中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪が増える仕組み

2017-09-20 16:22:20 | 中性脂肪

中性脂肪が増える仕組み

生命維持に必要なエネルギーとして「炭水化物」「タンパク質」「脂質」が挙げられます。

それぞれ体のエネルギー源になるのですが、エネルギーの消費量以上に摂取すると、最終的に中性脂肪として蓄えられてしまいます。

ここでは、食べ物が中性脂肪になる流れを簡単に解説します。

炭水化物(糖質)
炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖となり、筋肉や脳のエネルギーになります。

ブドウ糖が余るとグリコーゲンとなって、肝臓などに蓄えられて中性脂肪に変化します。

タンパク質
タンパク質は、直接中性脂肪に変化するわけではなく、一旦アミノ酸に分解されます。

このアミノ酸がグルコース(糖質)となり、それが肝臓で中性脂肪となります。

脂質
脂質は、いわゆる油です。

質は、遊離脂肪酸とグリセロール(グリセリン)に分解されて吸収されます。

このグリセロールが中性脂肪となります。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



光フェイシャルで肌が若返る

アンチエイジングの最新技術である光フェイシャルとは、1988年にアメリカで開発されたということです。

肌に有効な光エネルギーを照射する光フェイシャルとは、色々な波長が含まれる光の照射をキセノンランプの光で行います。

光エネルギーを顔全体に照射することで肌を若返らせる効果が、光フェイシャルで期待することができます。

コラーゲンの生成を促して増やす効果があるとされている光フェイシャルでは、皮膚の真皮層でコラーゲンを作り出す働きのある繊維細胞を活性化していきます。

キノセンランプという光フェイシャルに使用される波長は、効果的にメラニンやオキシヘモグロビンなどへ働きかけて、色素沈着や毛細血管の拡張の・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪の値が高い場合の病気 | トップ | 中性脂肪はどこでチェックで... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事