足の向くまま、気の向くまま

気付いたこと、気になったことなどを
勝手気侭に・・・
コメントは予告なく削除することがあります

25333歩

2011年02月09日 22時38分56秒 | Weblog










          半世紀近く前の通い慣れた駅付近









            神宮道 奥は平安神宮


              都ホテル(右)










1891(明治24)年6月に運転を始めた我が国初の水力発電所で、120年を経た今も現役として運転を続けています。
1965(昭和40)年入社の半年後ぐらいから、初めて担当を任された関電滋賀支店の湖南蹴上線。77KVの6回線鉄塔21基。湖南変電所は瀬田川の南郷洗堰の西にあります。












              ねじりまんぽ

かんでんイーパティオの"水力発電発祥の地"をご覧ください。



 上下水道学の見学で来た、1912(明治45)年3月竣工の蹴上浄水場




    峠 (山科盆地←人→京都盆地) 京津線の面影は全くありません


         アンカーを打込んだ擁壁が続きます


      「京津國道改良工事 昭和八年三月竣工」とあります




   写真をクリックするとそれぞれの拡大写真がご覧いただけます


      御陵駅西入口 三条からここまで4.3km 75分



    京都市営東西線 三条京阪-御陵 3.4km 250円 6分




       急曲線部では常時、潤滑油が散布されています


            間もなく浜大津駅です








   今日の講演会場は県庁新館 浜大津駅から1.7km 約20分

     『土木学会関西支部イベント 滋賀地方講演会』
            13:15~16:45


         滋賀県生物環境アドバイザー制度から
         ~公共事業と生物多様性保全の事例~
         滋賀県立大学名誉教授 小林 圭介 氏
       本件の詳細が、県庁サイトで公開されています


           瀬田唐橋景観検討について
       滋賀県大津土木事務所 副主幹 石山 基 氏
      本件の詳細が、県庁サイトで公開されています



        45年ほど前に何度か乗り降りした大津駅


           写真をクリックしてください



         再び、浜大津駅に さて、行き先は?


     同じ600系でも、塗装で随分と感じが変わりますね




  17時を過ぎ、暗くなってきたので、感度を1600に上げました


           写真をクリックしてください


          石山駅(左)・新幹線と名神高速


          間もなく、終点の石山寺駅です













           上流側には名神高速の橋梁が



              某大学ボート部




          下流側に振り向くと、新幹線が


 小橋51.8m       中之島        大橋172m




         真っ暗闇でピントが全然合いません



                小橋

         これから、下流側を江戸に向います


                大橋

   ご覧のように照明柱が一本もなく、自動車の灯りだけが頼りです


          大橋の中ほどから下流側を望む






      江戸側を撮った後、横断歩道を北に渡り、上流側に


         国道1号線(東海道)瀬田大橋の灯り


             京に向かっています


           大橋を渡り振り返ると・・・


               大橋の上流側

            フラッシュを焚きました


         何が書かれているのでしょうか!?


            これから小橋を渡ります


東海道を東に向かい、その帰路の車窓からこの"瀬田唐橋"を見ると、帰ってきた気持ちになりました。大阪まではまだ随分と距離があるにも拘わらず。
遠くに目にすることはあってもこれまで渡ったことがなく、やっと念願が。


           京阪石山坂本線・唐橋前駅



           国道1号線を横切り、北上


             JR・京阪 石山駅

       石山寺駅からここまで2.4km およそ1時間


        新快速播州赤穂行(3511M)の到着です


           京都まで14分、230円也


       日本一長い0番ホーム 向かいは2番ホーム


      斬新な京都駅 22世紀の人々の評価は如何に!?



     京に相応しい(!?)"ろうそく塔"、別名『京都タワー』


        七条大橋からの上流側(左)と下流側の眺め


              京阪・七条駅



             中之島行快速急行


              天満橋駅到着


            通路壁面の京阪電車


             市交・谷町四丁目


帰宅は21時20分。万歩計には25333とありました。お疲れさん!!



ひろいよみ:
党首討論で首相曰く 議論もしないまま、まず解散だと言うのは、国民の利益よりも党の利益を優先している提案としか思えない。

この言葉、そのまま首相にお返ししますわ。
議論するも何も、国民との契約違反をやってるじゃないですか。にも拘わらず、それを認めることはしないで、何を言ってんの。
実行できていないものは、きちんと説明をして、国民に詫びなきゃ。その後に、新たな政権公約を示したうえで、これでやらせてもらえますかって、国民の意向を訊かなきゃダメでしょう。アンタこそね、石に縋り付いてでも発言、ありゃ何ですか。


今日の『しらせ』 昭和基地の南西11.4km
コメント
この記事をはてなブックマークに追加