新旧の鉄道撮影記、自然風景のある写真

鉄道のある風景、京都をはじめ自然のある風景をカメラに納めてます!

懐かしのタンゴデスカバリー

2017年05月11日 | 私鉄
京都丹後鉄道のタンゴデスカバリーは車両デザインの変更により5月6日限りで最終運行になりました。
タンゴデスカバリーは、以前から「丹後の海」編成に車両変更してきており、今回で最後の編成が
変更されることになりました。

最終週の4/29~5/6のゴールデンウイークでは特別なヘッドマークを掲げるなどのイベントが
ありましたが、小生は出撃がかなわなったので、今となっては、京都丹後鉄道内での懐かしのタンゴデスカバリーを
アップします。

*丹後の海は、ななつ星などの車両デザインで知られる水戸岡鋭治氏がリニューアルを担当した
 車両で、車内は木をふんだんに使った内装は豪華です。

*丹後の海は、豪華内装で乗客には好評ですが、車両を撮る者にとっては、深いブルー色は
 黒色に近く撮影しづらい車両で余り撮る気がしないのが本音です!

併せて、同日に撮った伊根付近の朝日の棚田風景、伊根港風景をご紹介します!









             伊根港
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水辺の京阪、近鉄電車 | トップ | 懐かしのタンゴデスカバリー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。