中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

動脈硬化が引き起こす狭心症

2017-04-23 15:53:25 | 中性脂肪

動脈硬化が引き起こす狭心症

1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。

心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。

締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。

動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。

狭心症の検査としては血液検査、心電図、心エコー検査、心臓カテーテル検査等を行います。

心臓カテーテル検査は、動脈内に細いカテーテルを通し、造影剤を注入します。

どの血管がどのくらい細くなっているのか詳しく解ることができます。

症状を改善する方法としてよく知られているのがニトログリセリンです。

狭心症の発作時に効果があります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



朝バナナダイエットの実践方法

朝バナナダイエットはどのように行うと効果的でしょうか。

最近の人気のダイエット方法ということで、一度やって見たいと思った人も多いことでしょう。

コップの水とバナナだけで朝ご飯を済ませることが、朝バナナダイエットです。

バナナの数に制約はありません。

ただし、水と一緒の摂取がダイエットの鍵となります。

バナナを食べても、満腹感が得られないようなら30分ほど時間をおけば、好きなものを食べても良いそうです。

バナナには様々な酵素が含まれていますが、これが常温の水で働きを増しますので、水分補給を怠らないようにしてください。

よくコーヒーやお茶でもかまいませ・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪は、後戻りできない... | トップ | 中性脂肪イコール悪者ではあ... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事