中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

心筋梗塞は血中脂質の中性脂肪で

2017-06-13 15:26:02 | 中性脂肪

心筋梗塞

心筋梗塞の原因は、動脈硬化が進行し、血管内のプラーク脂肪などの、固まりが破れて血栓ができてしまうことです。

血中脂質の中性脂肪が150mg/dl以上、LDLコレステロールが140mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl以下で、血圧は最高血圧が140/最低血圧90以上であるかで動脈硬化のリスクが高くなります。

心筋梗塞の検査では、心電図、血液検査、心筋逸脱酵素で調べます。

心電図のST上昇や数時間後の異常なQ波の出現や、数日後の深い冠性T波の出現でその病名が付きます。


1964_69心筋梗塞の症状は、胸の痛みや呼吸困難、冷や汗、肩や背中の痛み、吐き気等が現れます。

病状を改善するには、まず動脈硬化を予防し、血圧、肥満、酒、タバコなどを控え、ストレスをためないようにします。

食事などの生活習慣を改善することが必要です。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



梅肉エキスとサプリメント

人気のサプリメントに梅肉エキスサプリがあります。

梅の実を、青いうちにつみ取って絞り汁から有効成分のエキスを作ります。

これが梅肉エキスのサプリメントになります。

梅肉エキスは、1キロの青梅からたった20グラムしかとることが出来ないため、とても貴重です。

身体にいい成分が豊富なため、サプリメントとして重宝します。

梅肉エキスは古くから解毒薬として用いられており、その殺菌能力の高さが重宝されていました。

かつては赤痢やコレラといった伝染病予防にも用いられており、食あたりの薬としても使われていました。

腹痛の時など梅干を食べると予防できると言われていたのも・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎日の生活にちょっとした運... | トップ | 中性脂肪を下げるサプリメン... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL