夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

教会が増えている

2017-05-24 17:18:41 | 日記・エッセイ・コラム

公民館のヴォーカル講座のメンバーの一人はよそでゴスペル講座にも参加しているそうです。場所は市内の教会とのこと。そういえば、ここ10年くらいの間に教会がたくさんできてます。

カトリックではなく、何らかのプロテスタント教会。ゴスペルに行ってる人に何派なのか尋ねたら、「さぁ~?」 歌うだけなので特に宗派とか気にしてない様子。その人は3か所くらい別々の教会のゴスペル講座に通っているのに、キリスト教に改宗したわけではまったくないんですね。ただ歌いに行ってるだけ。

ウチがよくいくイタリアン・レストランも教会の敷地内にあるんだけれど、カトリックではありません(イタリアンなのに)。レストランの壁に教会の催しなどが貼ってあり、見ると英会話やゴスペル、クッキングなどいろんな講座があり、まるでカルチャースクール。オーナーシェフもキリスト教徒ではないそうで、単に場所を借りているだけとのこと。

ウチから1.5kmほどのところにも真新しい教会ができていて、時々、フリーマーケットなど催しのチラシが配られてきます。ここの牧師は30代と若く、ギター講座までやってる。教会の名前からして、エリック・クラプトンのファンではないかと・・・ 教会なので一応聖書とか礼拝のお誘いも書いてますが、講座などコミュニティ向けのほうに人が集まってるようです。

これってどういう現象なんでしょう? 人は何らかのつながりを求めるものですよね。そういうニーズがあるところへ、うまく教会が入り込んだということなんでしょうか?

日本なので、本来ならばお寺がコミュニティ向けのことをやってるべきでしょうが、昔ながらの檀家組織はなくなり、コミュニティはほったらかしです。お寺はお葬式と法事のビジネスといわれてもしょうがない。 

近所にお寺があっても住職なんて全然知らないし、お葬式が必要になって初めてお寺を探すという人が多いんじゃないでしょうか。お寺もコミュニティ向けのことをやり始めないと、人はどんどん教会に流れていくでしょう。今は改宗してなくても、教会でのコミュニティ活動が好きになるにつれ、いずれは改宗しお葬式も教会でという人が増えていくかもしれませんね。

さて下はズブロッカの空き瓶にポピーとヤツデです。

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

老けて見える肩から首の線

2017-05-21 14:14:58 | 日記・エッセイ・コラム

去年くらいから気が付いてることです。私と同年代(60~62才くらい)の友達の中に、すでに肩から首が前に出ている人が何人かいるんです。昨日ランチした友達もそう。

どう表現したらいいのかな? 横から見ると首が前に出ているというか曲がってる。背中も腰も曲がってないのに、首だけ前のめりになってる感じ。そして肩の上に贅肉がついて丸く盛り上がってる。これで一気に老けて見えてしまうんですよ。

みんな毎日だらだら過ごしてるわけではなく、フルタイムの仕事持ってる友達です。デスクワークばかりでもない仕事なのにああなるのは何も運動してないからでしょうか。ウォーキングさえしてないようです。

人のフリ見て我がフリ直せ

私も気を付けないといけません。私はメイクもしないし、両眼の黄斑前膜手術とそれによる長い間のストレスで、眉間や眼の周りのしわが多いことを十分自覚してます。だから姿勢だけでもあまり老けて見えないようにしたいと思ってます。

調べてみると、背筋と肩甲骨のあたりの筋力を鍛えたほうがいいそうです。具体的には腹ばいになっておへそより下に固い枕を当て、上半身を起こす。これは私はすでに毎朝の運動でやってますが、起こしたときに両腕をWの字になるように横に開くとさらにいいとのこと。水泳の平泳ぎですね。

60代になって運動を始めても十分効果が出るんです。ある友達はジムに毎週通い始め、トレーナーのプログラムに沿って運動してます。反復横跳びなど、ぐんぐん回数が上がってきているとのこと。

顔は無理だけど、姿勢だけでも若々しくしていたいもんです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アスコルビン酸をお風呂に使ってみると

2017-05-18 17:23:10 | 日記・エッセイ・コラム

日本の水道水の塩素除去として、お風呂にアスコルビン酸(ビタミンC)を入れるようになってひと月経ちました。理由は私の肌のため(ココ)。

買ったのは一番小さな300gの粉末(700円)で、計量スプーンが付いてきます。1回約2gの使用量なので、まだまだ残ってます。

経過はどうか? あごの下の「はたけ」はほとんどなくなりました。ざらつきが少し残ってるだけ。ヨーロッパや中国滞在中の時のように完治までいかないのは、週1回の水泳のせいではないかと思います。プールの水は水道水以上に塩素濃度が高いですし、毎週1時間20分は浸かってますからねー。でもはたけのために水泳をやめるわけにはいきません。

もう一つ考えられるのは、日本の水道水から塩素を除去しても、地下水を使っている国の水道水に含まれるミネラル分がないからかも。

行きつけの美容師さんにこの話をしたら、アスコルビン酸のことはよく知ってました。アトピーの子供のために山の湧水(つまりミネラルウォーター)をポリタンクにたくさん汲んできて、その水を張ったお風呂に入れるとものすごく改善するというお客さんの話もしてくれました。やはり塩素を使った水道水が肌に悪いという人もいるということです。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ライムの花が咲いた

2017-05-16 15:29:35 | 日記・エッセイ・コラム

ライムの木を植えてもう何年になるかなぁ??? 虫にやられて枯れそうになったり・・・・・なにしろこんなところにほったらかしなので

これまで花もあまり付いてなかったんですが、今年はいくつも咲いてます。

ライムの木の横にはコモンセイジの紫の花とチェリーセイジ、後ろはパイナップルミント

その横にはタイムの白い小花とオレガノ、その後ろはクチナシの木と何かわからない白い花、手前はイタリアンパセリ

またその横の白いレース状の花はシラントロ(コリアンダー)

ライムを植えたのはマルガリータに生のライムを使えればと思って。ウチのあたりのスーパーでは売ってないんですよ。ちゃんと実がなるとうれしいけど。。。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

目薬を自分でさせないヤツ

2017-05-13 11:00:45 | 日記・エッセイ・コラム

両眼に病気を抱える私と違い、つれあいの眼は極めて健全。近視でもないし、75歳(ウチは年の差夫婦)にして白内障でもない。それが1週間ほど前から右眼がヒリヒリしょぼしょぼするようになったそうで、心配で眼科に行ってきました。

私がしょっちゅうなる角膜びらんではなく、ただの花粉症アレルギーとドライアイと言われ、つれあいも安心。抗炎症と抗アレルギーの目薬を2つもらってきました。1日4回さすんだけど、怖くて自分でできないというんです。

目薬なんて私など片手でさせますよ。目を開けて目薬をぽたっとたらせばいいんだから。

これまで目薬に縁がなかったつれあいは、寝転んでから、私にさしてほしいというんです。それも私に指で目を開けてもらいたいと 呆れながらつれあいの目を開けて、目薬をさしてやると、1滴目に落ちた瞬間、体がビクッとする  

もう3日目ですが、まだビクついてる。目薬は2週間ほど続きそうなので、その間に自分でさせるようになるかしら?

さて、前回のチェリーセイジの花は1日で落ちてしまいました。でも同じ枝からすぐに新しく咲き始めたので、普通のセイジ(いま紫の花が真っ盛り)と小菊で生けかえました、つれあいが。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代の生き方へ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加