カバ社長の日記 caba note

壁画やオブジェの制作会社ビッグアートの社長日記。「面白くなければ人生じゃない」がモットーの熱い熱いカバ社長の物語です。

面白くなければ仕事じゃない!

2011-02-04 09:22:31 | カバ的アングル
仕事の最低条件は、「人の役に立つ」ということです。
もっと言えば、「人を喜ばせる」「元気にする」「楽しくする」ことです。

でも、最近の世の中を見渡してみると、逆の現象が目につきます。
お店の店員、公的機関の職員などなど。
職場でやる気のない人が、最近急に目立ちます。
客の立場から見ると、「自動販売機以下の人」「いない方がいい人」です。
きびしい言い方かも知れませんが、本当にそんな人が増えています。
若い人に限らず、働き盛りの世代の人が多いのにはビックリです。
言い分としては、給与の減少や雇用の不安、将来への不安などが理由なのでしょう。

会社や社会に対する不満かもしてませんが、一番迷惑しているのは客です。
勿論、会社にとっても、一生懸命に働いている同僚たちにとっても、無益ですし百害です。
結果的には、客は離れていき、会社の業績が下がる。
そして、その人も要らなくなる。
悪循環ですね。
この問題を解決できる鍵を握っているは誰でしょう。
正に、働く本人です。

働くのがつらいのなら、辞めた方が本人のためであり客や会社のためです。
仕事とは、「人を喜ばせること」「人を幸せにすること」。
そこことを忘れたら、その人には誰も味方はいません。

まず、仕事を楽しみましょう。
そのためには、いつも面白いことを考え、実行してみる。
面白いことをすると、人が「にこっ」としてくれます。
人の笑顔は、最高のパワーです。
自分も楽しく面白くなります。

私は、朝から晩まで「楽しいこと」「面白いこと」「ワクワクすること」ばかり考えています。
面白く仕事をする人のまわりには、人が集まってきます。
自分のまわりに笑顔が増えたらハッピーな気分になり、もっと楽しいことを考える。
気づいてみると、仕事も増え、イキイキと輝いている自分がいる。
そんな楽しくて仕方のない生き方をしましょうよ!




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絵を描く仕事をめざす就活中... | トップ | 「何ができるか」ではなく「... »
最近の画像もっと見る

カバ的アングル」カテゴリの最新記事