マッハの貴公子 C1Runner の熱~い日記でつ(¬_,¬)b フフフ・・・

マッハの貴公子 天才タケスィが熱~く語るでつ( ̄ω ̄)ムフ~

最近のインテルのCPUは…

2017-06-17 23:29:19 | パソコン
intelは第7世代Coreプロセッサー36モデル及び、これに対応するIntel 200シリーズチップセットを正式に発表。

第7世代Coreと言えば、昨年夏にモバイルPC向けのKaby Lake-U及びKaby Lake-Y、すなわち低消費電力設計のモデルを投入済。

今回はそれ以外のデスクトップPCあるいは自作PC市場向けの“Kaby Lake-S”、高性能ノートPC向け“Kaby Lake-H”のターン。
代の第6世代CoreであるSkylake-Sと今回のKaby Lake-Sとの間には、基本アーキテクチャーはほぼ同じ。

Kaby LakeはSkylakeの成果を下敷きに、これを最適化するTock+世代の製品。






これはすなわちCPUの基本性能はほぼ横ばいであることを示しているけど、今回最上位のCore i7-7700Kは定格4.2GHz、最大4.5GHzという高クロックモデルになってるでつ。

さらに言うと、無印7700の動作クロックは定格3.6GHz、最大4.2GHzとK付きに比べてかなりの差があるでつ。

型番末尾に「K」が付くモデルは、倍率のロックがない「オーバークロック可能」なもの。

従来Core i5とCore i7の最上位にしか存在しなかったが、今回はCore i3にもK付きモデル「Core i3-7350K」が存在。

かつての「Pentium 20th Anniversary Edition」のように、安価にOCに挑戦できる製品。

第7世代Coreも強化のメインターゲットはCPU内蔵GPU。

Kaby Lake-SのCPU内蔵GPU「Intel HD Graphics 630」ではEU数は従来と同じ24基だが、HDMI2.0aに対応することでリフレッシュレート60Hzでの4K出力に加えてHDRにも対応。

もちろんマザーボード側のHDMIポートや液晶ディスプレー側の対応も必要。

さらに、4K HEVC 10bit並びにVP9のデコード機能も追加されたことで、オンライン動画の4Kプレミアムコンテンツ、例えばNetflixの4KがPC上で視聴可能となるでつ。

Intel 200シリーズチップセットの基本機能はほぼIntel 100シリーズを踏襲しているが、最上位のZ270ではチップセット(PCH)から出るPCI Express 3.0レーンが20から24に増加。

より豊富なオンボードデバイスを搭載できるようになったでつ。

さらに、Intel 200シリーズチップセット搭載マザーボードのメインストリームモデルでは、多くの製品がM.2スロットを2本備えるでつ。

チップセット側がRAIDに対応していれば、NVMeのM.2 SSDを2本束ねて超爆速ストレージを構築することも可能。



また、Intel 200シリーズのM.2スロットはIntelが投入準備を進めている次世代高速ストレージである“Optane”にも対応。
まだ製品投入は先だが、将来性を重視するなら今あるIntel 100シリーズチップセット搭載マザーボードから、
Intel 200シリーズチップセット搭載マザーボードに乗り換えておくのが吉。

Core i7-7700Kのスコアーの高さ。マルチスレッド時はあと一息で1000ポイントに手が届く非常に高いスコアーを示し、
さらにシングルスレッドでもCore i7-6700Kを上回る(マザーボードの“Multicore Enhancement”は有効で計測)。

このスコアーの高さはターボブーストで動作クロックが4.5GHzまで上がったからスコアーが上がっただけという意地悪な見方もできるけど、
OCなしででポンとこのスコアーが出せるという点はそれだけで十分魅力。

その他下位モデルについてもクロックなりのスコアーを見せているが、6年前のCore i7となるCore i7-2600のマルチスレッド性能は最新Core i5の上位モデルとほぼ変わらず、
シングルスレッドのスコアーは段違いに低いという点も見逃せないでつ。そもそもCore i7-2600はもはや6年前のCPU、そろそろお役御免といったところ。

CPUのみを使用した場合はコア数が多く、動作クロックの高いCPUから先に処理が終了。

ここでも4.5GHzで回るCore i7-7700Kは強い。

一方、Core i7-7700とCore i7-6700Kはブーストクロックは同じだけど、Core i7-7700のほうが遅れているでつ。
定格クロックの差(3.6GHzと4GHz)が関係している可能性が大。

また、Core i7-2600はCINEBENCH R15ではCore i5-7600Kに近い性能を出していたが、このテストではCore i5-7400以下の結果となったでつ。
特に負荷の高いH.265テストでは5分以上も差をつけられているでつ。

QSV使用時は処理の多くの部分をGPU側で受け持つため、結果の差が縮まっているでつ。

ここでもCore i7-7700Kと7700無印に開きが出ていることを考えると、数千円の価格差(実際にはK付きはCPUクーラーぶんでさらに数千円上乗せだが)があっても、
7700無印よりも7700Kを買ったほうが長く前線で戦えるマシンになると言うべきところ。

ちなみに、Core i7-2600でH.265のグラフがないのは、そもそもH.265でのQSVに対応していないためでつ。

4K時代の基本圧縮コーデックになるであろうH.265で高速エンコードに対応していないとなると、もはや時代遅れであると言わざるを得ないでつ。

ざっくりとKaby Lake-Sのテストを行なってみたが、CPU内蔵GPUのグラフィック性能や消費電力まわりにやや怪しい点(サンプル版なので……)はあったものの、
CPUのパフォーマンスとしては順当なものが確認。

「Skylake-Sとほぼ一緒では?」という見方もできなくはないが、少なくともK付きモデルに関しては動作クロックが上がったことによるパフォーマンスアップが得られるでつ。

幸いなことに今回はマザーボードやCPUが互換性があるので、先にCPUだけ交換することができるのも嬉しい話。

Kaby Lake-Sは“いまだSandy BridgeやIvy Bridgeで頑張っているユーザー”にこそ強くオススメ。

NVMeやOptane対応、さらにCPU内蔵GPU性能や省電力機能など、新プラットフォームへ移行するメリットはかなり大きい。
余談だけど、最新世代のマザーボードはLED発光機能も充実しており、実際手にすると結構楽しいのも魅力のひとつ。

そして何より、肝心のWindows自身が旧世代CPUに見切りをつけているのも絶対に見逃せない点。

インボックスドライバーで動作はするが、将来何か問題が出たら古いプラットフォームはなす術がない。

Windows 10に対する好き嫌いはさておき、NetflixのようにWindows 10がキーになるサービスは今後も増えていくと思われるでつ。

そうした事態に対応するには、賞味期限の切れたPCは乗り換えていかねばならない。
だからこそKaby Lake-Sは、旧世代のシステムを使っている人にこそ、強くオススメ。

CPUの進化もすごいなぁ~

だけどまだまだ、インテルがスタンダードでつなぁ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徳大寺さんのRXー7試乗記 | トップ | 新型カムリ登場でつなぁ~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パソコン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。