マッハの貴公子 C1Runner の熱~い日記でつ(¬_,¬)b フフフ・・・

マッハの貴公子 天才タケスィが熱~く語るでつ( ̄ω ̄)ムフ~

ブラウザーのEdge、「InPrivate」

2017-07-26 23:29:19 | パソコン
Windows 10のWebブラウザー「Edge」のメニューにある、「新しいInPrivateウィンドウ」という項目はどんな機能なのか…


パソコンに閲覧履歴が残らない状態でWebサイトを利用する専用のウインドウが開くでつ。

Edgeのメニューにある「新しいInPrivateウィンドウ」を選ぶと、現在開いているウインドウとは別に、特別なウインドウが開くでつ。



上図 Edgeのメニュー。「新しいウィンドウ」の下に「新しいInPrivateウィンドウ」の項目がある
下図 EdgeのInPrivateウィンドウ。左上のマークで見分ける。このウインドウで開いたタブは履歴が残らない


ウインドウ内で開いたページの履歴は残らず、Web検索などで入力した文字もパソコンには記録されないでつ。


また、Webサイトから受信したデータも、タブを閉じると削除され、ユーザーの利用状況を追跡するのに使われる「Cookie(クッキー)」ファイルも保存されない
でつが、ユーザーがダウンロードしたファイルは残るでつが…

日本語入力も変換履歴などを記録しないモードになるでつ。



図 InPrivateウィンドウの画面では、Microsoft IMEも入力履歴を記録しないモードになり、アイコンに鍵マークが付く。
他社のIMEには影響しないでつ。


ウインドウ(タブ)を閉じれば、そこで何をやっていたか、全く分からなくなるでつ。

つまり、「その場限りのウインドウ」で、「いつもとは別の人」としてWebサイトにアクセスできる機能というわけ。

友人宅のパソコンを借りて、自分のIDを入力してネットショッピングをするときとか、職場でちょっと私用の情報収集をするようなときに重宝になるでつ。
ただし、あくまでパソコンに履歴を残さないという機能なので、Webブラウザーの外側で通信や利用状況が監視されるのは防げないけど…

同様の機能はほかのWebブラウザーにもあるでつ。

Internet Explorerでは「InPrivateブラウズ」、グーグルのChromeでは「シークレットモード」になるでつ。



図 Internet Explorerにも同様の機能がある。メニューの「セーフティ」内に項目があるでつ。


スマートフォンでも使えるでつ。

AndroidのChromeはメニューから、iPhone(iOS)のSafariはタブの切り替え画面で選択。



図 スマートフォンでも同様の機能が使える。AndroidのChrome(左)、iOSのSafari(右)とも、バーが暗い表示になって区別できるでつ。



どちらもアドレス欄などの色が暗くなり、モードの変化が分かりやすくなっているでつ。

ちと便利だけど、中途半端な感じだなぁ~

どうもセキリティにおいては信用できないとこあるMSでつなぁ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイプR出ますなぁ~ | トップ | ナノレベルの技で磁気テープ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パソコン」カテゴリの最新記事