カバ社長の日記 caba note

壁画やオブジェの制作会社ビッグアートの社長日記。「面白くなければ人生じゃない」がモットーの熱い熱いカバ社長の物語です。

若い人たちが会社を辞めるのは成長の証?

2005-12-19 00:14:14 | アートと仕事
同業者の社長さんたちと会うと、だいたい決まって若い人たちが仕事を覚えたらすぐ辞めていくという話が出ます。
美大を出た優秀な人でも、入社して3~5年でやっと戦力になれる程度。
ところが、2~3年で辞めていくのがほとんどで、5年以上続くというのは珍しい。
若い人は、やっと育ったら出て行く、というのがこの業界の常識・・・・・?
逆に、ベテランの人は定着率が高い。
私も会社を始めた当初は、そのことに腹を立てていた時期がありました。
育てるだけ育てて、いざやっと稼げるようになったら辞めていくんですから・・・・・。

でも、逆に初めて就職した会社にずっといるとしたら・・・・逆に不自然かも知れません。
初恋の人と結婚するようなものですよね。
たとえどんなにいい会社に入社したとしても、良いも悪いもわからない。
もっといい会社がとか、他にも自分には違った生き方があるのではとか・・・・迷ったり、チャレンジしたり・・・・。
一度限りの人生。
現品限りの人生。
だから、悩む、苦しむ。
私自身、振り合えると紆余曲折の人生でした。
航空宇宙工学の大学を中退、映画を志し、舞台美術やTVの世界で青春を過ごし、流通業で自分に目覚め、ビジュアルマーケティングの世界で確信し、壁画の世界で独立・・・・そしてまだ12年。
私自身、自分探しはこれからも果てしもなく続きます。
自分に照らし合わせて彼らを見るとき、自分もそうでした。
すると、逆にかれらにエールを送りたくなってしまいます。
利害からすると、腹が立つこともあるかも知れませんが、自分の人生を冒険する姿を見るとちょっと感動さえ覚えます。
会社の辞め方には、大きく言うと3通りあります。
・自分の能力特性に合わない、または付いて行けない。
・家庭の事情。(これを理由にすり替える人も多いですが)
・今の会社では物足りない。もっと成長できるところに行きたい。
いや、実際のところは、見極めるところまで行かずに挫折する人の方が多いのかも知れませんが。

うちの場合は、中途半端な人はだいたい1~3ヶ月で辞めていきます。
あとは、3~5年本当によく頑張ります。
3~5年すると、大きなスランプや迷いが訪れるようです。
彼らは「もっときびしい世界で自分を鍛えてみたい」「自分の力がよそで通用するか試したみたい」と言って辞めていきます。
私は絶対に引き止めません。
どうせ止めても駄目ですから。
私は、「頑張れ。後悔のない生き方をしろよ」とだけ言って、あっさりと送り出します。
1ヶ所にいるだけでは「自分がどこに向かうべきか」なかなか見えてきません。
別の職場に行ったり、別の生き方をして初めて見えてくるものです。
行き詰まったら、今とは違う視点に身を置くのが一番。
若いうちは特に、恐れずに冒険した方が良いと思います。

狭い世界ですから、辞めた人たちの噂があちこちから耳に入ってきます。
彼らの活躍している噂を聞くと、内心うれしいです。(ちょっとさみしい気分にもなりますが・・・)
うちで、3年以上頑張れた人は、よそに行っても絶対に通用すると信じています。
最近は、会社を辞めていく人たちのことを、ポジティブにとらえられるようになりました。
彼らは、会社を去っていくのではなく、巣立っていくのだと。
そして、彼らの次の面倒を見てくれる会社(人)に一時的に預けるのだと。
彼らが大きく育った時には、また何らかの形で、そのたくましい顔たちと一緒に仕事ができる日が来るんだと。
そう考えると、5年後、10年後が待ち遠しい。
彼らが、どんなに成長するんだろう。
彼らと次に、どんな再会が待っているのだろう。
その時に、自分が老いぼれと言われないように、自分ももっともっと勉強して大きくならなくちゃ。

さあ、明日からまた、新しい若者たちをもっともっと育てなくちゃ。




この記事をはてなブックマークに追加

アーティストにもマネジメント力が必要!

