中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。

2017-07-12 15:32:38 | 中性脂肪

中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。

食事で摂取したエネルギーが消費しきれずに余ってしまうと、余った分は肝臓において中性脂肪に合成され、肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。

飢餓に備える働きです。

脂肪分だけでなく、炭水化物を多く摂って血糖値が高くなった場合や、アルコール摂取(飲酒)をした場合にも蓄えられやすくなります。

蓄えられた中性脂肪は、食事量が減る・有酸素運動を行うなどによってエネルギーが不足した際に、「リパーゼ」という酵素によってグリセロール(グリセリン)と遊離脂肪酸(FFA)に分解されます。

グリセロールとFFAが活動の燃料となり、体内のエネルギー代謝システムによって体に供給されます。

エネルギー消費と摂取カロリーが釣り合っていれば




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



ゆで卵で確実に痩せる方法

ダイエットに励んでいらっしゃる皆さんに朗報です!過度な食事制限や、つらい運動をしても中々痩せずにイライラしてしまって、結局ストレスの反動からリバウンド…を繰り返していませんか?

そんな時の強い味方が「ゆでたまご」なのです!「え?ゆで卵?」と思われる方も多いと思いますが、ダイエット中のイライラの原因は「食べられない、ひもじい…」という事と、少しでも食べてしまった場合の「食べてしまった、どうしよう…」の繰り返しからのイライラが多いのです。

そのイライラが多くなってくると、爆発してしまったり諦めてしまったりでリバウンドの道へと走ってしまうのです。

ダイエットで重要な事は、ダイエットを継続する心です。

・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪はどこでチェックで... | トップ | 妊娠中の適度な運動は、中性... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL