gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「干物好き」がんにご注意 厚労省研究結果(産経新聞)

2010-02-08 13:49:19 | 日記
 塩漬けにした魚や干物、たらこなどの塩蔵食品をたくさん食べる人は、胃がんだけでなく、がん全体のリスクが高まるとの研究結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が4日、公表した。

 津金部長は「胃がんが中心とみられるが、がん全体のリスクを左右するほど塩蔵食品の影響は大きいと考えられる。食べるのを控えれば、がんのリスクを下げることができる」と話している。

 岩手、沖縄など8県の45~74歳の約8万人を平均約8年間、追跡調査。4476人ががんと診断され、2066人が脳卒中や心筋梗塞(こうそく)などの循環器疾患を発症した。食生活に関するアンケート結果から、塩蔵食品や、こうした食品を含む塩分すべての摂取量によって5グループに分け、病気との関係を分析した。

 がんのリスクは、塩分摂取量による違いはほとんどなかったが、塩蔵魚や干物を最も多く食べるグループ(1日当たり61グラム)は最も少ないグループ(同0・8グラム)の1・11倍、魚卵では最多グループ(同7・3グラム)は最少グループ(同0グラム)の1・15倍だった。

【関連記事】
乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果
働き盛り襲う心臓突然死 ストレス引き金…心身管理が大切
寛平さんも…前立腺がん増加 食生活の肉食化、遺伝的側面も
肺がん死リスク8倍…喫煙は「棺桶の釘」
偏りのない食事を 生活習慣点検+検診=がん予防

漂着ポリ容器 ハングル4割(産経新聞)
木嶋被告が運転、大出さん昏睡まで時間稼ぎか(読売新聞)
<相場操縦>容疑の元社員に課徴金 証取監視委が勧告(毎日新聞)
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず-法制審部会(時事通信)
外務省、ロシアに厳重抗議=駐日大使、射撃の確認避ける(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南硫黄島北海域で白煙=海底... | トップ | 船田前議員、新潮社を提訴=... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。