2005-12-17 01:09:02 | アートと仕事

私は、時々社員たちを私の尊敬する人や親しくしている人に引き合わせることにしています。
先日、アイアンワークを志す二人をアイアンワークで活躍している会社「イヌイフュージョン」に案内し、T社長から貴重なアドバイスをいただきました。
この社長は、私以上に熱い人でいつも刺激をもらっています。
今回は、二人にこんな話をしてくれました。

アートを仕事にしたいなら、計数感覚を持て!
つまり、アーティストは仕事をしたければ、マネジメント力をつけろ、ということです。
自分がひとつの物件なり、1日の仕事でどれだけの収益を生んでいるのかを知ることが、仕事のスタートだと。
彼のところにも多くのアイアンワークを志す若者が訪ねてくるそうです。
彼は全ての人にその話をして、「自分はどんな仕事をして、会社にどんな利益をもたらすか」という課題を与えるといいます。
そして、その課題をクリアした人だけを受け入れるのだそうです。
さすが!うちより厳しい!

社員の給与は、一般に会社にもたらした粗利益の1/3から1/4が目安といいます。
制作会社の経費は、制作スタッフの給与だけでなく営業や経理など制作以外の人のいわゆる間接的人件費や家賃、車両、設備費、広告費等々さまざまな経費がかかります。
ただ漠然とモノを作りたいだけでは、仕事は成り立ちません。
すべての会社は、売上から材料費や外注費などの原価を差し引き、残った金額からさらに家賃や人件費などを賄って利益を残さなければ存続していけない。
いくら好きな仕事でも、利益を出さなければ続けられない。
分かり切ったことですが・・・・。
でも、そのことを痛感するのは社長だけで、働く人たちはなかなかわからないのが現実。
自分がいくら欲しいかではなく、自分がいくら会社に利益をもたらし、その結果どれくらいの報酬が妥当かを知ること。
働く側も経営者もお互いが会社や仕事の収支を知り、自分の立場を理解することはとても大切なことです。

アートを仕事にすることは、本当に大変です。
好きなことをやることは楽しいですが、食えなければ続けられない。
需要が不安定な上、価値基準があいまいですからね。
でも、会社を続けていくためには収支を合わせなければならない。
その意味ではT社長の言うように、一般の仕事以上に計数感覚が必要だと思います。

当社でも、物件ごとの売上や材料単価、外注費用など公表して、利益を出すことの難しさを社員たちに少しずつわかってもらうように努力していますが、・・・・・まだまだです。
この日、T社長の口から厳しい話を聞き、社員たちにとって私の話より効き目があったようです。

社員たちの意識を高めるには、どんどんよその会社の社長や社員と引き合わせるのが一番!
その代わり、私も一生懸命勉強しないといけませんけどね。


この記事をはてなブックマークに追加

年賀状づくりは楽しい!

2005-12-14 01:28:38 | カバの素顔

毎11月下旬になると、年賀状づくりのプレッシャーが・・・・。
15、6年前から、ちょっと凝った年賀状をつくりはじめ、いろんな人から「いつも面白い年賀状楽しみにしています」と言われるようになって、だんだんエスカレート。
この10年位は、一人でつくるのではなく、いろんな人とコラボレーション(というよりセッション)でつくっています。
ある時は社員の誰かだったり、奥さんだったり・・・・。

