中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。

2017-08-19 11:29:05 | 中性脂肪

中性脂肪、別名「トリグリセリド」は人体のエネルギー源です。

食事で摂取したエネルギーが消費しきれずに余ってしまうと、余った分は肝臓において中性脂肪に合成され、肝臓や脂肪細胞に蓄えられます。

飢餓に備える働きです。

脂肪分だけでなく、炭水化物を多く摂って血糖値が高くなった場合や、アルコール摂取(飲酒)をした場合にも蓄えられやすくなります。

蓄えられた中性脂肪は、食事量が減る・有酸素運動を行うなどによってエネルギーが不足した際に、「リパーゼ」という酵素によってグリセロール(グリセリン)と遊離脂肪酸(FFA)に分解されます。

グリセロールとFFAが活動の燃料となり、体内のエネルギー代謝システムによって体に供給されます。

エネルギー消費と摂取カロリーが釣り合っていれば




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



アミノ酸ってよく聞くけど何なの?

そんな疑問のお声が聞こえてきました。

アミノ酸は私達のカラダをつくるたんぱく質の構成成分の事です。

20種類あると言われています。

その中でも9種類は食事から摂らないとカラダの内で作られないのです。

脂肪代謝をアップするためにも摂る必要があるんですよ。

おかずに、お肉やお魚を入れるといいですね。そう考えるとおうどんは肉うどんに

すると良いでしょう。

そしてビタミン・ミネラルとして、お野菜を入れるともっと良いですね。

もちろんおうどんにはおネギをたっぷりね。

更に生野菜として、お漬物を追加する事をオススメします。・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康診断でTG値が高い場合 | トップ | 中性脂肪って健康診断結果の... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事