ymknkiブログ

ymknkiのブログです。

脱毛が簡単な時代

2017-06-13 20:50:51 | 日記
脱毛エステがどの程度安全なのか、各エステサロンにより意識が違っているようです。
安全を最優先する所があると思えば、安全という意識がおざなりなところもありますね。

エステで脱毛してみたいなと思ったら、まず口コミサイトを隅々まで見てください。それに、実際に体験コースを試したりして、これはおかしいと思ったら、そこで打ち切りましょう。



脱毛サロンでの処理の前に自己処理が必要だと言われた場合、電動シェーバーを使うのが一番です。何故なら電気シェーバーだと肌へ負担かかかりにくいので、当日に炎症のせいで施術を受けることが出来ないということが起こらないと思います。電動シェーバーを持っていないなどで、他の方法でムダ毛の処理をするのなら、炎症が起こらないように予約の前日よりも数日前に自己処理をした方がいいと思います。

ご自宅で簡単にムダ毛の脱毛が出来るレーザー脱毛器が存在します。


ご家庭用にレーザー量を調整しているので、安心してご使用していただけます。脱毛効果は医療機関よりは控えめですが、医療機関だと予約しないといけないので自分の発毛サイクルに合わなかったりするものです。



ご自宅ですることが出来れば、自分のやりたい時に脱毛処理が出来ます。


医療脱毛と脱毛サロン、似ているようですが実は違います。 まず、医療脱毛は医師や看護師がレーザーを使って施術し、永久脱毛することができます。

脱毛サロンでは使用する機器自体が違い、医療脱毛で使う照射する光が強力な脱毛機器は残念ながら使用できません。

脱毛サロンは医療脱毛と比較すると効果では勝てませんが、その分、痛みが軽減され肌の負担も最小限に抑えられるため肌に優しい脱毛サロンの方を選択する方も少なくありません。
脱毛が終ると、スリム効果のある話題の「スリミングジェル」を塗ってもらえるのですが、これが適当に塗るような感じではなくしっかりと丁寧に塗りこんでもらえるので、とっても気持ちよくてエステサロンに来ているような感じでした。

翌日も保湿効果を感じてまたすぐにでもキレイモに行きたくなりました。

カミソリや毛抜きなどでムダ毛を自己処理しているとよく起こしてしまう埋没毛ですが、これも脱毛サロンでプロの手に任せると解消できます。

シースリー 梅田
脱毛サロンでごく普通に行われている光脱毛という手法なら埋没毛もきれいさっぱり消せるのです。脱毛クリニックで受けられるレーザー脱毛でも埋没毛はちゃんと消せるのですが、サロンの光脱毛より肌の受ける負担は相当大きくなりますし、価格も多少高くセッティングされていることが一般的です。

ちょっと前、友達と一緒にビューティーサロンへ行ってきました。
お試しモニターとして行ったんですが、流行りのメニューを聞くと、全身脱毛コースを勧められました。

サロン自体も魅力的な内装で待ち時間もゆっくり過ごせました。技術も丁寧でスタッフの愛想も良く、とても満足な内容でした。ムダ毛の自己処理はもうしない、エステに行く!と決心したのならば、エステの口コミなどを読んで、情報収集することをお勧めしたいです。

それぞれのサロンが提供するサービスは星の数ほどあり、他と全く同じサービスをするエステというのはありません。お互いの好き嫌いもありますし、簡単に決めてしまうと後悔することになるかも知れません。数々の脱毛エステ、脱毛サロン、脱毛クリニックから、まずは自分の目的に合っている場所を選び、具体的にお店を選ぶのはその後にするのがよいでしょう。軽い気持ちで脱毛エステのお店に行ったら、通いのコースに勧誘されてしまうかも、と考える人がいるかもしれません。
でも、実際のところとしては、近年、勧誘という行為が一切禁止されている脱毛エステのお店もあったりするのです。
もしお店の人に勧誘されてしまうと断るのが難しいという人はそういう「当店は勧誘を行いません」というお店を選択するのがベターです。



ただし、体験コースなどお店のサービスを受けにいく場合、「勧誘されるかも」ということを考えておくといざという時に慌てなくて済みますね。最近の脱毛サロンは総じて、新規顧客を得ようと破格の料金で体験キャンペーンを行っています。


このような体験キャンペーンを組み合わせて利用し、安価で脱毛を仕上げてしまうことを「脱毛サロンの掛け持ち」と呼びます。一見、脱毛サロンの掛け持ちは得なようですが、カウンセリングを複数の脱毛サロンで受けるのは、面倒くさいと思う人もいるでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脱毛体験レポ | トップ | 今一番人気の脱毛サロン »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。