中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

甲状腺機能亢進症とは?

2017-05-05 15:29:12 | 中性脂肪

甲状腺機能亢進症とは?

甲状腺機能亢進症とは、女性に多いバセドウ病が代表的な病気です。

甲状腺機能亢進症は、過去の履歴や血液検査によって判断され、血中の甲状腺刺激ホルモンの量で判断されます。

甲状腺刺激ホルモンが低い場合、血中のトリヨードサイロニンとサイロキシンの量が高くなり、脳下垂体の動きが抑制されている状態で、甲状腺亢進症を発症しているといえます。

症状としては、甲状腺ホルモンの分泌が亢進するとエネルギーの消費力が高まり、食欲が増加します。

いくら食べてもやせてしまいます。

つまり中性脂肪が生成されない状態になります。

動悸や息切れ、多汗や微熱、手や指の震戦とうが認められます。

精神的症状としては不安を感じたり、集中力の低下があります。

治療法としては最初に甲状腺ホルモンの抑制を行う薬を使用し、のちに手術や、放射線アイソトープの治療を行うことが多いです。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



どうしても痩せたい食事法

どうしても痩せたい人は多いようですが、短期間に痩せたいために、慣れない断食などをして身体を壊してしまうことは避けたいものです。

精神や身体に負荷がかかりすぎないダイエットが理想的です。

コストパフォーマンスも良く、普段の生活の中でどうしても痩せたいという夢を現実にする方法があります。

食後の数時間はエネルギーの過剰分が体脂肪になって体内に残ります。

夕食をとって、すぐに眠ってしまいますとエネルギーが過剰状態になります。

夕食の量はやや少なめ、時間は早めにすることで、どうしても痩せたいという願いを可能にできます。

エクササイズや夜の運動の夕ご飯の後にもうけることで、カ・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪は、後戻りできない... | トップ | 健康診断でTG値が高い場合 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL