夫婦で遊ぶ熟年ライフ

私は眼の病気、つれあいは脚の不具合。互いに補いながら残りの人生を楽しんでいこう。

トシを感じる旅支度

2016-07-29 15:21:41 | 2016年夏バリ島3週間&準備

出発はちょうど1週間後。33年前の東南アジアへのバックパック旅行では考えもしなかったよなぁというものを揃えている自分がいます。。。

おすだけベープ、蚊取り線香、ムヒの虫よけムシペールα、ムヒS軟膏、エタノール(狂犬病の臨時処置)

これらは、近年、ラオスやミヤンマーを含め東南アジア全部を制覇した友達(夫婦二人旅)が勧める必需品です。

33年前、こういうのは何も持っていきませんでした。宿も最初のバンコクだけ日本から予約。あとはタイからマレーシアを回り、スマトラからジャワ、バリと行き当たりばったりの安宿だったので、エアコンなどなく、虫も蚊もいたはず。デング熱だってあったはず。狂犬病もあったはず。

だいたい、そんな病気があるとも知らずノーテンキに出かけましたからねー。それでも何も問題なかった。

問題があったのは病気ではなく、シンガポール入国。マレーシアから夜行列車でシンガポール入りした時、入管でつれあいが麻薬所持を疑われて30分ほど拘束されたんです。

麻薬探知犬がまったく吠えず、私も一緒だったのに、つれあいだけ。アメリカ人のバックパッカーは怪しいというプロファイリングだったのは明らか。有罪だったら死刑なんですよね、あの国・・・・・それさえ知らなかった。怖いもの知らずとは若さのこと?

22年前には8歳の息子を連れて、タイのサムイ島を再訪。息子がココナツ取りのサルに手を噛まれたんですが、狂犬病(犬に限らず動物全部)かも、なんて思いもしませんでした。知らぬが仏? 

あのサムイ島以来、アジアへの旅は今年冬の中国雲南省が初めてでした。狂犬病が多いそうで、かなり心配したんですが、見かけた犬は日本と同じくよく手入れされたペットばかりでした。それに中国の狂犬病死者が多いといっても、人口による割合は、アメリカの銃による死者の方がはるかに多いんですよ。

行き先が欧米なら3カ月のロングステイでも上記のものは持ってかなくていいけど、熱帯へ行く場合は考えたほうがいいよと友達のアドバイス。

若い頃は無鉄砲で怖いもの知らずだったけれど、トシとるにつれて、あれこれ心配するようになるのは普通なんでしょうかね。でも無鉄砲な若い頃のほうが、死んだらもったいない。もう死んでも特に困らないと思えるトシになって用意周到になるというのも皮肉なもんです。

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私が一番安物買い

2016-07-27 14:25:32 | 日記・エッセイ・コラム

ウチから丘を下って歩いて行けるところ(1km以内)にスーパーが4店あります。そのなかでイトーヨーカドーみたいな関西系のイズミヤは、衣料品や靴、バッグなどもあってとても便利なのに、8月で完全閉店。

私には影響大です なにしろ衣服・靴など全部ここで買ってるんです。街中へ行けば有名百貨店もあるし、おしゃれなイオンモールもあるけど、高いですからねー。車で5分のところにあったユニクロもイオンモールに入ってしまったし。

地元の友達も困るだろうと話してみたら、この店で買ってるのはなんと私だけでした 百貨店やモール内のブティックまでは行かないものの、他のブティックか、Hタウンという、これも地元スーパー系だけどイズミヤより価格が上のお店で買うとのこと。あんた、あそこで買ってんの?と言われてしまった

彼女たちはまだ通勤しているので、私より服装にお金かけてるんです。私はここ20年ほど自宅で仕事していたので通勤着とかいらなかったしー・・・というのはテイのいい理由で、ほんとは安物でいいじゃないと思ってる。シャツやセーターでも3000円もすると高いなぁと思ってしまう。

そう言うと、友達が同僚から聞いた話をしてくれました。T百貨店でブラウスを買ってから、たまたまイズミヤに行ったら、まったく同じのが半額で売られてた やっぱり百貨店価格とスーパー価格があるのよー。

ほらね、だから私はスーパーの衣料品でいいの。今、閉店セールで買いだめしているところです。

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

CC使用にPINもサインも不要だなんて

2016-07-25 14:49:30 | 日記・エッセイ・コラム

ウチは日本でクレジットカードを使うのはオンラインショッピングだけです。友達は、CCをよく使うのでポイントが1年で2万円分はたまるといいます。そこらの銀行利子よりよっぽどいいわよって。

それならウチも、普段の買い物などに使ってみようかと、まずは車のガソリンで試してみました。カードを入れるとすぐに、カードをお取りくださいと自動音声が流れます。暗証番号(PIN)の入力はまったくなし。カードを読み取るだけでガソリン代がチャージされるんです。

