中性脂肪を減らす理由

ポッコリおなかを見て、中性脂肪をなんとかしたいと思うんですが、なかなか簡単にできません!

中性脂肪の基準値

2017-06-13 23:04:31 | 中性脂肪

中性脂肪の基準値ですが、血液中の中性脂肪の値が150mg/dl以上となると「脂質異常症(高中性脂肪血症)」とされ、注意が必要です。

中性脂肪の標準値は、男女、年齢によって変化しますが、およそ39~149mg/dlが正常とされています。


正常値は30~149mg/dl
異常値は29mg/dl以下または150mg/dl以上

特に中性脂肪の値が150mg/dl以上の状態は危険値で、「高トリグリセリド血症」と呼ばれています。

中性脂肪には、「〇mg/dlがちょうどいい!」といった理想値はありません。

体格や体質によってもちょうどいい数値は変わってきますので、上の正常値の範囲内に収めることを目標としてください。





中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方など

中性脂肪を減らす理由を知りたい方は

⇒ 中性脂肪にイマークS お試し1000円、66%0ff 送料無料です。



ナノサプリメントと活性酸素

活性酸素とナノサプリメントとは非常に関係が深いといえます。

大気中の酸素と比べて反応性が非常に高い活性酸素は、体内で増えすぎると健康障害の要因となることがあります。

活性酸素の反応は、様々な疾患を発生させたり、促進させる事が最近分かってきたようです。

毎日の生活でばい菌、ストレス、紫外線等から発生される活性酸素や自らの体内で作り出す活性酸素を、私達は止める事が不可能です。

そのため、活性酸素を退治するために、活性酸素を消去する酵素を体の中で発生させる仕組みが、人間の体にはあります。

けれども活性酸素を消去する酵素の発生能力は、30代を過ぎると衰えてきてしまいます。・・・つづく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中性脂肪を下げるサプリメン... | トップ | 中性脂肪の値が高い場合の病気 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL