増田カイロプラクティックの事務スタッフブログ

増田カイロプラクティックセンターの事務(雑務?)スタッフが発信する近況レポート。きまぐれ更新♪

5/19~28までオクト.フェス、5/20-21はトレインフェスタ

2017-05-18 | ひとつまみの情報
タイトル通りです。

5/19(金)から5-28(日)まで、東静岡北口広場にて、2017静岡オクトーバーフェストだそうです。
平日は16時~21時、土日は11時~21時。

まあ、当クリニックとしては飲酒はすすめてはおりませんが
ソーセージがウマソーです・・・
ビールは一口目が好きな桐井です。しかしスーパー下戸です。
なので・・・残念ながら飲みません。勿体ないですからね

このオクトーバーフェストin静岡は全席禁煙なので、タバコが苦手なので家飲みが多い人にはうってつけかもしれませんね。


さて、お次はお子ちゃんたちと鉄道好きな大人の方々に大人気の
グランシップトレインフェスタ2017ですね(^^)

しずてつの長沼車庫でもイベントやってます!
施術の合間にどうぞ♪

公共の交通機関をご利用ください、とあります。


この記事をはてなブックマークに追加

マスダカイロWebりにゅーある?

2017-05-17 | 近況
クリニックのウェブサイトをサーバー移転&リニューアルしてから早1ヵ月ほど経過。
リニューアルしてもなおかつ「なんだか懐かしい」と思わせる見た目…であることは自覚しているのです。

それは・・・
ワタシのセンスがないからだ!(開き直り)

いいのです・・・。
とにかく
「御社のホームページを拝見させていただきましたが、まだフレーム使ってるんですか?(笑)」
という迷惑営業電話(ウェブサイト管理関連のセールス)への対策だけはできたのです。
インラインフレームはまだ使ってますけどね…。見られない方々もいますよね、ゴメンナサイ。

でもまだ内容はそのまま使っているところも多いので、見にくいままのところもあります。
少しずつ直していきますね。
ウェブサイトに訪れる方々にはご迷惑おかけします。

ウェブサイト大改造に手をかける時間がなかったこの何年か。
HTMLもいつの間にかHTML5になっていたり、CGIがほとんど使われなくなっていたり、
(マスダカイロではまだ使っていますが(^^;)CSSを覚える間もなくどんどん時が流れていったり、
そして扱うソフト(Adobe GoLive)がなくなってしまったため、新しいソフトに慣れるまでに相当時間が
かかってみたり。(未だに慣れてないAdobe Dreamweaver)

気がつくとずいぶんオジサンになって…ちがったオバサンになっていました。
つまりだな、新しいことをずいぶん覚えられなくなってきたという言い訳を…(すンな)

腰痛患者だったワタシが増田先生から「ホームページを任せたいのだけど」と持ちかけられてから、
もう・・・あれ?何年経ちましたかねぇ。
2000年になるかならないかその辺りと考えると増田先生とワタシも一応おつきあいが長いのですネ。

実は私が手がける前に、増田先生は自分で作って公開していました。
しかも、Microsoft Word2000で!!

すごいです。ワタシはWordでホームページ作れることすら知りませんでした。
どうやってアップロードしていたのでしょう…。
それとも誰か他の人に手伝ってもらっていたのでしょうか。
その辺りの詳しいことは知らないですが、人望が厚い先生のことですから色々な人が周りにいましたし。

で、受け取ったものをそのままいじっただけの簡単なオシゴト(嘘です、一応当時は苦労しました)。
んで、そのまま10年以上(^^;

改めて自分が「先生からいただいたページを整えた」つもりだったものがメッチャクチャであることを自覚して
がっくり・・・
こんな作り方してたんかーーいっ>自分 (これも懐かしい表現だなオイ)

そしていよいよCSSを勉強し直さなくてはならなくなり、でも時間が足りなくなり
結局突貫工事で突っ走り。
とりあえずフレームを取っ払っただけのものとなりました。

ここまで書いておいて・・・私が何を書いているのか分からない人は多いと思います。
大丈夫です!! ワタシの独り言ですから 読み飛ばしましょう!

それで、改めて面白いと思ったのが増田先生の記事です。
http://www.chiromasuda.com/
右端の「Web待合室」→▼院長Room▼→「エッセイ」をクリックしてみてください。
それから「旧読書三昧」
あとは2003年7月から2005年12月までの旧近況レポート
近況レポートは斉藤先生と交代で書いていましたねぇ。
どれも「増田節」が利いてます。

まだ読んだことのない人はぜひご一読ください♪
もしかしたら近々更新もあるかもしれませんよー(^^)

【追記】
過去の記事を紹介しましたが、これらの記事は院長の足跡の一部に過ぎないでしょう。
 先生の記事にあった芭蕉のことば「不易流行」はいつも院長の中にあり、変わらぬものを基礎に置きながらも新しいものを取り入れては「もっと何か」を求め、様々な勉強と臨床と経験を積んでNAET®に辿り着いた、ということを抜きにしては語れないのではないかと思い、追記します。
しかし、残念ながら私はよくわかっていません。
だから間違っていたらゴメンナサイです>院長


この記事をはてなブックマークに追加

清水港

2017-01-05 | 近況
2016年12月後半、増田先生が清水港に行きたがっていましたので、
斉藤先生の運転する車に乗り込んでGoー!!
(院長は希望を完遂するまで訴え続けるため、希望は叶えておく方がめんどくない)

なぜ増田先生が清水港に行きたがっていたかというと、



清水港のイルミネーション&ライトアップ!
清水港 海と光の空間」・・・なのだそうです。
またローカルニュースか何か見たようです。
ここでワタシは自前のアナログカメラと、会社の三脚を持って便乗です。

イルミネーションが特別好きというわけではなく、
毎回「夜景」というものを撮るのが難しくて…(^^;模索中
アナログカメラだとその場で確認できないので、却って燃えます。
難しいものは何度でも挑戦したくなるのですね。
あと、水面に映る光は好きなのです。

写真が趣味というわけでもなく、単にどうやったら撮れるのかと
ただただ持っているものは操作したいという単純な理由です。
趣味ではないけど、写真撮るのは好きです。撮られるのは嫌いですが。

でもセンスがないからカメラアングルとか全く頭にないです

なんて中途半端なワタシ。

このイルミネーションは2017/2/28までやってます。
http://www.dream-plaza.co.jp/event/detail.php/348




この記事をはてなブックマークに追加

横断バッグ

2016-11-17 | ひとつまみの情報
静岡出身者なら、幼稚園の頃から通園・通学用に使ったはずの横断バッグ。
道路を横断するときの旗がわりで、安全に横断歩道を渡れるように、目立つ黄色で作られています。

↓こんなの

・・・・また前衛的な絵を描くワタシ(^^;

これ、静岡ならではだったのですねぇ。
クリニック近くの会社で作ってます。
ミヤハラという会社です↓
http://oudanbag.com/

今では大人も使えるいろいろな横断バッグ(ポーチやらミニバッグやらスマホカバーなどなど)も作っているらしいです。
時々通勤で通るので、いつも気になってます。

しずおか土産にどうぞ(^^)

この記事をはてなブックマークに追加

静岡県外からお越しの患者様へ

2016-11-15 | ひとつまみの情報
いつも静岡へ施術を受けに来られる、静岡県外の患者様へ。

もしかしたら施術の合間の食事処として楽しみにしていらっしゃるかもしれない
「炭焼きレストラン さわやか静岡池田店」は
現在改装工事中です。


2016/11/23(水・祝日)までだそうです。

http://www.genkotsu-hb.com/news/2016/10/1027.html

JR静岡駅近辺のホテルに滞在される方は
新静岡セノバ店

東名高速道路をご利用なさる方は
静岡インター店

自家用車でお越しの患者様は、そんなに遠くないので
静岡瀬名川店
行かれてみてはいかがでしょうか。


もちろんさわやか以外のお店にもどうぞ(^^)

この記事をはてなブックマークに追加

藁科街道ちょっと歩き→洞慶院

2016-11-03 | 旧街道あるき
10月末に、どうしても散歩したくなった私は、下調べもしないで
「ふらっと旧藁科街道」歩きをしてみました。

とりあえず新静岡駅に降り立ち…どっちへ行くのだっけ?(^^;
しかも、昔はよく行った方面だったのに、年を取るとどうもダメである。
すっかり方向音痴。
無計画だと、タブレットのナビに助けてもらう回数が増えるので困ります。

結果的に歩いたところはこんなかんじ。

・・・たったの9km。

適当に歩いて安西橋を目指します。
適当にも、昔からのメインストリートをなるべく選びます。

安西橋渡ります。


安倍川ーー♪
そして木枯らしの森が見えます。
子どもの頃さんざん行った木枯らしの森ですが、歴史的にも有名だったと知ったのは、旧街道を歩き始めてからです。
清少納言が枕草子に書いているとか(諸説有り)、小野小町が歌を詠んだとか。
「人知れぬ 思い駿河の 国にこそ 身をこがらしの 森はありけり」小野小町
へぇぇ…なんか、熱い恋の歌・・・なのであろう(^^;

ほかにも古の歌人たちが歌にしたらしいです。
しかし木枯らしの森へは・・・今は行く気になりませんでしたのでパス。
興味ある人は川を渡っていきましょう。水の少ないところを選べばたどり着けます。
長靴がいいですヨ。
夏にゴムじょんじょん(ゴム草履)でもいいですけどね。

安西橋を渡り終え、まっすぐ行こうとした私を、
「旧街道歩き脳」がふと引き留めました。
たまにあるのですが、なんとなく脳内で
「まて、旧街道はこっちだよ」と教えてくれる
ときがあるのです。
いよいよ私もアブナイ人です(^^;あ、今更か

実際タブレット地図で見ると確かに「藁科街道」としっかり記してあった。

脇道に見えるけれど、こっちがメイン。

山崎の町並みをぐるっとまわって、また国道362号線に戻る。
またしばらく歩き、マックスバリュ羽鳥店を過ぎようとすると
「旧街道はいかにもこっち」という別れ道が目に付く。
自分の勘をたよりに、住宅街を歩き進むとありました。

街道沿いにこそある「道しるべ」。
しかも洞慶院への追分。
なのでここを曲がっていきます。

市街地からそんなに離れてはいないのですが、とっても懐かしい感じの町並みが続きます。
住宅街となっていても気持ちよく歩けます。
・・・ちょっと奇異な目で見られるときもありますが(^^;

順調に歩いて、あっという間につきました。
洞慶院。

梅の名所として有名です。
梅園からお寺まで、杉並木の参道があります。

風情がありますね。

お寺の門の前には小川をまたいで大きな四本杉があります。
その小川にかかる石橋も、やはり風情があります。

紅葉の時期にはきっと綺麗なのでしょう。

見学し終わって降りてきたときに、この石橋の近くの階段でみごとに滑ってコケました。

苔むした石段はアブナイです(@_@;
皆様もお気をつけください。

こけて左手を捻挫してしばらく動けなかったのですが、
痛みがマヒしているうちに農園カフェに行って
苺スムージーを飲んできました。
美味かったです
(ケガを早く治すために、その後は甘いものを断ちました・・・)

この記事をはてなブックマークに追加

音楽の秋、ちょっとだけ

2016-11-03 | 音楽
秋・・・しかもいきなり晩秋が来た感じの静岡。夏から一気に晩秋(^^;

秋の夜長と言いますが、もうPM9時には寝ていたい私からするといつでも夜は短い。
それでも色々な音楽をむさぼる秋。
好きな音楽に囲まれて浸るには、ひとりで黙々と何かの作業をするのがいちばんです。

そういえば初秋の9月。久しぶりにJAZZライブ行きました。2年ぶりです。
↓最初に行ったほうのCD、宣伝しておきます
THREE FLOWERS 古地克成(dr)
熱い九州男児ドラマーでした。
すっごいパワーに圧倒されて、自分の眠っていた耳がめざめたっぽい。

久しぶりに行ったらば、そのすぐ後日に超憧れのベーシストの来静を知ったので、
その週の金曜にもライブにでかけて行ったのでした。
↓このアルバムのメンバーですね。
Gentle Breeze 安ヵ川大樹(B)
ベースメインで聴きに行ったものの、何故かピアノばっかり見てました(^^;
(もちろんベースはものすごく聴いてましたが)
田窪寛之さんというピアニストでしたが、優しく流れるようなその旋律に耳も目も釘付けになってしまいました。
「Gentle Breeze」というアルバム名にふさわしい、爽やかで空気が澄んでいて、ひたすら耳に心地よい音でした。
優しい音はいいのだけれど鍵盤が押さえ切れていない、という残念なピアニストも時々いますが
この人の音は決してそんなことはない。弱さなど見えてこない強さの中の「優しさ」が感じられる音でした。
お近くのライブスケジュールで田窪寛之さんの名前があったら、是非聴きに行ってみてください。

ほかにも
若々しくて元気なピアノは堀秀彰さんがいいし
もうホントに聴き惚れてしまう、一音一音の美しさと表現力のすごさは高田ひろ子さんだし
聴いていると楽しくなって思わず笑顔になってしまうのは元岡一英さんだし
なんといってもMr.エンターテイナーは大野雄二さんだし
あげたらキリがないですね。
私の知っている狭ーーい世界でもこれだけいるのだから、日本のJAZZピアニストは
クオリティ高い。ゼッタイ

でも私にとっての神級にスゴイは↓この方。
なにがどうって表現できないぐらいに、ただひたすらいい(^^;
ケニー・バロン
ベースも大大大好き!!な北川潔さん。


自分の好きなことに熱中する時間て大切にしたいですね。
気持ちも切り替わるし身体も軽くなる。
秋って、自分の好きなことを、改めて見つめる機会なのではないかと思うのです。

この記事をはてなブックマークに追加

秋です♪

2016-09-25 | 楽しみ

雨ばかりの日々が続きましたが、だいぶ涼しくなりました。
陽も短くなってきました。

暑さ寒さも彼岸まで

「本当にその通りですねー♪」・・・などと毎年言っています。

最近、急に風邪っぽくなる人が増えています。
クリニックに通っている人たちは斉藤先生から
「体が冷えているから、寝るとき毛布を下に敷いて、体の下から温めましょう」
と言われていることでしょう。

私も仕事中は汗だらけですが(^^;←仕事中はずっとこんなです
夜はやっぱり体の冷えを感じます。

斉藤先生の受け売りですが、「昼は体内でストーブをつけて
暖めているのですが、夜は体内のストーブも火を落としてしまう」
のだそうです。

それで睡眠中は寒いのか・・・。

てなわけで、私も敷き布団のすぐ上に毛布を敷き、その上に横になり、
掛布団は普通にして蹴飛ばさないようにして寝てみました。
(掛布団を厚くしてしまうと、必ず蹴飛ばして寝てしまうのです)←ほぼ子どもと一緒ですな

するとどうでしょう。
最近よく眠れていなかったのが、ぐっっっすり眠れるようになりました。

眠れていない人、冷えて色々な症状が出ている人はやってみてくださいね。

あと、体を冷やす三大食物

1.甘いもの(特に果物)
2.酵母(特にパン、アルコール)
3.揚げ物


この三つに気をつけましょう(^^)
そして体調がすぐれないときには、火の通った温かいものだけを
食するようにしてみてください。
斉藤先生オススメは鍋ですが、私はちょっぴり鍋が苦手なので
具だくさんのみそ汁とかスープとか、あとは
しぞーかおでんですな。
(しぞーか人の感覚ではおでんは鍋に含まれない)

