中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪の値が高い場合の病気

2017-05-16 13:17:35 | 中性脂肪

中性脂肪の値が高い場合の病気

中性脂肪値が高い場合に引き起こされる病気は、大きく2つの系統に分かれます。

①動脈硬化とそれによる病気
中性脂肪による動脈硬化中性脂肪値が高い場合は、まずは「脂質異常症」と診断されます。

脂質異常症になると、LDLコレステロールが増え、血管が硬くなっていく動脈硬化が進みます。

そして、この動脈硬化が様々な重大な病気につながっていくことになります。

動脈硬化が進むと、心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など血管が細くなることによって引き起こされる病気にかかりやすくなります。

②脂肪肝
もう一つの系統は、肝臓への中性脂肪の蓄積による脂肪肝です。


中性脂肪が脂肪肝を生じさせる理由と対策

脂肪肝は、肝臓が、いわゆるフォアグラ状態になることですが、これにより肝臓の機能の低下を招きますので、肝硬変、肝臓がんにつながる可能性が出てきます。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



脱毛クリームの選び方

脱毛クリームはアルカリ性の成分で毛を溶かして脱毛するため、使う時には注意したい点があります。

様々な種類が脱毛クリームにはあるそうです。

女性用、男性用、腕用、すね毛用などその種類は用途別だけとは限りません。

他社の脱毛ケア商品との差別化を、美肌効果や抑毛効果などのプラス効果ではかっているものも多いようです。

肌をケアするために、脱毛クリームの使用後に使うローションとセットで売られているものもあります。

自分の肌の状態を知り、いずれの場合も肌質や毛のタイプに合った脱毛クリームを選ぶようにしましょう。

実際に脱毛クリームを選ぶ時のチェックポイントは、成分表示がきちんとされ・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サプリを併用すると中性脂肪... | トップ | 中性脂肪(ちゅうせいしぼう... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL