マッハの貴公子 C1Runner の熱~い日記でつ(¬_,¬)b フフフ・・・

マッハの貴公子 天才タケスィが熱~く語るでつ( ̄ω ̄)ムフ~

新車価格200万円以下!現役女子大生が選んだかっこいいと思う車 ベスト5でつ!

2017-07-31 07:10:19 | 
現役女子大生がカッコイイって思う車は…
女子大生が選んだ車はどれも高い…

だけど新車価格200万円以下で「かっこいいかな・・・」と思う車もあるわけで…
高い車が好き!高い車に乗ってるから良い!という訳ではないでつなぁ~

200万円以下で、かっこいい車!
リーズナブルなのにカッコいい!!
夢の詰まったベスト5が…

まずは、圧倒的なコストパフォーマンス マツダ アクセラスポーツ!

アクセラスポーツの車名は、「Accelerate(加速する)」+「Accelerator(アクセル)」+「Excellent(卓越した)」からきてるでつ。

アクセラスポーツは2013年に3代目デビューしたマツダの上級ハッチバック。
名前どおりスポーティーなモデル!
名前からも高級感があるでつなぁ~
2016年に大きなマイナーチェンジが行われて、新たに1.5リッターにダウンサイジングされたSKYACTIV-D1.5クリーンディーゼルエンジンのグレードが追加。

外観では、グリルメッキトリムの延長ラインがヘッドライト上からシグネチャーヘッドライトユニットに繋がるデザインへグレードアップ。
「魂動デザイン」によるスタイリングで、国産Cセグメントクラスの中でも人気のマツダ・アクセラ。
マツダの主力モデルであるアクセラは海外でも人気モデルでつなぁ~

圧倒的な存在感。それでいてこのあふれ出る色気!
1.5Lモデルの標準グレードである15Sが193万円から。
素晴らしいコストパフォーマンス!


値段が安いだけじゃなく、このアクセラスポーツは走行性もかなり評判がいい。
身のこなしは軽やか、乗り心地もフラットライドで悪くないでつ。
走る楽しさと実用性、そして環境性能を兼ね備えたハッチバックとしてベスト!


2台目は、単なる道具である事を越える マツダ デミオ!

連続でマツダ車。
マツダが誇る名車、デミオ。

デミオのコンセプトは「生命感に満ちて、大人に響く美しさへ。」

商品改良において、新世代車両運動制御技術を採用したり、夜間視認性を高めるライトを搭載するなど、最先端中の最先端、
マツダの最新技術がつまっている作品。

デザインについてはさすがマツダかとしか言いようがないデザイン!
「色」の使い方と仕立ての良さに徹底的にこだわったやわらかく上質なデザイン。

デミオは、クリーンディーゼルエンジンとガソリンエンジンの二つのエンジンがあるでつ。

ガソリンはすべてのグレード200万円以下で、クリーンディーゼルはXD,XD Touringのみ200万円以下で購入することができるでつ。
全グレードが「安全運転サポート車(サポカーS)ベーシック」に該当し、全方位をセンシング。
日々の「走る歓び」をこれまで以上の大きな安心感で体感できる車でつ。


3台目は、美しくも力強い ホンダ ヴェゼル!

「その車、世界ヴェゼル」というCMでつなぁ~

ガソリン車のベーシックタイプのGグレードFFタイプのみ1,920,000円という価格。
今人気のSUVが200万円以下で手に入れられるのはかなりありがたいお話。

またヴェゼルはコンパクトSUVでありながらミニバン並みのゆとりの広さがあり、とても使い勝手が良いでつ。
ボディサイズを見てみると、マツダのCX-3とほぼ同等の大きさ。

室内空間を見た目や肌触り、座り心地まで徹底的にこだわった設計が行われていて、質感の高い車。
3年連続にてSUV販売台数No.1の実績もあり、満足度も高い車でつなぁ~

不具合も現在は改善され、アクセルを踏み込むと加速感はスムーズで、CVTなので変速ショックも感じないでつ。
シートが柔らかめに設定されているので、乗り心地も快適でつなぁ~


4台目は、コリ以外だけど、ゆとりと実用性を兼ね備えた トヨタ プレミオ!

プレミオは1957年に発売された『コロナ』をルーツとするモデルで現行モデルは通算13代目。

2016年、2回目のマイナーチェンジが行われて、外観デザインはフロント回りを一新したことで大きな変更があり、内装にも手を加えたほか、
先進緊急ブレーキを含む「トヨタセーフティセンスC」を採用するなど、安定性のある車。

優雅で華やかなデザインは大人の色気がぷんぷん漂うかっこいいデザイン。

車内は、リラックスできるゆったりとした空間で、雰囲気のあるインテリアでミディアムセダンということを忘れてしまうほど上質な
内装でつなぁ~。

木目調パネルを採用しており、レディッシュブラウン、ライトブラウンから選択。
シートカラーによっては落ち着いた空間も作ることができ、シートアレンジと組み合わせて自分だけの快適空間を演出できるでつ。


5台目は、すべての面で財布にやさしい トヨタ アクアでつなぁ~

トヨタの誇るプレミアムコンパクト「アクア」!

低燃費でコンパクトで使いやすくリーズナブルというはなまる満点の車。
2013年から4年連続で国内販売台数首位を記録しました。


ついこの間行われたマイナーチェンジでは、より先進的で洗練された外観デザインへと大幅変更しフロントは伸びやかなデザインとしたヘッドランプをはじめ、
フードやフェンダー、バンパーなどが変更され、さらに洗練されたイメージを増長させたトヨタ渾身の車!

しかもクロスロードも出てきたでつなぁ~

デザインはプリウスのようにトライアングル・シルエットを採用し空気抵抗を低く抑えるようなボディデザイン!

このアクアの特徴は何といっても燃費の良さ!ピカイチ!
ミーハーな私は燃費のいい車と言われたらプリウスだけが頭に浮かびますが、そのプリウスに匹敵するくらいの燃費の良さ。

国土交通省が発表した燃費の良いクルマベスト10ではベスト3入っているでつ。

大きすぎず、小さすぎずの丁度良い使いやすさですが、軽自動車よりも大きいサイズなので様々なシーンで活躍するでつ。

200万円以下でも十分かっこよくて機能性もある車は手に入れられるでつなぁ~
経済的で、かっこよくて、乗り心地もいい!女子ウケもいい!

車選びの参考になるでつなぁ~

この5台の中では、プレミオがいい気がしますなぁ~
やっぱり女の子とデートはセダンな気がしますなぁ~

やっぱり、維持費も考えると5ナンバーサイズがいいでつなぁ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥人間コンテスト2017なり~ | トップ | 神戸帆船フェスティバル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。