりなんですよ。

日本の歌だけでなくクラシックも練習しているそうで、発表会ではモーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」。ウチはウィーン滞在中にモーツァルトがこの曲を書いたバーデンへ行ったことがあります。

この混声合唱は男性が少ないのが残念ですが、澄みきった美しいメロディをまずまずの合唱で歌っていました。私も入れてもらおうかな。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャズヴォーカル発表会~! | トップ | 陽水を連想した »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Chee)
2016-10-13 21:28:45
ダンスに歌に、体にも精神的にも良さそうですね~。
私も興味が出てきました。いいお友達ができそうで。
Unknown (cahaca)
2016-10-14 14:39:23
Cheeさん
いつだったかプラシド・ドミンゴがオペラ歌手はアスリートと同じだと言ってました。
世界的テノールを引き合いに出すのは失礼極まりないですが、歌うのって体を使うんですよねー。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。