だいたい、私が最初にテーマとかイメージを誰かに伝え、それに応えてイラストや造形物が上がってくる。
それに対して、また私が新しいアイデアを足して・・・・そのアイデアをまた別の誰かがふくらませていく。
上がってきた作品にまた私が手を加え、今度は都内にある知り合いの撮影スタジオに持ち込み、プロのカメラマンと私でまたいろんなシーン設定や照明を試して遊ぶ。
結果、プロラボから上がってきたポジフィルム(いつも10枚)を、私が最後にながめながらキャッチコピーやボディコピーを考える。
最初の構想から一転二転して、最後までハラハラ。
最後にどんでん返しのクリーンヒットかホームランが打てれば、バッチリ決まりです!
その間は、だいたい一週間から10日間くらい。
今回も、5人もの手を経て、今日版下が出来上がり!
長野にある印刷屋さんに版下を入稿して、約10日後に印刷が上がってきます。
昨年と今年は印刷の上がりが年末ぎりぎりで、今年も多分暮れの24、5日になりそう。

3年前までは、会社バージョンと個人バージョンの2種類つくっていたので、それはもう大変でした。
出すのは、会社関係で1000通、個人で300通程度です。
多分、社長としては少ない方でしょうね。
顔と名前をハッキリと覚えている人だけにしか出していません。
基本的に、社交辞令的な年賀状は出さない主義です。
出す方ももらった方も迷惑ですしね。

逆にもらうのは、両方で800通前後でしょうか。
大変失礼ですが、もらって本当にうれしいと思うのは5%くらいでしょうか。
デザイナーや画家、彫刻家、イラストレーターの方からの年賀状は、いつも楽しみにしています。
次は、手書きのメッセージのあるもの。
90%以上は、義務的というか事務的なものばかりで、チョット残念です。
何にも相手に伝わらない年賀状を出しても、郵便局以外は誰も得しませんよね。
ヘタすると、相手の目にも止まらないなんて悲しいですよね。
どうせ出すなら、目に止めてもらえるもの、アイツらしいなって思い出してもらえるような年賀状でないと意味ないと思うのですが。


毎年いろんな人から期待されて結構プレッシャーですが、毎年年末にハラハラしながらチョット緊張するのって、ちょっと快感です。(マゾかっ!)

出来上がりは元旦に、このページで発表しますのでお楽しみに!
今回は、裏バージョンもトライしてみようかと思います。
へへへ・・・・。




この記事をはてなブックマークに追加

超カワイイ・・・・??

2005-12-05 09:51:39 | アートと仕事
若い人(特に女性)がよく「カワイイ~」とか「超カワイイ」を連発します。
「カワイイ」の上が「超カワイイ」でもっと上は「超々カワイイ」・・・・ですか。
「カワイイ」の度合いだけしか意味のない薄っぺらな言葉ですね。
人の服を見ては「カワイイ」。
髪形を見ては「カワイイ」。
持ち物を見ては「カワイイ」。
どうも、あまり深い意味はなくて、社交辞令の挨拶代わりに使っているようにも思えます。

第一、どんな風にかわいいのかがさっぱりわかりません。
日本人は、世界一微妙な表現を使い分けられる言語を持っているのにもったいないですよね。
英語でさえ「pretty」「lovely」「cute」「little」「tiny」・・・と使い分けているのに。

特に私たちの仕事は、微妙なニュアンスを具体的な形にすることです。
お客様が、「犬をカワイく描いてください」と注文したとします。
そこで、私たちはお客様の言った「カワイイ」とは、どんな意味だろうと分析します。
「小さい」「キレイ」「丸っこい」「子供っぽい」「おちゃめ」「ひょうきん」「無邪気」「心が純粋」「おてんば」「小悪魔的」・・・・。
同じ「カワイイ」でもまるで表現が異なります。
「カワイイ」の方向を間違えると、お客様は「何よ、これ」って怒ります。

