中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪が増える仕組み

2017-04-22 01:43:56 | 中性脂肪

中性脂肪が増える仕組み

生命維持に必要なエネルギーとして「炭水化物」「タンパク質」「脂質」が挙げられます。

それぞれ体のエネルギー源になるのですが、エネルギーの消費量以上に摂取すると、最終的に中性脂肪として蓄えられてしまいます。

ここでは、食べ物が中性脂肪になる流れを簡単に解説します。

炭水化物(糖質)
炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖となり、筋肉や脳のエネルギーになります。

ブドウ糖が余るとグリコーゲンとなって、肝臓などに蓄えられて中性脂肪に変化します。

タンパク質
タンパク質は、直接中性脂肪に変化するわけではなく、一旦アミノ酸に分解されます。

このアミノ酸がグルコース(糖質)となり、それが肝臓で中性脂肪となります。

脂質
脂質は、いわゆる油です。

質は、遊離脂肪酸とグリセロール(グリセリン)に分解されて吸収されます。

このグリセロールが中性脂肪となります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



血圧とサプリメント

血圧を安定させるサプリメントが販売されており人気もあるそうです。

生活習慣病として広く知られている症状に高血圧があります。

高血圧の原因とされているのが一般的には飲酒、喫煙、塩分の摂り過ぎ、加齢、高カロリーの食事、運動不足、遺伝などです。

気温が低い冬季などでは、血管が寒さのために縮まることで血圧の更なる上昇を招くと言われているので気をつけましょう。

血圧の値が常時高いという人は病院で診断を受けた上で、必要ならは定期的に通うべきでしよう。

サプリメントの用途は近年ますます幅広くなっており、美容やダイエットや育毛などのサプリメントだけでなく、健康増進のサプリメントまで様々です。・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪(TG)値が高い場合... | トップ | 中性脂肪はどれくらいで下が... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL