Asterisk 電話 日誌

AsteriskとKX-UT136を使った小規模電話システム構築まで

Asterisk インストール2

2017-07-15 21:04:56 | 日記
ひかり電話を接続したいので、pjsipをインストールします。
http://www.voip-info.jp/index.php/Asterisk_13_pjsip
を参考にしました。

pjprojectの入手とインストール
# cd /usr/src
# wget http://www.pjsip.org/release/2.5.1/pjproject-2.5.1.tar.bz2
# tar -jxvf pjproject-2.5.1.tar.bz2
# cd pjproject-2.5.1

./configure --prefix=/usr --enable-shared --disable-sound --disable-resample --disable-video --disable-opencore-amr CFLAGS='-O2 -DNDEBUG'
make dep
make
make install

インストールの確認
ldconfig
ldconfig -p | grep pj

Asteriskソースの入手
# cd /usr/src
# wget http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/asterisk/asterisk-13-current.tar.gz
# tar zxvf asterisk-13-current.tar.gz
# cd asterisk-13.x.x

pjsip確認
# echo $PKG_CONFIG_PATH

# export PKG_CONFIG_PATH=/usr/lib/pkgconfig
# ./configure

日本語音声ファイルをインストールする場合には./configureの後 make menuselectを実行します。
# make menuselect
メニュー画面から Core Sound PackagesでCORE_SOUND-JA-....の必要なフォーマットのファイルを選択し、
[Save & Exit]でmenuselectを終了します。あとはコンパイルとインストールを行うだけです。
そのときに、Resource Modulesにpjsipがあるか確認する。XXXだとだめ [*]ならOK

# make
# make install
# make samples
# make config

最低限のPBXとして動作させるには設定ファイルにAsterisk 13 サンプル設定ファイルを
使用してみてください。
# cd /etc
# mv asterisk asterisk.bak
# mkdir asterisk
# cd asterisk
# wget http://ftp.voip-info.jp/asterisk/conf/conf-sample-13_current.tar.gz
# tar zxvf conf-sample-13_current.tar.gz
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Asterisk インストール1 | トップ | Asterisk 構築 sip.conf »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。