新しい風<公益社団法人 宮崎市郡医師会のBLOG>

会員の皆様と執行部の間で双方向のコミュニケーションを図り、宮崎市郡医師会の公益目的事業を遂行します。

最近一週間(7月23日~29日)の地震活動

2011年07月31日 | 広報
 気象庁のホームページに最近一週間の地震活動の記録がアップされています。

【全国のマグニチュード3以上の地震】


【九州地方の地震活動】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドクターヘリ

2011年07月30日 | 広報
日本航空医療学会によるドクターヘリ要件(平成20年3月)
 1)重症救急疾患に対応できる医療機器を装備し、医療品を搭載した救急専用のヘリコプターを使用すること。
 2)救命救急センター等高度医療が提供できる医療機関の施設またはその近くに配備されること。
 3)出動要請がある場合は、当該病院の救急診療に精通した医師および看護師等が直ちに、原則として3~5分以内に離陸し、患者発生現場に出動できる体制にあること。
 4)現場及び搬送中に適切な処置、治療を行い、その患者に適した高度医療機関に搬送できること。

本県では、宮崎大学医学部附属病院を基地病院として、平成24年4月からドクターヘリが導入される予定です。




    【宮崎大学医学部附属病院救急部のHPより】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」参考人説明(7月27日)

2011年07月29日 | 広報
 東京大学先端科学技術研究センター教授・東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦先生が、今回の放射線汚染に関する国の対応に、怒りの抗議! 必見です。



児玉教授の息子さんのツイートのまとめはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成23年度 第13回理事会(7月27日)

2011年07月28日 | 理事会
7月21日(木)宮崎市メディカルコントロール協議会が開催されました。東日本大震災に関連して、指揮命令系統や情報伝達の確保、日赤とのタイアップ、自衛隊の活用等が話し合われました。【中村会長】

医師会病院の現況報告: 7月26日現在、入院患者数211名、病床利用率85.1%です。前週は平均186.0名の入院、病床利用率75.0%でした。【田中副会長】

8月28日(日)「未来みやざき子育て県民運動推進協議会」設立総会及び「未来みやざき子育て県民運動」推進大会がシーガイアコンベンションセンターで開催されます。【済陽理事】

7月27日(水)検診センター部長会が開催されました。平成23年6月の実績は、泊ドックがマイナス4件、半日ドックがマイナス2件、一般検診(職場検診)がプラス79件であり、件数、収支とも対前年度比プラスでした。【山村理事】

7月27日(水)検査センター部長会が開催されました。平成23年6月の実績は、対前年比で検体数はプラス296件、収支も6.9%増でした。
 8月13日(土)~15日(日)における臨床検査センターの業務は、例年通り暦通りとなります。【成田理事】

7月21日(木)医師会病院 職員研修会が「東日本大震災に係るJMAT等活動報告」というテーマで行われました。【川名理事】

7月21日(木)平成23年度第2回宮崎市地域密着型サービス運営委員会が行われ、グループホーム等の「新規・更新」の申請について協議しました。【原田理事】

宮崎市小児診療所の現況報告: 7月26日現在、入院5名、この1週間で45名の入院がありました。前週は平均6.4名の入院、病床利用率40.2%でした。
 7月22日(金)宮崎市学校保健懇話会が開催され、宮崎市教育委員会から二見俊一教育長以下13名が出席しました。【高村理事】

10月16日(日)宮崎キュアケアネットワークによる「”看取りを伴う地域医療ネットワーク作り”講演会」が開催され、当会として名称後援いたします。【市来理事】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支払基金、7月の審査分からコンピュータチェック

2011年07月27日 | 広報
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がん診療連携拠点病院の院内がん登録全国集計(2008年)

2011年07月27日 | 広報
 7月26日(火)国立がん研究センター がん対策情報センターは、がん診療連携拠点病院院内がん登録全国集計 2008年全国集計報告書を発表しました。なお、宮崎県においては、2010年3月末で県立日南病院、県立延岡病院は、がん診療連携拠点病院の指定を解除されました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被災地での健康を守るために

2011年07月26日 | 広報
 7月25日(月)厚労省は、避難生活の際に病気にかからないよう、また、できるだけ健康に過すためのポイントをまとめましたリーフレット「被災地での健康を守るために」をホームページで公開しました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メルトダウン(炉心溶融)について

2011年07月25日 | 広報


 今回の被災の前に、独立行政法人・原子力安全基盤機構が原子力防災専門官向け資料として作成していた「炉心溶融のシミュレーション画像動画」です。テロップには「原子力災害時の対応能力の習熟に努めてる」とありましたが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人口ピラミッドの変化と都道府県別高齢化

2011年07月24日 | 広報




 医療・介護・年金については、少子高齢化社会を迎え「給付は厚く負担は軽く」というわけにはいかないでしょう。将来にわたり社会保障を充実・継続させるためには、財源確保(消費税)の議論をを煮詰め、具体化に向けて、国民のコンセンサスを得ていく必要があると思われます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮崎市学校保健懇話会

2011年07月23日 | 広報
 7月22日(金)19時より宮崎観光ホテル西館8階汐彩にて宮崎市学校保健懇話会が開催され、宮崎市教育委員会から二見俊一教育長以下13名、宮崎市郡医師会から中村典生会長以下17名が出席しました。昨年は口蹄疫問題で中止となったため、2年振りの開催です。高村理事の進行で、宮崎市郡医師会及び宮崎市教育委員会の学校保健活動等についての報告がなされました。



 二見教育長

 中村会長
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医師会病院職員研修会

2011年07月22日 | 学会・勉強会・検討会・研修会
 7月21日(木)医師会病院の職員研修会が、「東日本大震災に係るJMAT等活動報告」というテーマで行われ、150名が出席しました。宮城県・岩手県に派遣された当院の7名の職員が、現地での医療支援活動の実情を報告しました。病院としては、この7名が示した使命感・スピリットに敬意を表すると共に大変誇りに思います。


【抜粋】
・避難所における衛生環境の改善、感染症予防対策の重要性
・継続した長期の医療支援の必要性
・情報伝達手段を確保し、報告事項はメールや文面で残すこと
・携帯の充電器は必須
・被災後の時期よって求められているものが異なる
・患者の実際の退避訓練、水難を想定した避難訓練の重要性
・日本看護協会からの災害支援ナースへのメッセージ「支援する側の満足は、支援ではない」
・プライバシーのない環境でのストレスを理解
・リハ室という個室で、リラックスできる環境を提供できた
・事前、事後の情報収集は最重要事項
・現地の人々に「受け入れてもらえない状況」「理不尽な規制」他での気持ちの切り替え

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成23年度 第12回理事会(7月20日)

2011年07月21日 | 理事会
7月14日(木)宮崎市学校保健会に出席しました。【中村会長】

7月15日(金)市郡医師会宮崎看護専門学校職員会が開かれ、メンタルケア対策、休学者の授業料等について検討しました。【栗林副会長】

7月13日(水)共済会検討委員会が行われました。市郡医師共済会の会員は、家族会員を含め1,000以上加入していますが、その場合「一人当たりの年間の給付総額が10万円超」なら改正保険業法での対応が必要になります。この「一人当たり」の意味が”平均”なのか”一人でもいる場合”なのかを日医年金・税制課に問い合わせています。”平均”という解釈であれば、現行制度の維持が可能です。
 7月15日(金)第2回定款検討委員会が行われ、新しい定款の検討を終えました。校正後、理事会に諮ります。【八尋副会長】

医師会病院の現況報告: 7月19日現在、入院患者数190名、病床利用率76.6%です。前週は平均181.9名の入院、病床利用率73.3%でした。
 7月15日(金)医師会病院運営会において、機械器具購入修理(超音波診断装置iE33等の購入、ドライイングキャビネット等の修理)、施設関係改善必要工事(1・2病棟UPS蓄電池交換、新館リハビリ室漏水修理等)、夜間急病センターにおける診断書の書式変更及びアンケート調査の可否について審議了承されました。医師会病院の上四半期における平均入院患者数は190.1名で、これは昨年同期を約10名上回っています。【田中副会長】