驚きましたねー これなら誰が使ってるかわからないじゃないですか。私が落としたのを誰かが拾って使うことだって簡単にできる。

アメリカのガソリンスタンド設置のCC読み取り機など、PINに加えてCCのアメリカ国内住所の郵便番号の下4桁を入力しないと受け付けないのが多いんです。アメリカ国内住所がないつれあいは、いつもGSの中へ入って人間相手にCCで払わないといけません。

最近、近所のスーパーが改装して、CCでの支払いを受け付けるようになったと店内でアナウンスしてます。そこで、どうやって払うのか尋ねてみました。

CCを読み取り機に通すだけだって えーっ じゃあ私はCCをレジ係に出すだけで、PIN入力もサインもいらないんですか? そうです、だって

これも驚きです。こんなに簡単だと落とした時こわくないですか? 

いくら素早くCC会社に紛失の連絡をしても、何分かのタイムラグは絶対にあります。その間に拾った人がGSやスーパーで何の問題もなく使えるわけですよ。

他にもPINもサインも不要という店やレストランはあるんでしょうか? 日本ではどうしてこんな物騒な使い方なんでしょうか?

それとも、これを物騒だと思うほうがオカシイ?

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

月下美人をいただきました

2016-07-22 13:16:30 | 日記・エッセイ・コラム

近所のウォーキングで珍しい花を見つけました。こんなふうに山際に一株だけ

ユリみたいだけど変わってる。

初めて見るよねとつれあいと話していると、向かいの家のご婦人が出てこられました。その方が植えられたそうで、ハマユウの一種だと思うとのこと。何でしょうね?

それより、月下美人をあげましょうか? とおっしゃる。名前は聞いたことがあるけれど、難しいんでしょう?

30年ずっと土も変えずに育てているくらい簡単だとのこと。もう3m近くなってます。今ちょうど花の季節で、夜だけ咲くというので、サボテンと同じですね。とてもいい香りというのがサボテンと違う点です。

葉を差すだけで根が出て増えるんだそう。多肉みたい。今年もいくつか葉差しで根付いてるのがあるから、どうぞ、とおっしゃるのでいただいてきました。

つれあいが名前を聞くので、直訳するとBeauty under the Moonかなぁ?と言って帰宅して調べてみると、Queen of the Night 「魔笛」(モーツァルトのオペラ)ですぐ覚えました

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オペラにセックスはもうウンザリ

2016-07-20 13:58:55 | オペラ

だからオペラを観に行く気が失せるんです。ウチは14年9月にヨーロッパで観て以来、日本でのテレビ放映だけ観てますが、セックスを入れた演出の多さにはウンザリ。

先週末のヘンデル作曲「アグリッピーナ」(アン・デア・ウィーン劇場)はその最たる例でした。のっけから机上でのセックスシーン、それも立て続けに2回。

その後も、ベッドシーンにプールサイドでの肉体美披露。肉体美は歌手ではなく、モデルかダンサーと思われる若い半裸の男女で、男性はプールサイドで筋トレ、女性(6人くらい)はビキニでアリアを歌ってる男性歌手をなでまわす。終わり近くでは男と男でセックスシーン(この2人は歌手)。

歌詞にそんなことは書いてないし、ストーリー的にも必然性はないのに、です。6人ほどの男性歌手は、皇帝役の1人を除いて、若く、筋トレしてそうな肉体ばかり。声より、肉体で配役されたんじゃないの? 

だってオットーネ役のカウンターテナー以外うまくなかったし、全員パンツ一丁になるんだから(今の時代、パヴァロッティはとてもデビューできないに違いない)。2人の女性歌手はあいにくと中年なので下着姿は見送られたみたい。

オペラは近年こういう演出が多いんです。ストリッパーよろしくポールダンスする女性歌手や、必然性がまったくないのにマスタベーションする男性歌手などなど。

それを意欲的だの、斬新だの、鬼才だのと、批評家も観客もほめそやす。こんなの、ロックシーンでは50年も前からやってますよ。エルヴィスまで遡るなら60年前。演出家などいなくてもね。

ロックでは卑猥だの下品だの散々非難してきたくせに、今頃オペラでやると、斬新、だと。チャンチャラおかしいとはこのこと。しかもへたくそな演技。ロックミュージシャンのほうがよっぽどなまめかしい。

従来のオペラ演出は古臭いと、新しい演出を試みるのは意欲的といえるけれど、セックスさえ見せればいいといわんばかりの演出は安易すぎる。あまりにくだらない。観ていて、歌手が気の毒になる。

ここまでしないとオペラは観客を呼び込めなくなった? そんなことはないでしょう。オペラの音楽が好きな人は十分いるはず。そういう人を大事にしてもらいたいもんです。

では口直しに、ヘンデル作曲「見よ、勇者は帰る」(日本では優勝旗の曲として知られてますね)

 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ 人気ブログランキングへ

 

Haendel: See How the Conqu'ring Hero Comes

コメント
この記事をはてなブックマークに追加