これからどんどん秋も深まってくるでしょう。
ちょっと早いけど、この素敵な歌が今の私を癒やしてくれるので
貼っておきます。

 'Tis Autumn (song by Yukari Matsuoka)



この記事をはてなブックマークに追加

【写真追加】玉露の里 そして昆虫館

2016-09-22 | 楽しみ
前回の岡部 玉露の里の記事に写真と説明追加しました。
(この記事に貼り付けてある写真も含んでます。たまには甘いものもよいのでございます(^^))
藤枝方面へお出かけの際に参考にしていただけると幸いなのです…。


ちなみに「道の駅 玉露の里」の駐車場、さらに奥には
ふるさと世界の昆虫館」という昆虫の展示をしているところがあります。


標本を管理するために薬品のにおいがかなりしますので、
敏感な方はご注意。マスク持って行けばいいかな。

自分は子どもが幼児だった頃、なんとなくカブトムシとクワガタを
飼育していました。
つがいで飼っていたので卵からも孵したり。
そんなわけで昆虫はわりと好きなほう・・・かもしれない。
断じて嫌いではないですね。かわいいし、きれいだし、オモシロいし!
昆虫から学ぶことって、無限大ですしね。

で、玉露の里へ行ったときに昆虫館行ってみました。
蝶、甲虫、いろいろな虫たちがずらーーーりと標本で展示されています。
ケース内には生きた甲虫たちが居ます。
世界のカブトムシやクワガタやスカラベ(フンコロガシ)などを見られます。

ひっくりかえっていたクワガタがいたので、館長さんに声をかけたら
戻してくれて、おまけにケースから出して見せてくれました。
表に返してみたら、ものすごいツヤツヤのクワガタで私は物珍しくてビックリ。
レギウスオオツヤクワガタ・・・なのだと思います。(名前おぼえられない(^^;)
まさに黒い宝石です。具合が悪くなくてもすぐにひっくり返ってしまうのだとか・・・なんかカワイイ。
となりにはネプチューンオオカブト
ツノのところにうぶ毛がたくさん生えています。
中南米の標高の高いところに棲息しているので日本の夏は苦手だそうで、保冷剤にくっついていました。
・・・やはりカワイイ。

さらに写真でしか見たことなかったヘラクレスオオカブトを、
館長さんがわざわざ出して見せてくれました。
そして受付の近くに居るめずらしい「真ん中からクッキリ分かれている雌雄型」のカブトムシも見せてくれたり。
キッチリ真ん中からみごとに雄と雌に分かれていました。
雌雄型はいろいろあるそうなのですが、これだけキレイに分かれているのは珍しいのだとか。

雌雄型自体初めて知りました。
しかしそれよりもそれを見た私が・・・
マジンガーZのあしゅら男爵を思い出していたのは言うまでもありません。
http://www.shin-mazinger.com/character/chara_04.html

もっとじっくりゆっくりしたかったのですが、さすがに薬品臭で
自分のタイムリミットが来てしまったため、ここまでにしました。
お昼時にお邪魔してしまったのに、親切にしてくださって感謝です(^^)/

虫好きな方は是非行ってみてください。

【入場料】大人400円 子ども300円
【休館日】月曜 (7-8月は無休)
【営業時間】9:30-17:00

この記事をはてなブックマークに追加

【歩き】岡部 朝比奈地区

2016-09-05 | 楽しみ
前回に引き続きキラキラ探検隊の続きを休日にやってます。
しかし、あまり遠くには行けません(^^;

というと静岡市の隣ぐらい、という理由で藤枝を目指したのです。↓宝の地図
http://www.takarush.jp/promo/toyopet2016/pdf/area/11.pdf
岡部近辺は、東海道歩きでしょっちゅう訪れます。
しかし街道から分かれ道になっているところへは訪れたことがありませんでした。
これはチャンス。

今回の謎の舞台は、岡部玉露の里。(2016年10月追記)
そして、道の駅玉露の里へいく自主運行バスがあるのでそれを利用できる♪
・・・2時間に1本・・・。
まだるっこしいので、しずてつジャストラインで岡部宿の大旅籠柏屋まで行き、バス停から歩きます。

