中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ

2017-06-28 20:20:50 | 中性脂肪

ダンベル運動という無酸素運動で基礎代謝量をアップ

基礎代謝を上げるためにおすすめの無酸素運動に、ダンベル運動があります。

ダンベル運動の目的は、筋肉量のアップです。

筋肉量がアップすれば、その筋肉を動かすために体のエネルギーを使います。

ですので、基礎代謝量がアップするわけです。

最初は無理してはいけません。

女性は0.5キログラムから1.0キログラムのダンベルを使いましょう。

男性は1.5キログラブから2.0キログラムで問題ありません。

慣れてきたら多少重さを増やすと、効果がどんどん大きくなります。

ダンベル体操での基礎代謝量のアップですが、いままで使っていなかった筋肉を鍛えることにもなりますので、かなりの数字になります。

ダンベルを使って、スクワットなどをすると脚の筋肉もつきますので、1日当たり、100キロカロリーや200キロカロリーほど代謝量がアップすることもあります。

個人差がありますが、誰でも筋肉が付きますし、ダンベル運動は40代や50代、それ以降の方にも効果が表れやすい基礎代謝量のアップ方法です。

毎日続けるための方法ですが、運動のパターンを変えましょう。

今日は腕、今日は脚、といったように、ダンベルによって鍛える部位を変えるわけです。




中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



太ももダイエットの簡単な方法

太ももダイエットの簡単な方法をいくつかご紹介します。

椅子に座った姿勢で、太ももの内側に向けてキュッと力をこめるだけでも、太ももダイエット効果はあります。

座り姿勢を崩さずに、できるだけずっと内股に力を込め続けます。

好きな時に休憩、再開ができます。

自然にできるようになったら次の段階です。

足首から足の付け根までの筋肉に力を入れることを意識しながら、両足をくっつけて膝は90度に曲げてみましょう。

1分は持続するように、力を抜かずに両方の膝で反対側の膝を押すようなイメージで筋肉に力を入れ続けることで、太ももダイエット運動をすることができます。

手軽・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪(TG)値が高い場合... | トップ | 動を一人で行うのが難しい人... »

中性脂肪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL