新しい風<公益社団法人 宮崎市郡医師会のBLOG>

会員の皆様と執行部の間で双方向のコミュニケーションを図り、宮崎市郡医師会の公益目的事業を遂行します。

平成28年度診療報酬改定における重症度、医療・看護必要度について

2016年03月09日 | 広報
 3月4日(金)厚労省は、平成28年度診療報酬改定の概要、説明会資料、各種運用通知等をホームページで公表しました。
 7対1入院基本料の要件見直しで焦点となった重症度、医療・看護必要度で、新たに設けられたC項目(手術等の医学的状況)の「救命等に係る内科的治療」については、具体的に「経皮的血管内治療」「経皮的心筋焼灼術等の治療」「侵襲的な消化器治療」の3項目、計13治療を対象とすることが明らかになりました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカで働く若手日本人医師 | トップ | 第40回理事会(平成28年3月9日) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

広報」カテゴリの最新記事