中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

健康診断でTG値が高い場合

2017-05-05 18:50:13 | 中性脂肪

健康診断でTG値が高い場合は、内科医などへの診察を勧められると思います。

なぜ中性脂肪は対策しなければならないのか解説します。

もっとも大きな理由は、血中の中性脂肪が多いと動脈硬化が起こり、心臓や脳への取り返しのつかないリスクが生じてしまうからです。

中性脂肪が高くなると、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)が減少してしまい、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増加してしまいます。

中性脂肪や悪玉コレステロールは、血管にへばり付いて、血液の流れを阻害して動脈硬化を進行させます。

善玉コレステロールは、血液中の悪玉コレステロールを肝臓に運び出して分解させる役割をもっているので、善玉コレステロールが減ってしまうと、悪玉コレステロールがたくさん残って溜まってしまうのです。

悪玉コレステロールが溜まっていった結果、動脈硬化が起こり、その結果、心筋梗塞や狭心症脳卒中といった血管のつまりが原因の病気に罹る可能性が高くなります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



サプリメントとしみのスキンケア

しみ対策にサプリメントを活用するという人が多いようです。

化粧水や保湿ジェルなど表面からの肌のお手入れと併用して、内側からも肌ケアをしましょう。

皮膚科を訪れたとある人は、常日頃から無農薬の体にいい食材を意識して摂取していました。

規則正しい生活も送っていて内科的チェックでも問題は見つかりませんでした。

その方は、生活習慣や食習慣は問題はありませんでしたが、紫外線対策を怠っていたためしみができていたわけです。

処方としてはスキンケアをしっかり実践し、しみ対策サプリメントを摂取する事で、しみの改善が見られたそうです。

健康だけに気をとられて、しみという肌トラブル・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲状腺機能亢進症とは? | トップ | 献血についてくる血液検査サ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL