新しい風<公益社団法人 宮崎市郡医師会のBLOG>

会員の皆様と執行部の間で双方向のコミュニケーションを図り、宮崎市郡医師会の公益目的事業を遂行します。

みえる通訳

2017年03月19日 | 広報
 宮崎市夜間急病センターでは、外国人患者に対応するために、4月1日よりみえる通訳(タブレット端末を利用した多言語通訳サービス)を導入します。このアプリは、365日24時間、英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語の5ヶ国語に対応しています(タイ語・ベトナム語は、毎日10時〜18時、ロシア語は平日の10時〜18時でのサービス提供)。



 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第111回医師国家試験の合格発表 | トップ | 平成29年度予算政府案 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記事訂正依頼 (ITX社 村上博)
2017-03-23 17:02:20
今回は「みえる通訳」のご採用有難うございます。
大変恐縮ですが、掲載記事の「さわってみえる通訳」は弊社(ITX)がJTB社へ提供・販売委託している商材でサービス内容・価格等一部弊社と異なる部分があり、引用をURLへ変更をお願い致します。
http://www.mieru-tsuyaku.jp/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=mieru
Re: (川名)
2017-03-24 00:39:57
URLを変更しました。デモの時に両者の紹介があり、実際に使用する現場の医療従事者へ、二通りの利用法があることの周知は必要だと思います。

コメントを投稿

広報」カテゴリの最新記事