私たちは、お客様があいまいに表現したこの「カワイイ」という言葉ひとつを確認するのに、大変な労力を払います。
「カワイイ」という言葉からイメージされるキーワードをブレーンストーミングで、50以上も挙げます。
そして、似たものをまとめて、最終的にいくつかにグループに分類します。
その後、異なる「カワイイ」をイメージコラージュにして、お客様に「どのカワイイ」かを確認します。

うちのスタッフが「カワイイ」と言ったら、私は「それって、どんなカワイイなの?」って聞き直します。
雰囲気やニュアンスを表現するのが私たちの専門ですから、常に相手の言葉の裏にひそむ意味や感情を鋭くキャッチする高感度のアンテナ(=感受性)と微妙な周波数を正確に合わせられるチューニング力(=調整力)を持たなければなりません。
時には、言葉の意味を間違って使っているお客様もいますし、本音とは裏腹なことを言うお客様もいます。
それでも、相手の真意を察して表現しなければならないのです。
この仕事をやる以上、言葉をより正確に使い分ける習慣をつけなければいい仕事はできません。

私は昔、コピーライター講座に2年ほど通ったことがあります。
そこで受けたトレーニングのひとつに、「愛している」という気持ちを「愛」という言葉をいっさい使わないで表現する、というのがありました。
それから、ひとつの言葉を、別の言い方で何通りの表現ができるか、というのもいい訓練になります。

言葉の表現のバリエーションをたくさん持つと、企画にもデザインにも制作にも幅が広がり、豊かな表現が可能になりますヨ。

この記事をはてなブックマークに追加

アートの仕事は無限に広がる!

2005-12-04 16:45:50 | アートと仕事
アートは、長い間学問の世界に封じ込められてきました。そのため、「美大を出ても仕事がない」という現実を、当然のことのように受け入れてきました。果たしてそれでいいのでしょうか。本当に仕事がないのでしょうか。
仕事は山ほどあるのです。では、なぜ・・・・・・。

正確に言えば、「仕事はあるけど会社(職)がない」のです。私は、今のアート制作会社を始めて以来、そのことを痛感してきました。アートは、量や質というモノサシでは計りにくい、便利性という面でもとらえにくい、という点でビジネスにしにくかったことは事実です。しかし、アートでいろいろな問題が解決したという事例を、私は自分の仕事でたくさん体験してきました。

例えば、「狭い空間があ広く見えるようになった」「人気のない通りや地下道が人通りが多くなった」「恐くて通れなかった通りが安心して通れるようになった」「落書きがなくなった」「店の集客がアップした」「店の評判がよくなった」・・・・などなど。それらは明らかに人々の問題を解決したり、企業に利益をもたらしたりと明らかに社会に貢献しているのです。同じ問題を解決するために、建築や内装、塗装、看板などの業者には仕事を依頼している。しかも、工事はやったが効果は見られないというケースが多い。ならば、アートでこれらの問題を解決したらビジネスになるはずですよね。なのに、そんな商売が日本では見当たらない。どうして?

ビッグアートでは8年前からこのことに着目して、アートが社会に役立ち、多くのアートを志す若者たちが活躍する状況が作れないかと、孤軍奮闘してきました。しかしながら、零細企業一社だけが騒いでもしょせん微力。頭の堅い先輩の芸術家たち。保守的な美大などの学校。特に、美術評論家や美大の教授陣は最も大きな抵抗勢力となっています。彼らは、アートの芸術性、学問性のみを唱えて、アートを社会のために有効活用することになかなか関心を持とうとしません。美大の存在意義が問われます。

もう一つ問題があります。それは、アートが細かに分類されていて、それぞれが縦割りになっていて、それぞれの間に大きな垣根があるということです。油彩とか水彩とか日本画とかのように・・・・・。何かを表現するのに、特定の表現手法にとらわれる必要があるのでしょうか。勿論、ひとつの手法を極めるというのもあっていいと思いますが。ここで、大きな発想の転換が必要だと思います。作り手志向から客志向(目的志向)への転換です。仕事としてのアートは、自分が主役ではなく、「お客様の問題を解決すること」「お客様をよろこばせる」ことが目的ですから。だとすれば、アートの分類や手法などどうでもいいことです。アートの分類の垣根を超えて、自由な発想で創作やデザインをしていく。