この日も暑いのでフル装備。
途中でミネラルウォーターを買って、頭とアームカバーと首のバンダナを濡らしながら進みます。
いつものように途中で、咲いている花にみとれます。

ピンクのリコリス? と思ったら「ナツズイセン」という花でした。
ヒガンバナの仲間にはちがいなかった。

岡部の朝比奈地区は、朝比奈大龍勢で有名。
当然史跡には立ち寄ります。

↑クリックすると別ウインドウで大きくなります

静岡県の無形民俗文化財に指定されている「朝比奈大龍勢(あさひなおおりゅうせい)」。
龍勢が打ち上げられる櫓です。初めて見た~。
http://cgi2.nhk.or.jp/archives/michi/cgi/detail.cgi?dasID=D0004500125_00000
戦国時代から急を知らせる手段として使われていたということです。
大龍勢は、道の駅玉露の里の近くにある六社神社へ奉納されるそうです。
↓六社神社の説明

蚊がたくさんいたので、その六社神社の見学はそこそこにして出てきてしまいました。ポリポリ…

2年に一度打ち上げられるそうですが、今年はその年。
2016年10月15日(土) 開催だそうです。土曜が休みの方は是非ぜひ~。

宝探しついでに観光しているのですが、ついでが主になっているような気がします。
藤枝地区は、なかなか見つからなくて難しかった。
しかも手がかりの三つ目(椿園の一番上)がわからなくてホントに苦労しました。(2016年10月追記)
さらに宝箱の在りかはやっぱり歩かされるし…暑いんだからさー……。

でも藤枝地区は道の駅を拠点にできるので、そのあたりは楽でした。
トイレも飲み物も、食べ物も♪
近くの朝比奈川ではこどもたちが川遊びしているし、川の水はきれいだし。川のある景色は目の保養です。

↑9月にもう一度訪れ、子どもたちがすっかり居なくなった朝比奈川。

玉露の里 歴史文化園にも行ってみました。



そして茶室も外から眺めるの好き♪
ちなみに茶室は有料です
【入館料】510円(玉露or抹茶・茶菓子付)
【営業時間】9:30~17:00

お腹が空いたら道の駅「玉露の里」へ


道の駅「玉露の里」内レストラン茶の華亭の「玉露しるこ(冷)」は、あんこが白あんです!



見た目がキレイで、しかも美味しいのでプッシュしておこう。
他にもおそばのほとんどが茶そばだったり、お抹茶に玉露ソフトが入ったアフォガートなど、お茶メニュー満載。

暑さであまりウロウロできなかったけど、来て良かったと素直に言える朝比奈地区でした。
帰りは自主運行バスに乗れました(^^)

この記事をはてなブックマークに追加

【公共交通機関】キラキラ探検隊 駿河区/葵区

2016-09-05 | 楽しみ
8月に患者さんが、トヨペット主催の「キラキラ探検隊~かぐや姫伝説の宝石をさがせ!」の冊子を持ってきてくださいました。
どんなのか知りたい人は、PDFダウンロードできますので特設サイトへ
http://www.takarush.jp/promo/toyopet2016/map.html


静岡県21カ所それぞれに宝箱が隠され、各宝箱のてがかりを記した3つの場所を探し出すのに、まずそれぞれの謎を解かなくてはならないという、子どもちゃんだけではどうにもならない仕組みになっているので、親子で楽しむには最適です。

お子さんが待合室にたくさんいるから、誰か興味をもってくれるかな~・・・と期待して待合室本棚に置いたのですが、
土地勘
体力
移動する車


この3つが最低でも必要なので、体力的にも限界である患者さんたちが行動するのはちょいと難しく・・・。
それに今年の夏は太陽が本当に厳しいくらいに勢いがすごくて、外出を促すのもよくないかな、と思い始めましたので下げることに。

しかしせっかくのお宝がもったいない。
このあとスタッフが美味しく冊子をいただきました(^^;
しかし、私には免許もないし運転手をしてくれる人もいない~~るるる~~♪

だが私には(自分の)足がある!!

というわけで駿河区からスタートした8月後半。
謎を解くのがおもしろくて、昼休みの間に県下21カ所、少しずつ解いていました。

駿河区は、てがかりの場所が自転車で行ける場所でしたので助かった・・・
まずは謎を解いて草薙の総合運動場へ(2016年10月追記)
3つめの手がかりは県立美術館。

県立美術館・・・あの坂を自転車では登れませんのでひいて歩きます。(2016年10月追記)

まあまあここまではちゃりんこで行けるのでいい(^^)♪

と思いきや、3つのてがかりを集めたら、宝箱は日本平頂上にあることがわかりました。(2016年10月追記)

この宝探しをするには街道歩き当時の「夏の歩き対策」の装備をしなくてはならないと実感。
もちろん無くてはならないサングラス。
首には「しろくまのきもち」

アームカバーは水で濡らしてから着用
水筒
頭は水で濡らしてから帽子をかぶる
途中でアームカバーを濡らすための水も別に持つ

さて日本平。(2016年10月追記)
実際歩いて行けないことはないのですが、毎日チャリンコで橋を越えるときに心臓が破れそうになっているので、おばばは無理をしてはいけないのです。
ここはハイキングコースともなっているのでですが、猛暑の中ハイキングするのも、昼間とはいえ不気味な道を一人で歩くのも趣味ではない。
そこで頼りになるのがしずてつジャストライン。はやりバスは市民の足ですね~。

市内なのにたくさん交通費使いましたが、なんとか宝箱にたどり着きました。
街道歩きとはまたちがうワクワク感があります。

普通ならついでに観光なのですが、さんざん来た場所でもあるので用事が済んだらすぐ下山(^^;

ついでに葵区もクリアしようと思いつき、バスを乗り継ぎ静岡駅へ。
静岡駅からは歩いて駿府公園へ。(2016年10月追記)
この夏はポケモンGoやっている人も結構いたので、その「場所」は沢山のスマホやタブレットをもった人がいました。
平日、イベントもやっていないこの場所で沢山の人を見るとちょっとビックリ。

手がかりをあつめると…宝箱は静岡浅間神社にあるとのこと。(2016年10月追記)
・・・やっぱりねー。そう来ると思ったよ。
地元民なのに、近道をしようと知らないところを通って道に迷う(^^;
地元民なのにタブレットのナビに助けてもらう・・・。
(歩きタブレットは危険なので、ナビを使うにも一苦労する)

これ・・・歩くの得意な人や都会人(通勤だけでたくさん歩く人たち)でないと辛いと思う。
親子で楽しむにも大変な人たちが多いぞ、きっと。

でも面白いので、ちょっと続けています。

この記事をはてなブックマークに追加

春なのですねぇ

2016-03-24 | 近況
今日は寒かったけど、しっかり春が来ていますね。

昨日は満月でしたが、おぼろ月夜。


出勤時の富士山も霞がかっています。


これからの季節は、静岡にいても富士山がますます見えなくなっていきます。

せっかく雪が積もったのになぁ・・・。


さて、今年は花粉が当たり年だそうでして。
重症の花粉症状がある方も、自覚無しの花粉症の方も大変です。
自覚無しの花粉症の方に「春だけ腰痛」「春だけ気分が落ち込む」「春だけかゆい」なんてものがあります。

でも、普段から大豆(豆腐・豆乳・豆製品・揚げ物←大豆油)や米を減らし気味の方はそうでもないのですが、積極的に摂っている方などは急に症状がひどくなるケースがあるようです。
ググッてみよう

昔から「大豆=ヘルシー」なんていうイメージが植え付けられているのですが、いつでもどんな時でも

 過ぎたるは猶及ばざるが如し by 孔子
 薬も過ぎれば毒になる (日本のことわざ)
 More than enough is too much.(十分以上は多すぎる:英語のことわざ)

