夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

今死んでも悔いはない

2017-07-17 09:46:12 | 日記・エッセイ・コラム

「そんなところへ行ってテロにあって死んだらどうするの?」

そう言われたのは公民館のジャズヴォーカル講座。10月に発表会があるので8月と9月に追加練習が予定されてます。それに参加できない理由を聞かれ、ロシアに行くと言ったら「えー?地下鉄でテロがあって大勢死んだところでしょ?」となり、上記につながったわけ。シリアやイラクじゃなく、ロシアよと言うと、「海外ってどこも怖いわぁ」とのこと。この二人(50代と60代の女性)、海外は一度も行ったことがないそうです。

彼女たちには言わなかったけど、私はね、もう死んでもいいんですよ。これまでやりたいように生きてきたので人生悔いなし。今からでも是非ともやっておかねば死ねないとか、やり残した、ということは凡人の私にはもうないんです。

もう余生なんですよ。ただね、やりたいことはなくても、行ってみたいところはまだ少しあるんです。行ってみたいのにやめて、「安全な」日本で生きながらえるか、テロに巻き込まれて死ぬ可能性があるけど行けるうちに行くか、どっちがいいかといえば、私は後者。

長生きしたいとも思わないですしね。行きたいところがあっても自主規制して、体(私の場合は眼が先か)が不自由になるまで長生きし、一日が長いと言いながら暮らしたいとは思わない。すでに遺言も作ってあり、出かけるときは毎回そのことを息子に話して出かけます。

人間、後悔するのは、やりたいことをやって失敗したことではなく、やりたかったのに誰かに止められてやらずに終わったこと。あの時思い通りにやっていれば今とは違う人生だったかも、というのが一番悔やまれる・・・・・そう思って生きてきました。 

親が反対しようと自分のやりたいように生きてきた私は何も後悔することがない。だから今死んでも悔いはないんです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

ジャンル:
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストーンズは努力してる | トップ | 残り物メロンのスープ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しろちゃん)
2017-07-17 10:33:43
まったく同感です。
Unknown (monk)
2017-07-17 13:14:27
あ、それ私も同じこと言われました(笑)

まぁ、一緒に行くのが高校生の娘だから、私みたいに余生じゃないし、ちょっと考えたりはするんだけど、彼女(娘)曰く「日本にいても、交通事故にはあうし、いきなり変な人に刺されるかもしれない。だったら、やりたいことを今のうちにしておきたい。それに、会社に勤めたらおいそれと海外に行ってるヒマないかもしれないし。大学合格~大学生の間に、海外の行っておきたいところに行ってみたい。」だそうです。
Unknown (cachaca)
2017-07-17 14:50:20
しろちゃんさん
そういえば同じようなことをご自分のブログにも書いておられましたよね。
Unknown (cachaca)
2017-07-17 14:57:21
monkさん
イタリア行きでもそんなこと言われたんですか?
ちょっと怖がりすぎと思いますが。
娘さんは肝が据わってますね。ほんと、日本にいても危険はありますよ。では今後娘さんの大学4年間にあちこち旅行三昧できそう。娘と二人でというのはよく聞きますよね。
Unknown (Chee)
2017-07-20 07:22:35
私は旅行派では無いですが、お気持ちはすごくわかります。
若いうちからできるだけ自由を選んで、失敗してスッカラカンになったらその時はその時だ~みたいな生き方です。笑
上でも書かれていますが、日本も怖いですよ。痴漢みたいなのが多すぎます。
Unknown (cachaca)
2017-07-20 12:39:57
Cheeさん
ウチは今は旅行となってますか、ビジネスでも何でも自分のやりたいことがある人はそれをどんどんやればいいんですよ。
誰かにリスクがあるとか言われても、自分で納得し、本当にやりたいことならやったほうが後悔しないと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。