ビッグアートは、もともと壁画制作会社としてスタートしましたが、お客様の立場で仕事をしていくうちに、だんだんコンセプトが変わってきました。今は、壁画、オブジェ、デザイン塗装を組み合わせた空間づくりを行なっています。
まだ、自分の会社のコンセプトを一言でうまく言い当てる言葉がみつかりません。「建物や空間の美容師」というのが今のところ一番近いでしょうか。建物の欠陥や問題を、その個性を生かしながらアートでメイクアップして、チャーミングにしていくこと。「空間演出アート」という新しい切り口で、新しいアートの仕事を切り開きたいと思っています。にそのためには、壁画やオブジェ、デザイン塗装のみならず、光や音、香りにも挑戦したいと思います。

ビッグアートの試みは、アートを仕事にしていくための単なる一例に過ぎません。アートをアートとしてしか見ないのではなく、アートを活用して人のために役立つという視点にたてば、まだまだたくさんのビジネスが生まれることでしょう。実際、私の頭の中には次々と面白いアイデアが浮かんできます。「アートのビジネス化」。これこそが美大を始め、我々が今すぐに取り組まなければいけない課題だと声を大にして言いたいです。既存業界での閉塞感、過剰な競争も、既成概念にとらわれて、人と同じことばかりやってきた結果です。人と違うこと、自社にしかできないことから独自のビジネスを開発していけば、アートは大きな産業に発展するでしょう。店づくり、まちづくり、マンションや家づくりの分野で、「個性」「感性」「異空間」などというキーワードがテーマになっています。まさに、「五感産業時代」の幕開けです。

今アートを志している若者たちに伝えたい。今、社会はアートやデザインを強く求めています。ただ、今の日本ではまだそれに応える会社がほとんど存在していないだけです。では、社会が変わるまで待ちますか。待っても来ないかも知れません。行きたい会社が存在しないなら、新たに創るしかないですよね。

自分のためにアートをやりたい人ではなく、人のためにアートで役に立ちたいと思う人、私たちと一緒に道を切り開いていきませんか。

この記事をはてなブックマークに追加

アネハ・・・

2005-12-02 00:50:45 | カバの素顔
姉歯事件=耐震強度偽装問題のニュースが連日取り上げられています。
ゼネコンのコストダウン要請の行き過ぎから出た事件でしょうか。
日本経済の水面下の実態が表面化したようにも思えます。

でも、決して他人事ではありません。
マンション住民の方たちの不安と憤りは当然で、その論議は新聞やTVに任せますが、各業界とも下請け業者の置かれている立場や事情は似たり寄ったりなのかも知れません。
私のまわりでも、「価格の締めつけがきびしい」「以前より倍も忙しくなったが、利益は逆に減った」「仕事をやればやるほど赤字になる」「廃業したほうがましだ」という社長たちの声をよく耳にします。
この数年間、値下げ競争が続き、もうどこも限界に来ている感じ。
もちろん、当社も影響大です。
正に、他人事ではありませんね。
いつになったら、正常に戻るのでしょうか。
ただ言えることは、「原価を割ってまで商売を続けること」「違反や手抜きをしてまでも商売を続けること」は異常です。
最終的には「安く買った」と喜んでいるユーザの方が一番損害を受けることになってしまいます。

もともと、人と同じことばかりやっているから価格競争に陥るわけで、・・・・そういう意味では自分の商売をもう一度見直すいい機会かも知れません。
ピンチは、別な見方をすればチャンス。
当社も、「独自の市場」「独自の商品」「独自の販売方法」を目指して努力しなければなりません。
喝(カーツ)!(これは私自身に)


この記事をはてなブックマークに追加