7月3日(日)に「レジナビフェア2011 in 大阪」が、7月17日(日)に「レジナビフェア2011 in 東京」が開催され、本県の管理型臨床研修病院が参加しました。東京のブースには、医学生26名が来場しました。【済陽理事】

7月19日(火)しののめ編集委員会が開催され、”醫友しののめNo.136号”の校正作業が行われました。また、No.137号の座談会は、病院長、病院勤務医、開業医の代表、清山県議に集まっていただき、医師不足に関する話し合いを予定しています。【原田理事】

宮崎市小児診療所の現況報告: 7月19日現在、入院8名、この1週間で67名の入院がありました。前週は平均9.6名の入院、病床利用率59.8%でした。
 7月14日(木)宮崎市学校保健会に出席しました。
 7月15日(金)小児診療所運営委員会が行われました。【高村理事】

8月23日(火)19時から宮崎観光ホテルにおいて、宮崎市地域医療懇話会(市役所課長以上)が開催されます。【事務局】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チーム医療推進のための基本的な考え方と実践的事例集

2011年07月20日 | 広報
 今般、厚生労働省の「チーム医療推進方策検討ワーキンググループ」において、「チーム医療推進のための基本的な考え方と実践的事例集」 が取りまとめられました。本件は、医療関係者がチーム医療を推進していく上で、参考となるような取組みを示した事例集です。

        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成22年度の国民年金の加入・保険料納付状況

2011年07月19日 | 広報
 7月13日(水)厚労省年金局は平成22年度の国民年金の加入・保険料納付状況を公開しました。

【国民年金被保険者の動向】
・第1号被保険者数は、平成22年度末現在で1,938万人と、前年度末と比べ47万人減少している。
・そのうち、全額免除者は551万人(法定免除者数:126万人、申請全額免除者数:221万人、学生納付特例者:166万人、若年者納付猶予者:38万人)であった。
・平成22年度末の納付対象者数は1,387万人となっており、前年度末と比べ63万人減少している。
平成22年度の納付率は59.3%で、前年度の60.0%から0.7ポイントの低下となった。
・平成22年度の納付率は前年度と比較すると、20~24歳階級を除くほぼすべての年齢階級において納付率が低下している。
・平成22年度分保険料の納付率が高かった上位3県は、島根、新潟、福井となっている。反対に低かった下位3府県は、沖縄、大阪、福岡となっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日も休診(20) ~なでしこJapan、天晴!~

2011年07月18日 | フリートーク
            

【オバマ大統領のツイッターより】


【アメリカで流れている澤選手のコメント】
“We knew that what we were doing here could be about a little more than just a football tournament. If winning this makes one person, someone who lost something or someone or was hurt or damaged by the events that touched our country, feel better for even one moment, then we have really achieved a most special thing. If it makes everyone happy and joyful and gives them a reason to cheer after such difficult times, then we have been successful. Japan has been hurt and so many lives have been affected. We can not change that but Japan is coming back and this was our chance to represent our nation and show that we never stop working. This is like a dream to us and we hope our country shares it with us.”

 我々のしていることは、ただサッカーをするだけではないことを、意識してきた。我々が勝つことにより、何かを失った人、誰かを失った人、怪我をした人、 傷ついた人、彼らの気持ちが一瞬でも楽になってくれたら、私達は真に特別な事を成し遂げた事になる。こんな辛い時期だからこそ、みんなに少しでも元気や喜びを与える事が出来たら、それこそが我々の成功となる。日本は困難に立ち向かい、多くの人々の生活は困窮している。我々は、それ自体を変えることは出来ないものの、日本は今復興を頑張っているのだから、そんな日本の代表として、復興を決して諦めない気持ちをプレイで見せたかった。今日、我々にとってはまさに夢のようで有り、我々の国が我々と一緒に喜んでくれるとしたら幸いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加