夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

セビーリャといえば「カルメン」

2011-02-24 18:44:28 | スペイン小旅行

オペラ好きにはセビーリャといえば「カルメン」と「ドン・ジョヴァンニ」が思い浮かぶことでしょう。特にカルメンではタバコ工場と闘牛場が出てきます。ゼフィレッリがセットを担当した「カルメン」(ドミンゴとオブラスツォワ、それにエスカミーリョのマズロクがカッコいい)では、最後のシーンはマエストランサ闘牛場そっくりの外壁をバックにしていましたね。

P1050088_2

見学はツアーのみなので参加してみました。ガイドはその名もカルメンさん  今の形式の闘牛は意外にも遅く18世紀後半に始まったそう。ビゼーの頃は闘牛士は花形だったんでしょうね。アレーナは思っていたほど広くない。砂かぶりの最前列は臨場感たっぷりだろうな  ふと、ハエンの闘牛場で雄牛と格闘する羽目になったエーベルバッハ少佐と伯爵を思い出して可笑しくなった。

P1050071

セビーリャでもう1つ見逃せないのがフラメンコ。ゼフィレッリの演出にもフィーチャーされてました。ホテルから歩いて1分のところに老舗のロス・ガリョスがあるというので行ってみると小さなタブラオ。冬場なので40人ほどしか入ってなく、その3分の1を日本のテレビクルーが占めている。撮影ならば客の入りが悪くても本気のパフォーマンスを見せてくれそう。思った通り、若手の男女1人ずつが熱いフラメンコを踊ってくれた。と、ここでテレビクルーはさっさと引き上げる。その後はダンサーがお仕事モードになるかと思ったら、ベテラン勢の女4人男1人のフラメンコはさらに情念がこもっていて、最後まで目が離せなかった。踊るのが好きでたまらないという気持ちが感じられる。それにしても日本のテレビクルーは一番おいしいところを見逃したわけだけど、どこのテレビ局だったんだろ?

さぁて今夜はまたウィーン歌劇場です。どうなりますやら

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バルセロナの道はスリの道

2011-02-15 03:10:10 | スペイン小旅行
な~んて、一昨日読み終えたばかりの番外編「ローマの道は暴利の道」にちなんで
つれあいが早々にすられてしまいましたぁ

サグラダファミリアが見える公園で、身障者救済の署名活動を名乗って署名させた上で、IDを見せてほしいといわれて、うかつにも財布を出したその瞬間の素早い出来事。わたしゃ、そんなの興味がないとハナから相手にしなかったけど、つれあいは身障者という言葉についつられちゃったらしい。あほ~  

しかもすられたこと自体気づきもしなかったんですよ。ご丁寧にも、周りでみていた地元民が寄ってきて、「あんた、すられたよ」と教えてくれた。それでも「え、まさか」とつれあい。

財布を取り出してみると、やっぱり  持ち合わせの現金170ユーロがぱぁ。。。。「くそ~」と言っても後の祭り。「まぁ、プロのお手並み拝見料と思って」となだめた私でした。

ということで皆様もお気をつけて。これからオペラに行ってきまーす


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

風邪をおしてバルセロナ行き

2011-02-13 21:24:41 | スペイン小旅行

2月10日午後から急に悪寒がして喉が痛くなりました。熱も出て、11、12日とダウン。日本から風邪薬のPLとムコダインを持ってきているのだけれど、熱がなかなか下がりません。12日お昼頃は38度もあったし、今朝13日もまだ37度。鼻水はほとんどないので、もしかしてインフルかも??でもさっきは36度まで下がってるので、夕方の飛行機で予定通りバルセロナへ行くことに決定 明日14日のリセウでの「アンナ・ボレナ」だけでも観たいと思ってます。それまでにつれあいに風邪がうつったら、アンダルシアはやめて15日にとんぼ返りになりそうです

ウィーン国立歌劇場のレビューサイトを見つけました。ドイツ語ですが、自動翻訳で英語にすればおおよそのことは分かります。デムーロはがんばってはいるが声量不足、ムーラは特に3幕がよかった、ムゼッタ役のマリンはまずまず。

http://diepresse.com/home/kultur/klassik/630321/Staatsoper_Viel-Schluchzen-in-La-Bohme?_vl_backlink=/home/kultur/klassik/index.do

「ラ・ボエーム」の翌日からの「ロミオとジュリエット」はさらにひどく「Ferlgriffe(間違いだらけ)」とあります(某日本語ブログでは声が飛んでこないとのこと)。「ウェルテル」も雑で繊細さに欠けるとの評。私が自動翻訳で読んだのはこの3つだけど、興味あるかたはどうぞ

http://theoperacritic.com/company.php?company=vso

世界一流の歌劇場であれば、やっぱり一定の水準を期待するわけです。声が飛んでくるというのは最低条件だと思うんですけどねー。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加