なのですよね。
世界中に同じようなことわざがあるということは……コレは真理!(゜Д゜)

なんでもほどほどが良いのですよね。
自分もそれが難しくてついつい色々なことをやりすぎてしまうんですけど…。

いろいろ負担が多い春なので、いつでも心に「ほどほど」と言い聞かせてまいりましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

お子ちゃんたち、遊んであげてね

2016-01-05 | 楽しみ
クリニックぬいぐるみコーナーに、増田先生セレクションのぬいぐるみが仲間入りです!
沼津港深海水族館で買ってきてくれました。

さて、何のぬいぐるみかというと・・・・


コレ!↓

深海生物シリーズダイオウグソクムシ ぬいぐるみ特大 グレー 7317
ティーエスティーアドバンス
ティーエスティーアドバンス


ダイオウグソクムシ

通称グソクくん(^^)ですっ!

一目見るなり
「あーっ ダイオウグソクムシだっ!!」
と叫んだのは言うまでもありません。


 ↑本物のダイオウグソクムシ

はぁぁー・・・・このクールな目素敵なフォルム・・・グソクくん最高!
増田院長ありがとうございます!!

クリニックに来るお子ちゃんたち、嫌でなければどうか可愛がってあげてください。
ぎゅーっと抱っこすると、離したくなくなる・・・かもしれない。

このぬいぐるみ、本当に精巧に出来ています。作るのはさぞかし大変なはず。
足だって、猫バスよりはるかに細かいですからね。
ということは・・・それなりのぷらいす(^^;

増田先生、再びありがとうございます!!
(しかし、あくまでも子どもたちのために買ってくれたものなのです)

この記事をはてなブックマークに追加

~院長と行こう!~ 丸子路 車椅子でめぐる旅

2015-12-09 | 東海道歩き

どぉりゃーーーっ!!

と、車椅子をグイグイ押して歩いてきました。
一番恐れたのは、寒くて増田先生が冷えてしまうことでしたが、
幸い穏やかな気候に恵まれたので、それは杞憂に終わりました。

車椅子と、それを押す人の弥次喜多珍道中。歩きの行程は以下の通り。

静岡駅→109辺りから東海道を歩く → 安倍川もちの「せきべや」
    → 手越 → 丸子 → とろろ汁の丁字屋 → 駿府匠宿
    → 吐月峰柴屋寺 → 旧街道に戻る → 途中で道をそれる(増田先生の好奇心)
    → 山を登っていることに気づいて、疲れて戻る
         全行程13.4キロなり。

緩やかな坂が私の腕に、確実に少しずつダメージを及ぼす。
静岡の穏やかな冬の気候が、灼熱の炎のように私におそいかかり・・・・

だぁーーーっ!暑いんじゃーーーっ!

防寒目的の上着は既に「更に汗を吸って重い荷物」となってリュックの中へ。

が、そんな苦労など感じさせる暇も無く、院長との旅は急ぎ足で進み、
あっという間に私の
「もう疲れた-。帰ろう」
というギブアップの声と共に終わりを告げたのでした。

そのうち院長のブログに載せられるといいですが…。
「アップしろ」と、院長に指示されそうですが。

↓この写真でしばらく我慢してね>院長

この記事をはてなブックマークに追加

児童書コーナーに

2015-12-07 | 
自分の趣味で一冊入れました。


もう ぬげない
ヨシタケ シンスケ
ブロンズ新社


もうこれ、表紙で惚れ込んでしまったというか、
さらに立ち読みしたら児童書コーナーで笑いをこらえるのに
必死だったというか・・・。

気づいたら本をもってレジに並んでいました。

この脱げない状態でまじめに将来を考える彼が
子ども扱いして欲しくない子どもらしくて良い。


ちなみに私、シャワーを浴びる前によくこのような状態になります。
さすがにその後の生き方をまじめに考えたりはしませんが(笑)

ぜひお子さんと一緒に読んでみてください。



きっと笑うです。

この記事をはてなブックマークに追加