新しい風<公益社団法人 宮崎市郡医師会のBLOG>

会員の皆様と執行部の間で双方向のコミュニケーションを図り、宮崎市郡医師会の公益目的事業を遂行します。

大学医学部の地域枠

2017年07月18日 | 広報
 地域で働く医師を育成する大学医学部の地域枠について、厚生労働省は、原則として大学がある地元出身者に対象を限定するよう、都道府県に求める方針を決めました。今月末にも、奨学金を出す都道府県に通知し、大学と連携して平成30年度から実施するよう求めます。


平成29年度宮崎大学医学部医学科学生募集要項
 急速な高齢化の進行等に伴い、県民の医療ニーズは高度・多様化しており、また医師の都市部への集中による地域的な偏在や特定診療科の医師不足が深刻化しています。

地域枠推薦入試:こういった地域の医療ニーズに対応することを目的として、医師として活躍しうる能力・適性だけでなく、明日の宮崎県の医療を担うという強い意志を有する地元の生徒を求めるために実施される
1)宮崎県内の高等学校を平成29年3月に卒業見込みの者
2)高等学校における学習成績が優秀で、調査書の学習成績概評がA段階に属し、医師として活躍し得る能力・適性を有する者(○A に該当する者については、調査書に○A と標示してください。記載については3ページ注意事項参照)で、出身高等学校長が責任を持って推薦できる者
3)宮崎県の推薦がある者
4)卒業後は、宮崎大学医学部附属病院又は県内の基幹型臨床研修病院において研修プログラムに参加し、研修修了後も引き続き宮崎の医療に従事することを約束できる者
5) 合格した場合は入学することを確約できる者
 ※ 高等学校には中等教育学校、特別支援学校の高等部を含む

地域特別枠推薦入試:国の緊急医師確保対策に基づき、地域枠と同様、明日の宮崎県の医療を担うという強い意志を有する地元の生徒を求めるために実施されるものであり、「宮崎県医師修学資金」の貸与を受け、臨床研修修了後に、一定期間、県が指定する宮崎県内の医療機関に勤務することになる
1)以下の①又は②を満たすもの
 ①宮崎県内の高等学校を平成28年3月卒業の者又は平成29年3月に卒業見込みの者
 ②宮崎県外の高等学校を平成29年3月に卒業見込みの者で、宮崎県内の小学校及び中学校のいずれかを卒業した者
2)高等学校における学習成績が優秀で、調査書の学習成績概評がA段階に属し、医師として活躍し得る能力・適性を有する者(○A に該当する者については、調査書に○A と標示してください。記載については3ページ注意事項参照)で,出身高等学校長が責任を持って推薦できる者
3)宮崎県の推薦がある者
4)入学後は「宮崎県医師修学資金」の貸与を受ける者
5)卒業後は、宮崎大学医学部附属病院又は県内の基幹型臨床研修病院において研修プログラムに参加し、研修修了後も引き続き宮崎の医療に従事することを約束できる者
6)合格した場合は入学することを確約できる者
 ※ 高等学校には中等教育学校、特別支援学校の高等部を含む
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年度 臨床研修医の採用... | トップ | 平成29年度 看護師夏期研修会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

広報」カテゴリの最新記事