中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

動脈硬化が引き起こす狭心症

2017-08-16 19:18:28 | 中性脂肪

動脈硬化が引き起こす狭心症

1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。

心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。

締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。

動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。

狭心症の検査としては血液検査、心電図、心エコー検査、心臓カテーテル検査等を行います。

心臓カテーテル検査は、動脈内に細いカテーテルを通し、造影剤を注入します。

どの血管がどのくらい細くなっているのか詳しく解ることができます。

症状を改善する方法としてよく知られているのがニトログリセリンです。

狭心症の発作時に効果があります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



シミ治療の前に

シミ治療の際に心がけたいことは何でしょう。

紫外線を長時間浴びるとシミの元となるといいますが、シミができる理由はそれ以外もあります。

女性ホルモンの乱れやストレスの蓄積が原因となってできるシミに肝班という種類のシミがあります。

ピルの服用や妊娠で出るシミ、顔を洗う際に強くこすりすぎることでできたシミなどもあります。

このように、紫外線と関わりなくできるシミも少なくありませんが、例えば肝班は紫外線の影響によって一層目立つようにもなりえますので、十分に気をつけてください。

医療機関の治療を受けずとも、シミを解消したり、目立たなくすることは可能です。

美白作用のある洗顔剤や化粧品の・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪、別名「トリグリセ... | トップ | 健康診断でTG値が高い場合 »

中性脂肪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL