悦に入ってみました

少しくらいこんな時があってもいいじゃないか

ビリヤード

2017-06-28 20:53:56 | 日記
今日は久しぶりに友人とビリヤードをした。ビリヤードをしたなんて聞こえはものすごくよいけど、やった場所は国道沿いの漫画喫茶にあるビリヤードコーナーだ。店内に入ると眠そうな目をした漫画喫茶の客が、条件反射的にちらりと新しい客である私の顔を見てくる。レジにいない店員を味気のないチャイムで呼び出し、ビリヤードをしたい旨を伝える。日曜の昼間からビリヤードをする人なんてほとんどいないので、するりと入れた。球をセットしてボロボロのキューの中から今日の相棒を探す。この工程はむかしから変わらない。

ビリヤードを友達とするようになったのは大学生のころからだ。最初は物珍しさでやってみたが、なかなかうまくポケットに球が入らないので何度かあきてしまったことがある。しかし暇な大学生時代はそこに友人たちが集まればつまらないことでも行ってしまっていた。友だちと会うつもりで何度かビリヤードをしているうちに慣れてきて、少しずつうまくなっていった。それと同時にビリヤードにのめりこむよむようになり、時には6時間ぶっ通しでビリヤードに興じたこともあった。

そんな学生時代も終わり、年齢を重ねるごとに友人同士で集まる機会も減り、ビリヤードをする機会も減った。それでも時々こうして友人と集まって、ボロボロのキューを選び、ところどころ敗れたビリヤード台の上で自分が打った球が思い通りに動き、ぶつかった球がこちらの予想通りに動いてくれると昔のようにゲームにのめりこんでしまう。今では6時間もできないけれど、時間を忘れて楽しめるものと、それに付き合ってくれる友達がいることがとてもうれしいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長袖はいつから着なくなるか | トップ | ドックラン不適合犬? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。